10月14日~鹿児島市の出張予定です(詳細はこちら)

吉方位旅行の効果を引き出し影響を受ける

吉方位旅行は運気アップのために行きます。

運気アップを目指すのですから、出来れば最大限に吉方位の影響を受けたいと想うのが人情です。
参考:「最大吉方位であれば何でも良いと思ってませんか?」

私自身、そんな風に思っていた時がありました。

一生懸命運気を上げるために出来ることが無いだろうかと模索している姿が目に浮かびます。

でも、吉方位旅行の影響を効果的に引き出すために、あれこれする必要は無いことが分かってきました。

吉方位旅行や凶方位の対するとらえ方や対処の仕方は、シンプルにした方が良い形になりやすいです。

吉方位旅行は吉方位に旅行をするだけで良い

出来れば方位盤の月盤だけでも吉方位にしたいです。

ベストは年盤と月盤の両方が吉方位であることが好ましいです。

同会月かどうかは重要じゃ無いです。

日付もあまりこだわらなくて良いです。
参考:「日盤の効果やゆうき取り・方位取り、お水取りとかに意味はあるの?」

それともう一つ、吉方位旅行は吉方位であることが大事ですが、同じ本命星(月命星)の人であったとしても、同じ吉方位をとった方が良いかどうかは別です。

これは気学や方位学以外の占いを使い、その人に必要な運気の質を鑑定するモノです。

でも、そこまでしなくても、とにかく吉方位であればまずは良いです。

シンプルに吉方位の運気を効果的に引き出す

シンプルに吉方位の運気を引き出すポイントは

1.年盤・月盤共に吉方位か年盤は普通・月盤は吉となる方位と時期を選ぶ

2.行きたい所に行く(吉方位だからと無理をして場所を選ばない)

上記2点です。

占い師さんによってはいろいろと基準があると思いますし、作法(ルール等)もあると思います。

ぶっちゃけそんな事をしなくても行けば良いんです行けば(笑)。

そして、その旅行を楽しめるかどうかです。

興味が無い場所だったとしても、興味のある人がそこにいるならそれでも良いです。

吉方位だからという理由だけで場所を選ばないこと

この辺が少しほかの占い師さんと違うかもしれません。

とにかく吉方位に行けば良いと言ってるのに、その旅行が楽しめないとダメっていうのは矛盾します。

でも、吉方位の影響を上手に受けることが出来るかどうかは、その旅行が楽しいかどうかに掛かってます。

吉方位であっても楽しくないならそれは何か間違っています。

どこかがズレてます。

気学や方位学を扱うときには、吉方位のルールに沿っているけど、感情が伴っていないということがよくあります。

吉方位旅行は確かに運気を上げることが目的です。

運気は気持ちを入れた方が効果的に上がる

不満が多くなると吉方位なのになぜか嫌なことが続きます。

これは実際にある話で結構厄介です。

この厄介な状態は他人からみると良い感じになっているのに、本人からみると悪い方に目が行きすぎていることがあります。

「吉方位だから良いはずだ」と自分で自分の中にすり込むことで不満が蓄積される感じです。

これを避ける為にも、最低でも「行きたい旅行」が大事になります。

吉方位旅行は吉方位であればどこに行っても良い

神社に行かないといけないわけでも無く、温泉に入らないとだめなわけでもないです。

もちろん、小さな部分はいろいろとあるけれど、一番おおざっぱに言って「吉方位に行けば良い」ということになります。

一つだけ条件があって上でも触れたように「行きたくないのに行ったらダメ」です。

意外に「占い師さんが月に1回は行った方が良いからと言うから行ってます」という人が多いです。

私のところに相談されるケースでもこれは多く、「実感ありますか?無かったらやる意味ないですよ?」ってお伝えしています。

一生懸命な気持ちを踏みにじる感じになってしまいますが、お金も時間も労力も掛けて、あまり実感が無いならなんのためにやっているの?となります。

吉方位旅行に行くには「楽しめる」が大事

わくわくは運気を高めてくれ、魅力をアップさせてくれます。

吉方位旅行という目的でも行きたい所に行くのですから、吉方位云々は別にして楽しむことが出来ます。

これがいろいろなところに影響をしていきますし、これが効果的に吉方位の効果を引き出すコツです。

基本的にこれ以上細かくするかどうかは好き好きで良いです。

では次に吉方位の影響を上手に受けるコツですが、こちらはさらに簡単です。

今、あなたががんばりたいことにガチで取り組むだけです。
参考:「吉方位旅行を楽しんだ後は、本気で吉方位の影響を取りに行く」

吉運の追い風を最大にするために行動力を倍にする

運気を上げた後は、上げた運に出口を作ってあげる必要があります。

運気に目的を作る感じです。

それが望んでいる事に力を尽くすです。(どうしたら良いか分からない人が多いので占いではっきりさせることもあります)

私の場合は毎日が商売第一なので、吉方位旅行だろうが何だろうがいつでも仕事をしていますが、吉方位旅行の時には特に重視しています。

私が吉方位旅行を企画するときは、旅行にかかった費用分以上は稼げてきています。

それはたまたまなのかもしれないですが、旅行といえどもお金が掛からないわけではありません。

かかった費用分ぐらいの収入を得ることが出来れば、エンドレスで続けることが出来ます。

運気を上げたいと思う人の中には良い状態を維持しておきたいという人もいると思います。

そういう場合は「今」を大切にすることが良い状態を維持する上で役立ちます。

運気を良くするだけでは足りない?活用出来る状況が必要

「がんばらないと良い感じにならないのであれば、わざわざ吉方位旅行をする必要性はあるの?」という疑問も沸いてきます。

吉方位旅行=運気アップ=今の流れを変える(または勢いをつける)という関係がありますが、もう一つあります。

現実=持って生まれたモノ+それまでに積み上げたモノという関係です。

ないものからあるモノを作れるわけではないので、良い状態にしていくにはそれなりの過程が必要です。

その繋がりを容易にしてくれるのが、運気アップの効用です。

吉方位旅行に限りませんが、新月や満月、開運グッズ、開運期などの運勢を見る場合も同じで、すべて「何かに対する後押し」です。

占いに対する考え方も影響しますが、占いが主ではなく、相談者本人が何を望み、「何が出来るか」に掛かっています。

基本的には良い方向に向けて役立てるために運気アップをする感じです。

吉方位の影響はいつから出ますか?

この質問をしている段階で、吉方位の影響をスルーしています。

よく分からないかもしれませんが、吉方位旅行の影響は予定を立てた段階から既に受けています。

「いつから?」という質問が出てくること自体、どこか変なのです。

「でも、実際、よく分からないし」という感じになることもあると思います。

これは意識するポイントがズレている可能性が高いです。

あるいは方位の影響が実感出来ない人かもしれません。

方位の影響を意識するポイントがズレている場合は、その人の生き方・資質・運勢・望んでいる事・現状を整理して行くと思い当たるところが出てきます。

単純に気づいていなかっただけか、あるいは勘違いしていたりします。

方位の影響を実感出来ない人もいる

こういう人は吉方位に限らず凶方位もやはり実感出来ません。

残念ながら気学や方位学を適用出来ない人になります。

気学や方位学の理屈上は「吉方位や凶方位の影響を受けない人はいない」となります。
参考:「方位の影響は絶対です!・・・でもね。」

また、実際に行動をしているのですから、何らかの影響を受けていると解釈する方が自然です。

でも、気づかないモノは無いのと同じです。

凶方位でもうまく人生を過ごしている人もいる

方位の影響が人生のすべてでもありませんし、この辺は相談者次第というところが結構あります。

方位の影響を実感出来ないのに「吉の影響を受けているはずだ」と思い込むのは健全とは言えないです。
参考:「方位なんて関係ない!方位なんて気にしない!それで良い人・ダメな人」

それならまだほかの占いを活用した方が良いです。

それに方位の影響が実感出来る人は、状況の説明をすれば簡単に気づきます。

だからこそ、方位の影響を実感出来るかどうかは大事ですし、実感出来るなら「旅行を楽しみつつ、願いに向かってまっしぐら」というのが効果的な方法になります。

基本的に日盤を使った旅行などで無く、時間も手間も掛け、場所も離れたところに行く方が効果的です。

方位の影響は掛かった分の手間と距離がその影響力の大きさに比例します。

【関連するまとめリンク】
「吉方位旅行の効果・影響のまとめ」