天中殺で動けない!どうしたら良い?

空亡から天中殺から運勢が下がる時期はいろいろとあります。

そういえば、最近は鑑定のご相談の中で大殺界ってあまり聞かなくなったかもしれません。

私は鑑定の中でこういう言葉を使わないのですが、相談者さんからはよく出てきます。

「今年は天中殺・空亡・大殺界で動いたらダメって言われてます」
「今年は天中殺・空亡・大殺界だから引っ越したらダメって言われてます」
「今年は天中殺・空亡・大殺界だから大人しくしていないとダメって言われます」

厄年だからっていうのもあります。

魔法の衰運キーワードとなる天中殺・空亡・大殺界・厄年なので、この言葉を聞くと「動かない・やらない」というのが正解に見えます。

占い師ですら「動かない・やらない」が正解だと判断する

方位鑑定で言えば、五黄殺はダメっていうのと似ています。

でも、ここは声を大にして言いたいのですが「やるかやらないかは状況次第だよ!」ってなります。

私自身、方位鑑定もしますし運勢鑑定もするので、衰運期や五黄殺・暗剣殺を無視して良いとは思いません。

衰運期があることに意味があり、五黄殺・暗剣殺にも意味があるからです。

いえ、それらの中に「意味を見いだしている」というのが本当のところです。

現実とのすり合わせでどうしたら良いか明確になる

私は占いをするときに「現実はどうですか?」「今の状態はどうですか?」って聞きます。

占いの結果を伝える前に、まずは現状を聞くことを優先します。

これには大きなメリットがあって、占いが現していることと現実がどの程度ずれている、あるいはどの程度一致しているかがハッキリする点です。

私は五黄殺でも行って良いよって鑑定することがあります。

そういうときは「五黄殺を取るしかない」と判断出来るときです。

何も無しで五黄殺でも良いわけではない

現実の状況、その人の運勢、生き方、資質、今やろうとしていること、今望んでいる事、それらを全部占いに当てはめます。

私の占いの強みはここにあります。

全部を込みにしたとき「どういう結果が導き出せる?」が可能な占いをしているからです。

基本はダメだけど、今回はしょうが無いねってこともあれば、止めた方が良いってなることだってあります。

でも、それは占いが基準なのではなく、占いをベースにした現実が基準になっています。

五黄殺でも良いだけの背景が必要になる

一方で、五黄殺はもちろんのこと、天中殺や大殺界、空亡や厄年でも「今やらないとダメだよ」って場合があります。

これも全部現状とその人を混ぜ合わせ、占いと照らし合わせた結果です。

「ダメだけど良い」ということが起きるのです。

そして、実際に大丈夫です。

もちろん逆もあり、止めた方が良いということだってあります。

相談者もどこかでうすうす気がついている

天中殺(大殺界・空亡・厄年)だからだめ、五黄殺・暗剣殺だからダメではありません(良いというわけでもないけど)。

占いだけで見たときはダメだけど、現実とその人自身をすり合わせていくと違う世界が見えてくることがあります。

占うということはこういうことです。

占いの結果が悪い場合、その占いは「相談者自体も考慮されているの?」というポイントは大きいです。

現実があってこそはじめて活きてくるのが占いです。

占いだけの結果なら片手落ち。

そういうもんです。

【関連するまとめリンク】
「天中殺や大殺界、厄年・空亡など運勢が悪くなる時のまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧