吉日・凶日の選び方

毎日が吉日で毎日が凶日になるのが今の日本

吉日の代表は大安、凶日の代表は仏滅(実際には凶日では無い)が私の一般論ですがいかがでしょうか。
最初に大事なことをお話ししますが、吉日・凶日に良い悪いはありません。

幸運、不運が本当のところは無いのと同じです。
吉日・凶日にはそれぞれ役割があります。

たとえば、大安に結婚式をして、仏滅に葬式をする、という感じです。
そこに良い悪いは存在しません。

そこにあるのは「適材適所」です


何をするのに適していて、何をしない方が良いのか。
しない方が良いときにやってしまえば、それは都合が悪い(物事がうまく進みにくい)ということです。

幸運・不運も同じです。
何をもって幸運なのか不運なのか、受け取り手によって180度違います。

その人の立場、状況、考え方、置かれている環境によってこれらは変わります。
ただ、全体的な傾向として、決められた「ことわり」として存在するのが吉日・凶日です。

調べてみれば分かりますが、毎日、何らかの形で吉日であったり凶日であったりします

大安・仏滅だけが基準では無く、様々な基準が毎日存在します。
占いの世界にもよくあります。

「この日は、この占いでは良いけれど、こちらの占いではダメ」となることがあります。
「細かい視点」でみると本当に吉凶ががっちり重なり合います。

調べれば調べるほど不安が出てきます。
これがもっともダメな調べ方になります。

基本的によく分からない人は、大安・仏滅程度を調べるので十分だと思ってます


その理由は、教えてくれる人によって基準が違う上に、みんなが「これは重要だ」って言うからです。
これに占いを重ねたら、もう何を選んで良いのか分からなくなります。

では、これを理解した上で吉日・凶日を選ぶ場合どうしたら良いかです。
占いにご縁がある人は、まず占いで吉日を出して貰います。

占い師にもよりますが、私は日付を出すことはまずありません。
日付よりも「期間」を重視します。

単位は「月」です。

良い時期悪い時期というのは常にありますが、その中でも良い傾向のある時期、悪い傾向のある時期と大きなうねりが存在します

「日」単位で見てしまうと、良い傾向のある日の良い悪いで見てしまったり、悪い傾向のある日の良い悪いを見てしまったりします。
こうなるともうごちゃごちゃになるので、良い傾向のある期間をお伝えすることで、後は「都合に合わせて選んで良いですよ」っていうスタイルです。

こうすると現実と占いの一番良いところに話が落ち着きやすいです。
吉日・凶日を知る意味は、よりよい形をとりたいという目的があるはずです。

吉日・凶日を選ぶこと自体には意味はありません。
ついつい主従が逆になるのでやっかいなんですけどね。

日付を重視しない理由は他にもあります


「この日が良い」と言われてしまうと、「この日以外は悪い」となりやすいのです。
人は一番良いのが一番良い、と思いやすいです。

でも、占う側からすれば、絶対このタイミングしか無い!というのは、まずありません。
だからこそ、全体的な流れの中で良い時期・悪い時期を明らかにすることの方が重要になります。

ただ、その中でもやっぱり日付が気になるっていう人がいるので、そういう人のために「目安の日」をお伝えすることはあります。
これは占い上の目安の日ですので、その人専用の日付になります。

後は大安でも一粒万倍日でもなんでも自分が気になる日と照らし合わせても良いですし、自分の都合の良い日を選んでも良いのです。

せいぜい目安は2つぐらいまで

占いと、あと一つは世間的な暦ぐらいです。
あれもこれも気になったら、毎日が吉日であり凶日である、ということを思い出してください。

そうすれば、「じゃあ、自分にとって意味があるのはなんだろう」っていう意識が出てきます。
占いはそのときに力を貸してくれます。


初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧メール方位鑑定10000円リピーターのお客様

電話占いウィルの詳細はこちら

九星気学トップページに移動




過去のお話を月別にチェックできます

ページ上部へ戻る