現在、ブログの見た目を調整中です

【2018年版】天中殺や大殺界、厄年・空亡など運勢が悪くなる時のまとめ

天中殺・大殺界・厄年・空亡、八方塞がりなど運勢が下がる時期、衰運期に関する占い的なまとめです。

運勢が悪い時は何も出来ないの?どうしたら良い?

運勢が悪い時と言われると何も出来ないような気になります。
でも、運勢が下がるときでも出来る事はたくさんあります。
出来るだけ避けた方が良いことは避けて、出来る事をやる事が第一です。
避けられない場合は先を見越して対処をしていきます。
占いで運勢が悪いと分かるなら、対処の仕方も占いで明らかにしていく、それが占いの世界です。

運勢が下がる時の行動の目安

八方塞がりは占いでも現実でも存在する言葉です。
次に打つ手が無い時に使われます。
占い的には運勢が下がった状態ですが、打つ手が無い時は手を打たないことが大事になります。
無理が必要な場面もあるかもしれませんが、手を抜く必要がある場面もあります。
無理を出来るだけ少なくし、出来る事をやりながら時を過ごす。
八方塞がりなどの運が下がっているときに、そのやり方を教えてくれるのが占いです。

運勢が悪いときに起きることの意味

運勢が悪い時は問題が起きやすいですが、それ自体は悪い事ではありません。
これまでの無理が表面化しているときです。
大事な事は表面化している無理をそのまま放置しないことです。
衰運期に起こることに対してどのように対処していくかについて書いています。