吉方位旅行の影響を効果的に引き出すコツ

吉方位旅行を効果的に行うなら、吉方位旅行をするだけじゃ足りないです

だからといって、象位(しょうい:その方位の特徴)を使うというのでも無いです。
運気アップに吉方位旅行は占い師の内田さんもお勧めしている開運法の一つです。

その原理原則は突き詰めていくと「影響があるようにみえるから」という話にしかならないです。
占いは見えないものを見えるようにするために可能な限り理屈をつけたものだと、私は理解しています。

その上で「この理屈はこの人に合っているのかどうなのか」ということを鑑定で検証するわけです。
合っていれば使えますし、合っていないなら使えない(使う必要が無い)、と判断します。

当たり前のことです。
よく、凶方位の影響はどのくらいですか?影響はあるんですか?と問われます。

あるないでいうならば「あるだろう」です


人によって多い少ないはあるのですが、目安になる(影響がある)と判断されるためです。
結局どういうことかといえば「占いを生かすか殺すか」に繋がってきます。

吉方位旅行を効果的に行うというのは、吉方位の影響を効果的に受けるということです。
ここで必要になるのは「吉方位に行くこと」ではありません。

「何のために吉方位に行くのか?」です。
あ、そうそう、吉方位の影響をうまく引き出せない人がいます。

それはネガティブな人。
「どうして自分だけこうなるの?」という人は、方位に限らずですが、全般うまくいかないです。

でも、その思い込みをポジティブな方に回せば人生が変わります。

さて「なぜ吉方位に行くのか?」

これを相談者に聞きますと「結婚をしたいから」「幸せになりたいから」「良い仕事に就きたいから」という話が出てきます。
ここがポイントです。

「結婚をするために自分に合ったことをやっているのか」「幸せになるために自分に必要なことをしているのか」「良い仕事に就くために、自分に合った仕事内容を見つけているのか」、そして「今で良いのか?」
これらを振り返る必要があります。

ここをきちんと掘り下げて、その上で吉方位旅行に行ってるかどうかです。

こういうことは方位だけでは分からないです


その人の本質を掘り下げて、ずれているところを自覚・修正し、その上で運を上げ、チャンスを作っていきます。
吉方位旅行だってどの方位に行っても良いわけではありません。

吉方位というのは最低基準であって、どこに行きたいのか、いつなら行けるのか、そこには何があるのか、という「目的」の方が重要です。
よくある方位鑑定は「理屈で良い」と言われるものばかりを優先します。

たとえば、三同会(方位盤の年盤・月盤・日盤が同じ)が良いとかです。
私はそういうのはほとんど重視しません。

占いの基準は一般論です

でも、個人個人の事情は「その人独自の目安」になります。
その人に合わせた時期、方位、場所というのが本来はあります。

一番分かりやすいのは、行きたくないところに吉方位旅行だからと行っても、得るものは少ないということです。
でも、占いの理屈上、運気は上がります。

しかし、内心、「なんでこんなところに来てるんだろう」と思っている段階で、運気を自分で下げてます。
結果、不満が残るだけ。

それでは追い風を活かすことは無理です


運気を上げるためにやってるはずなのに、運気を自分で下げているなら、なんのための吉方位旅行か分かりません。
吉方位旅行の影響を効果的に受けるためにも、吉方位旅行そのものを自分用に合わせて行くことが大事です。

「行けば良い」というのは自分で方位をチェックするしか出来ない人の話です。
占い師に依頼する場合は、「自分用」を整理するために鑑定を受けます。

運気を自分の求めることに使うために上げていく、これが吉方位旅行の影響を効果的に引き出すコツです。
まずは自分を知らないと話は進みません。


初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧メール方位鑑定10000円リピーターのお客様

電話占いウィルの詳細はこちら

九星気学トップページに移動




過去のお話を月別にチェックできます

ページ上部へ戻る