好転反応、毒だしはいつどういう形で起こる?



好転反応や毒出しは生き方が変わった時のひずみかもしれないです。
方位の影響が強くなると、世間でよく言われる「好転反応」とか「毒だし」が気になる事があります。
※私はこういう表現は使っていないです。

毒だし・好転反応は基本的に「ない」というのが私のスタンスです。

でも言葉の問題、表現の違いっていう範囲かも知れないです。

好転反応や毒だしは時の流れの変化で引き起こされる

大抵は凶方位から吉方位に行く事でおこりやすいです。

実際には、方位だけの問題ではなく、その人の生き方が変わっても簡単に起きます。

「悪い生き方から良い生き方」だけでなく、「良い生き方からさらに違う良い生き方」の場合でも起こりえます。

好転反応や毒だしは「生き方の変化に伴うストレスの解放」ということです。

凶方位から吉方位へ「意識して」移動する場合、そこには自然の流れではなく意識的な流れが作り出されています。

これまで無理をしてきた人に大きな変化が出ることがある



積み重なっているものが大きい人ほど急に環境が変化するような事が起きたり、体調を崩したりしやすいです。

イメージとしては「季節の変わり目」です。

季節の変わり目に対して、日頃から準備をしている人は負担少なく乗り切れますが、ちょっと油断するとガタガタになってしまう、そんなことが起きるのが季節の変わり目です。

運の変わり目や運勢の変わり目もこれと同じです。

今まで意識していなかったのに、意識して行動することによって流れが変わり、自分の置かれている状況を急変させてしまうことがあります。

良いか悪いかで判断しないことで運が舞い込む

何かのきっかけで行動を意識するようになり、新しい流れを引き寄せる選択をしたのですから、ある意味で必然です。

ただ、流れを意識的に変えたにしろ無意識に変わったにしろ、状況が落ち着けば今の状況も収まります。

注意する点は「良い流れを引き寄せているのに以前の状況に固執する場合」です。

流れが変わり始めているときに変わらないと辛さが増す上に、終わりがないです。

これは吉方位に限らず、その人の生き方そのものにも関係があることで「その人の生き方に合わない生き方をすると流れはずっと悪いまま」です。

「吉方位に行っているはずなのに、自分の運勢に合わせて生きているはずなのに、毎日がきつい」という場合は、何かに固執していることが多いです。

固執があると流れが悪くなりやすい

こういうのは吉方位に行けば行くほど、どんどん強くなります。

「運気を良くする」とは「自分の本来ある流れを選択する」ことです。

その選択をしないで運気ばかり良くする事は、ギャップをどんどん大きくしているわけですから、流れが悪くなります。

逆に言えば、ギャップが大きくなれば「固執していること」にも気がつきやすくなります。

それに気がつくことが出来たら、手放してみてください。

そうすれば、一気に流れが変わります。

そうすれば、一気に体が軽くなります。

【関連するリンク】
「毒だし・好転反応が気になる人まとめ」



無料占いでまずは1つ相談してみる初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧
【11月に東京以外でお会い出来る予定】
11月10日(土)~高崎市(近隣都市OK)に滞在予定です。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)

過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。
こちらのリンクから直接登録も可能です

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る