10月14日~鹿児島市の出張予定です(詳細はこちら)

大凶方位の引越しや旅行の影響とは

引っ越し先や旅行先が大凶方位と分かったら不安になる人は多いです。

おまけにほとんどの占い師さんは「大凶方位は絶対に行ったらダメ」って言います。

大凶方位に引越しなんてもってのほかです。

大凶方位の旅行だって避けた方が良いです。

どうしても行かない選択肢がとれない場合は、方違え(かたたがえ)をやることを前提に話を進めることもあります。
参考:「方位の影響は絶対です!・・・でもね。」

本当にこれが良いのか?必要なのかどうかが重要

こういう状況は、占いを知らない人、占いを信じない人からすると「騙されてる」と思っても不思議じゃ無いです。

私が大凶方位を鑑定するときにはいくつか基準が有り、それに該当しないときは「気にしなくてよい」とお伝えします。

こういうことが言えるのは、方位の影響だけが全てじゃ無いですし、当然占いが人生の全てでもなく、大凶方位の影響も同じく人生の全てを決めるわけでは無いからです。

要は「目安に出来るなら役立つけど、人によってその度合いは違うんだから何でもかんでも一律にどうのこうのは非現実的」というお話です。
参考:「凶方位は絶対だめなの?どうにもならないの?」

もちろん、「気にしなくても良い」と言っても、気になってるから相談されているのですから、対処の仕方はお伝えしますが重要度は低いので安心して良いです。

方位を気にした方がよい人はどうする?

でも、この場合も大切な事があります。

「大凶方位はそこまで怖がることなのか?」です。

私が一番気にするのは大凶方位に引っ越した(引っ越す)か旅行をした(旅行をする)とか、そういうことではありません。

占いの状況と今現在の状況がどの程度リンクしているかを気にします。

占いは当たっても当たらなくても現実が快適で幸せなら、私はそれが一番良い人生だと思っています。

大凶方位が気になって私のところに相談をされても、現状が「大凶方位を選んでいるということ以外は特に問題が無い」という場合、大丈夫という鑑定結果になります。

もし、問題がいろいろとあったとしても、大凶方位的な問題は少ないと判断出来る場合も同様です。

大凶方位的な問題とは、それで病んでしまっている場合

精神的に過大な影響を受けている場合は、占い的な対処が出来る部分は対処をした方が良いです。

私はまずこの辺をトータルでみていきます。

過大に方位の影響を受けているケースは意外に少ないです。

どちらかというと、方位の影響もあるかもしれませんが、何らかの原因で人生がぶれてしまっているケースの方が多いです。

人生がぶれるというのは、調子が良いときはそういう選択は絶対しない、というような選択を積み重ねてしまう状態です。

自分に合わない選択をするから凶方位を選んでいるわけです。

自分に合わない選択を積み重ねるから、今が辛いわけです。

凶方位の影響は自分で悪くなるような選択をしやすくなる

自分で自分を穴の中に押し込んでいるのですから、辛いし大変です。

じゃあ、世間で五黄殺や暗剣殺は死に繋がる方位だっていうのは嘘なの?っていう話も出てくると思います。
参考:「気学とか方位学とか、方位の影響は嘘というのは本当?」

理論上はそうなりますが、現実はそうなったという話は耳に入っていません。
参考:「大凶方位の影響というのは困難が待ち構えている!?」

ただし、自滅の流れに乗る可能性はあるようです。

それが上に挙げた「過大に方位の影響を受けている場合」です。

悪い方に向かっていても改善のための変化を拒否する

その人がその後どうなって行っているかは分かりません。

分かってはいませんが、その後のお話を聞く機会があった人などの内容を総合すると大変みたいです。

こういうこともあるので方位の事を知っている人が方位について完全に無視するのはどうかと思いますが、人それぞれ方位の影響には違いもあります。

そこを明確にしてから判断しても良いのでは無いかと思います。

大凶方位の影響を受けているとどうなる?

大凶方位の引越し・旅行した場合、方位の影響が緩やかに出る人と急激に出る人がいます。

体調面で大きく崩れる人もいれば、やることなすこと何だかうまく行かないという人もいます。

一方で本人としては全く分からなかった、という場合があるのも確かです。

だからこそ、鑑定をする時に最初に方位の影響度合いを見極めることは大切になります。

怖がらなくても良い人まで怖がる必要はありません。

方位の影響について続けますが、実は方位の影響は吉方位が続く場合、凶方位が続く場合、急激な現状の変化はあまり無いです。

凶方位が続いている場合でも、本人的には大変なのは確かなのですが、ある意味でずっと続いている感じなので日常になっています。

少しずつ変な感じになっていくのが特徴です。

方位の影響が分かりやすいのは引っ越しや旅行のタイミング

運気の流れが変わることによって、体感しやすくなり、歯車がなんだかかみ合っていないことに気が付く場合があります。

約束してたのにだめになった、上手くいくはずだったのにダメになった、仲の良い人と大喧嘩になって音信不通、会社内でなぜかトラブルが多くなった、体調がおかしい、などなどです。

こういうことは日常でも起きます。

でも、引っ越したり旅行をしたりしたときに急に起きるからこそ「あ、こういうのが影響なのか」と気がつくこともあります。

方位の影響は体調・精神面の出てきやすい

大凶方位に移動して仕事や勉強が忙しくなった場合、それが原因で体調を壊すことがあります。

仕事が忙しくなれば体調にも影響がでるものです。

でも、その仕事がストレスマックスになりやすいとなれば、やはり「何か流れが悪いな」と考えるモノです。

また、その目安として引越しや旅行の後なら、やはり方位の影響はあるのでは?と見ます。

これらの影響が積み重なって大きな問題に繋がることがあります。

次に「方位の影響」のように見える「生き方のずれ」に触れます。

大凶方位の影響を怖がる人は「これから大凶方位に向かって行くから、大凶方位の影響を受けることになるから怖い」と思う人もいます。

大凶方位を選択する場合、予兆がある

その予定を決め始めた段階ぐらいからおかしくなっていきます。

生き方がずれていると、おかしな選択をしていることに気がつくことが出来ず、あるいは気がついても軽いことと考えてしまいそのまま進んでいくことが多いです。

生き方とは、その人が幸せになる目安みたいなものです。

幸せは人それぞれ違います。

でも、もし、その幸せに目安があれば、人生は今よりも少しは楽しく楽になります。

「こういうときはこうすれば良いのだな」と分かるかどうかって結構大きいです。

そして、多くのケースでは、このズレを意識的に修正していくことで、大凶方位の影響を受ける中でも楽になります。

繰り返しますが方位の影響は人生の全てでは無いので、大凶方位であっても、それによって全てが決まるわけじゃ無いです。

大凶方位を選ぶ流れにあるならば、その流れを変えていくことが大事で、その手段としてズレを修正していくやり方もあるよということです。

厄介なのは、修正が必要なのに修正したくないという場合、しょうがないよねってなることです。

なんとか出来る事をやろうとすると大丈夫な事も多い

方位だけが全てじゃ無いからこそ言えるお話です。

方位がダメなら他の所を引っ張ってきつつ、方位は方位で最低ラインを押さえるようにします。

人それぞれですが、やり方はどこかにあります。

でも、「無理」という人には難しいので、そこまで行ってしまったら時の流れが味方をしてくれるまで待った方が良いです。

変えられないときはじっとしている方が有効なことも多いので。

いずれにせよ、方位の影響を受けているのかどうかの判断が先です。

それによってどうしたら良いのかもはっきりします。

【関連するまとめリンク】
「大凶方位の引越しや旅行の方位の影響のまとめ」

【ここで取りあげたお話】
「方位の影響は絶対です!・・・でもね。」
「凶方位は絶対だめなの?どうにもならないの?」
「気学とか方位学とか、方位の影響は嘘というのは本当?」
「大凶方位の影響というのは困難が待ち構えている!?」