【2018年版】天中殺や大殺界、厄年・空亡など運勢が悪くなる時のまとめ



天中殺・大殺界・厄年・空亡、八方塞がりなど運勢が下がる時期、衰運期に関する占い的なまとめです。

運勢が悪い時は何も出来ないの?どうしたら良い?

運勢が悪い時と言われると何も出来ないような気になります。
でも、運勢が下がるときでも出来る事はたくさんあります。
出来るだけ避けた方が良いことは避けて、出来る事をやる事が第一です。
避けられない場合は先を見越して対処をしていきます。
占いで運勢が悪いと分かるなら、対処の仕方も占いで明らかにしていく、それが占いの世界です。

運勢が下がる時の行動の目安

八方塞がりは占いでも現実でも存在する言葉です。
次に打つ手が無い時に使われます。
占い的には運勢が下がった状態ですが、打つ手が無い時は手を打たないことが大事になります。
無理が必要な場面もあるかもしれませんが、手を抜く必要がある場面もあります。
無理を出来るだけ少なくし、出来る事をやりながら時を過ごす。
八方塞がりなどの運が下がっているときに、そのやり方を教えてくれるのが占いです。

運勢が悪いときに起きることの意味

運勢が悪い時は問題が起きやすいですが、それ自体は悪い事ではありません。
これまでの無理が表面化しているときです。
大事な事は表面化している無理をそのまま放置しないことです。
衰運期に起こることに対してどのように対処していくかについて書いています。




初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧
【6月に上越市でお会い出来ます】
6月11日(月)~14日(木)の上越市に滞在致します。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)


【新しいブログを作成しました】
新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所を確保するために、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」、このメインブログの投稿を大幅に調整しましたが、調整され削除された投稿は「九星気学で引っ越し・旅行の凶方位も対処する」に引っ越しをしました



九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 気になることや聞きたい事はツイッターでご質問をどうぞ
ページ上部へ戻る