周りがみんな幸せそうで自分が取り残されていると感じたら

見た目はどのようにでも飾れますが、「あの人はいつもすごいな」「あの人は幸せそうだな」って感じる事があるかもしれないです。

でも話を聞いてみれば、人それぞれ「幸せじゃ無い部分」があります。

旦那とうまくいってなかったり、親とうまく行っていなかったり、仕事がうまく行っていなかったり、趣味がうまく行っていなかったり。

華やかなように見えて、裏側では意外にそうでもない部分があります。

人それぞれ抱えている物があります。

問題は周りが幸せそうに見えている今の自分の状態にあります

周りに意識が向いているときは自分のことに意識が向いていない状態とも言え、地に足がつかず何をして良いか分からなくなっていることがあります。

結果として、周りに目がいきやすくなります。

こういう時の優先事項は自分が出来る事「だけ」に専念することです。

やることはたくさんあるでしょうし、やりたいことも沢山あると思います。

でも、そこに専念するのはオススメではありません。

周りに目がいくことで「今」がおろそかになっているから不安定になる感じです。

これを避けるために何かをやろうとするのではなく、今の自分が出来る事に力を注ぎます。

周りが見えすぎるときは、自分をコントロール出来ていない?

周りのことはよく見えているために、自分の満たされない部分に意識がいき不安が強くなります。

それを避けるためにも自分が出来る事だけに専念することで、自信を回復させます。

出来る事だけをやることすら、周りと比較してしまう状態の時はしんどいものです。

それに気がつくことが出来ていない一部分を見るだけでも、精神的に大きなストレスが掛かっていることが分かります。

だからこそ、周りが幸せに見えたら、今自分が出来る事だけを見るようすると良いです。

地味な対策に見えますし面倒にも見えますが、どうすれば良いか目安が定まれば、体を動かすことが出来ます。

体が動けば、物事が前に進みます。

自分を少しずつ引き出してあげると良くなっていく

今必要な事を片付けていくと、少しずつ気持ちも落ち着いてきます。

気持ちのバランスが取れるようになると、自分の中にある幸せなことにも気がつけるようになります。

みんな幸せなこともあれば不幸せなことも抱えてます。

でも、幸せ感の強い人は不幸せがよく分からない傾向にあります。

それは自分の中にある幸せなことによく気がついているからです。

自分が出来る事に専念するは「自分って出来る事は出来るんだな」と気づくため、感じるためです。

そうやって自信を回復していくと、意外と自分も良いのかもしれないなって思える事も出てきます。

まずはそこまで自分を引き上げてあげることが出来れば、人生は大分変わってきます。

【関連するまとめリンク】
「運・運気・運勢を良くする、幸運のつかみ方のまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧