きもんとんこう(奇門遁甲)とは

奇門遁甲(きもんとんこう)は日時で方位を占います。

前に「九星気学とは」ということでお話をしました。
九星気学とは?

今回は「奇門遁甲とは?」としています。

以前は私も奇門遁甲は使っていませんでしたが、2019年現在では必要に応じて使うようになりました。

でも、奇門遁甲は日常的に使うというよりも、「必要に合わせて有効活用」という感じになります。

気学と奇門遁甲の共通点は「方位」を扱うという点です。

分からない人がこれらを調べるのは難しいと思います。

九星気学も奇門遁甲も似ていますが、基本的には扱う方向性が違います。

奇門遁甲は運気を作り出す事がメイン

さて本題ですが、奇門遁甲も「方位」を扱います。

特に、今現在使われている奇門遁甲は方位を中心に使う鑑定が多いです。

この点は九星気学と少し違います。

九星気学も確かに方位を中心にしていますが、相談者の資質や性質も含めた運勢の鑑定も行います。

奇門遁甲は自分で運を作り出していくところが気学とは最も違う点です。

ネットで調べると、腐るほど目にするのが「諸葛孔明が使っていた」「軍のためにつかっていた」っていう言葉(笑)

でも、真偽は定かじゃないです↓

奇門遁甲の創始伝説によると黄帝が蚩尤と戦っていた時に天帝から授けられたとされる。奇門遁甲を解説した詩賦である煙波釣叟賦では周の呂尚や前漢の張良によって作盤方法の整理が行われたとされる。三国時代の蜀の諸葛亮なども用いたとされるが、これは稗史小説の域を出ない。

引用:ウィキペディアより

どうして占いの世界って箔(はく)をつけたがるんだろうな~。

中国4000年とか、3000年とか、1500年とか・・・どれやねん!(笑)

それと九星気学は日本製だけど、奇門遁甲は世界中で使われているっていう話も出ていました。

それはきっと世界に進出している中国人の方が使われているっていうことで、外国の方が使われているというのとは違うんじゃないかな、と思ったり。

こういうのは理屈大好きな人にとっては大事なことかも知れないのですが、私には「結果的に使えるのどうなの?」ってところしか関心がないので、どうでも良いです。

奇門遁甲は運を高める事に対して強い

奇門遁甲はある種のおまじないに近いという実感があります。
※自分の理解しやすいように置き換えをしています。

「こうすれば良くなる」という、ある種の願掛けに近いイメージです。

奇門遁甲はその軸として「天の動き」を基準としていることから、「行う具体的な何か」に対して効果を発揮しやすいです。

だから「軍の戦術として活用」っていう話が出ます。

この地域で戦術的に優位に立つタイミングと場所はどこなのか、という感じ。

それが時代を経て、「物事を始めること」に使われていたり、「願いを叶えること」に使われていたりします。

基本は「想い・願い」に合わせてタイミングを鑑定をするものです。

奇門遁甲で主に使う方位盤はこれ

奇門遁甲で重視される基準は方位盤の時盤が軸になります。

何日の何時に物事を開始するという感じです。

ただし、この「開始」ということについて、「開始点」は様々です。

自宅を基準とする場合もあれば、移動中のどこか、あるいは移動先を基準にする場合もあります。

日本で奇門遁甲を扱うプロで多いのは透派の奇門遁甲だそうです。

これまた諸説あって、透派奇門遁甲は奇門遁甲の世界でもどちらかというと主流ではないという方が多いのですが、日本では主流(らしい)。
※いくつかそういう話は見つけましたが、そもそもどれがまともな話か分からないので引用はしません。

同じ奇門遁甲でも流派によって微妙に違う

何が主流で何が良いかではなく、普通の人が奇門遁甲と思って鑑定を受けたとしても、そこにはいくつも系統がある、ということです。(普通の人が奇門遁甲を理解して鑑定を受けるとはあまり思えませんが・・・)

占い師によって違いがありますので、「今回の鑑定結果以外にも、違う鑑定結果もあるかもしれない」ということです。

もちろん、九星気学でも同様のお話です。

この奇門遁甲は基本的に「タイミングを見極める」占術ですので時盤を優先する、とお話しました。

ただし、奇門遁甲は鑑定の基準としていくつもの要素を取り入れています。

天干・地干・八門・九星(気学とは関係無いよ♪)・八神・九宮のそれぞれを組み合わせ、暦と照らし合わせて算出します。

それぞれに法則性があるので、その仕組みを整理出来れば問題ないですが、問題なのはその法則性が流派によって微妙に違う。

これまた占いの世界ではよくある話です。

流派が存在するのは、研究や検証の結果として「この方が効果がある」という見極めが存在するためです。

やり方が違うから「人によって合う合わないが出てくる」という方が近い表現かもしれないです。

「万人に合う」というのはもしかしたら無いのかも知れないです。

奇門遁甲はどんなときに使う?鑑定を受けて良い?

奇門遁甲はいくつもの要素を取り入れて遁甲盤(とんこうばん)を作り、時期と方位を見極めます。

特に奇門遁甲は短期決戦に対して効果が高いといえます。

「望むもの」に対して時期と方位を算出するのですから、これは当然と言えば当然です。

ところで、なんで時盤しか使わないのかというと、これまた諸説あるので面倒ですが、年盤と月盤は使うとしても年単位~何十年単位だからです。

要は現実的ではないってことです。

だからこそ言えることかも知れませんが、奇門遁甲は「何かをやろうとするときにこそ真価を発揮する」という感じです。

たとえば、受験とか、告白とか、面接とか、その時に勝負が掛かっているものです。

運気的に「短期勝負運」と言えます。

引っ越しや旅行などについても使えると言えば使えますが、気学の方が得意とするジャンルです。

ただ、気学的に対処が難しい場合、打開策として奇門遁甲を使う手はあります。

複数の人が移動するなら奇門遁甲が一応使える

私としては、大きな移動については九星気学を利用して、何かを始めたいというような場合は奇門遁甲を利用する、あるいは集団で移動する場合も奇門遁甲を扱うのが良いだろうと思います。

集団で移動するのが良い、たとえば、家族旅行や社員旅行など「個人を軸」には出来ないものは、「全体の吉」を軸とする方法があり、それが奇門遁甲です。

この時にこの場所に行けば大丈夫とか、運が上がるという感じです。

九星気学では出来ないけれど、奇門遁甲なら出来ることもあるって感じです。

ただ、「本当に大丈夫なの?」って思う人はだめだけど(笑)

奇門遁甲が良いのは「人に左右されない」ということです。

誰にとっても良い。

よりよい形を引き出すために四柱推命などで、その人に合わせて奇門遁甲を駆使すればなお良いです。

これは九星気学だって同じです。

私は九星気学に方位の要素しか持たせていませんが、その基本軸のために紫微斗数・西洋占星術・手相、四柱推命、そして風水を組み入れてます。

同じ九星でも、その人にとって必要な方位っていうのが違ってくるのは当然といえば当然なんですが、それでも奇門遁甲によって全体での吉を定められるのはありがたいです。

どうすれば良いか迷ったときは占って貰ったことと現実を比較する

奇門遁甲に限らずですが、結局、その鑑定結果に効果があったかどうかです。

何かをするのは自分自身ですが、その目安を与えて貰い、その結果どうなったかです。

結果的に状況が好転していったなら、その占い師のその占いは自分に合っていたとなります。

有名な占い師だから当たるとかではなく、自分に合っているかどうかが全てです。

奇門遁甲は願いを叶えるために使ってみるところからスタートしてみると良いと思います。

【関連するまとめリンク】
「九星気学・方位学の方位鑑定の基本まとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧