吉方位をとれば凶方位は怖くない?

吉方位をとれば凶方位なんて大丈夫って思っている人もいるのですが、方位の影響はその扱い方で違ってきます。

凶方位に「やむにやまれず」引っ越したり旅行をするケースもあれば、「行きたいから行く」ケースもあります。

根本的にこの二つは違うものです。

ただ、どちらのケースであったとしても、基本的に方位の影響は受けるとするのが気学の考え方です。

凶方位に行けば凶方位の影響を受け、吉方位ならば吉方位の影響を受けます。

では何が違うのかというと、凶方位の時は運気が落ち目の時という意味で同じですが、落ち続けていくのか、それとも踏ん張って上がっていくかの違いがあります。

凶方位は苦労する流れを引いている

嫌なことが起きやすかったり、物事がごちゃごちゃしたり、ストレスが大きくなったり、人間関係も変わりやすいです。

凶方位は現在の自分の状況の一面を教えてくれるわけですが、凶方位の影響に対する自分自身の立ち位置によっては、影響の受け方も変わってきます。

行きたいから行くのと、行きたくないけど行かざる負えないというので大きな違いは「思考」の持ち方です。

凶方位は自分に都合の良いように物事を解釈させる力が強いです。

そうやって泥沼にはまっていくんです。

こういう状態で吉方位にいくら行ったって流れは変わりにくいです。

気学などの方位鑑定は見えないものを見えるようにした理屈

占いは理屈がありますが、それを使う人間は理屈で出来てないです。

だから理屈通りにやったってうまく行かないことが出てくるんです。

それが都合の良い解釈、凶方位に行けば吉方位で相殺(そうさい)だよねっていう思考です。

吉方位を取ることに意味がないのではなく、吉方位をとっても凶方位の流れの方が強くなるよっていう話です。

通常、人は吉と凶の両方の影響を受けています。

方位の影響は人の意識によって強くも弱くもなる

その中で物事がうまく行ったりうまく行かなかったりするのですが、うまく行っているときとは、一面として「吉の影響を引きだしているとき」でもあります。

凶の影響は受けているけれど、吉の影響をより効果的に感じ取り、引きだしているわけです。

こういうのは「行かざる負えないために行く」という場合、より効果的に引き出せるようになります。

今必要な事、今じゃ無いとダメなこと、そういうことが明確に分かっていると、マイナスの運気を持っている力で押さえ込むことが出来るためです。

もちろん、その明確さは、その人のやっている事ややろうとしている事に合っていることが大事です。

行きたいから行く場合、生き方がズレている可能性がある

直感の話をよく引き合いに出しますが、直感がいつでも良い感じになるとは限りません。

その人の状況によって同じ直感でもいろいろな状況を引き起こします。

凶方位を選んだ原因に当てがつかない状態で、凶方位に行く前や後にいくら吉方位に行っても、凶方位の影響ばかりを引き出すことになりやすいです。

その理由はそもそも「行きたいから行く」というところがズレているからです。

方位の基準自体は簡単な部分が多いです。

ところが、その扱い方となると猛烈に難易度が上がるのですが、それはケースによって異なってくるからです。

吉方位を取れば凶方位に対して怖がらなくて良いケースもあれば、吉方位を取れば良いというものではないというケースもあります。

その見極めが出来るかどうかで、凶方位が怖いかどうかも変わってきます。

結局、占いそのものよりも目の前の状況やその選択に至る過去・現在・未来をどのようにコントロールしていくかに落ち着きます。

凶方位の理解はこちらから↓

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧