子どもの進路で迷ったら3つのポイントを押さえる

中学・高校・大学受験と子供の占い

新学期に入って受験や就職活動など次の進路を考え始める人もいると思います。

自分の進路や方向性でも迷うのに、子どもの進路や方向性を考えるとなると大変です。

人はそんなに器用じゃ無いです。

特に子どものため、子どもの良いようにと思う親なら大変です。

まだ、自分の考えを押しつける親の方が迷いが少ないです。

でも、子育てに正解なんか無いですし、常に不安との闘い、迷いとの闘いになります。

こういうときの占いは3つのポイントを押さえていきます。

1.子どもの希望
2.子どもの資質
3.親の子どもに対する接し方

順番もこの通りです。

このどれもが意外に厄介です。

子どもの希望を子どもに聞くだけでは足りない

私はお子さんの進路を鑑定するときに大事にしているのが子供の希望です。

親の目から見た子どもの希望と本人から口に出している希望の両方を整理するようにしています。

子どもに「どうしたい?」って聞くのは、個人的にどうかと思います。

語彙力も無い、想いを伝える力も無い、外国人が日本に来てうまくない日本語でたどたどしく話をするのと同じです。

伝えたいことはあっても、それをどう表現して良いか分からないということです。

子どもからも聞くけれど、親が子どもを観察する必要があります。

何を楽しんで、何を嫌がるか、興味を持っているのは何か。

今目の前の状態だけで無く、育ってきた姿を思い出します。

自分の希望をしっかり言っているお子さんでも、そうでなくても同じです。

親から目線は大事な気づきに繋がってくれます。

子どもの資質は親が分かっていない部分も多い

次に、子どもの資質についてです。

資質とは、その子がどういう方向に向かっていったら良いのか、何を大事にしたら良いのか、環境なのか自信なのかなんなのか。

将来、独立するような世界が良いのか、世界中を動き回る方が良いのか、それとも手に職を付けたら良いのか。

こういうことが分かるために、生まれ持ったものをある程度明らかにしてくれる占いを使います。

大人になれば自分の言葉で整理出来ますし、自分の事なので聞けば分かりますが、子どもについてはそうは行きません。

しかも、親から目線で分かる事は「見えている部分」です。

しかし、人は大人になっても自分では分かりにくい部分があります。

子どもの資質を親が知っておくというのは、親にとっても子どもにとっても幸せなことです。

子どもへの接し方を知るメリット

誰もが自分のやり方は正しい、あるいはある程度は正しいと想いながら行動しています。

これは親が子に対する接し方も様々な試行錯誤をしているからこそ、これはこれで必要な事、と考えやすいです。

ところが、親は親という前に一人の人間です。

自分自身にも自分の本質があるわけです。

その本質の中には自分からみた子どもとの接し方というのもあります。

子どもと一緒にずっと居た方が良いのか、それとも子どもは放任した方が良いのか、自分の事を優先した方が良いのか、子どもを優先した方が良いのか、人それぞれ違います。

親子関係で悩むときには、ここがズレていることが多いです。

一生懸命なのに上手くいかない時の注意点

ズレが分かればいきなりどうにかするとかでなく、少し楽になります。

自分がどういう風に判断していったら良いかという基準があるのは随分楽なものです。

以上の3点は私が鑑定をする時に重視しているのですが、実際に迷ったときにも役立ってくれます。

ただ、親の希望はこの中に入っていません。

もし親の希望を重視する場合は、子どもの資質によります。

親に生きる道を示して貰った方が良い場合もあるためです。

大切なのは3つのポイントを押さえることではなく、そういう目安があるということを知っておくことです。

どういう選択を取れば良いかは、情報が無ければ判断のしようがありません。

感覚で判断してうまくいくならこのブログにたどり着くことは無いと思いますので、まずは情報を手に入れることを大事にして下さい。

【関連するまとめリンク】
「子供の進路・運勢・将来を占う、運気を上げ・理解するための占いのまとめ」

タイトルとURLをコピーしました