子供の運勢は親の接し方・距離感の影響が強くなる

子供を占った結果、親が考えている子育てと子供に必要な事が違うことがあります。

親御さんはお子さんが受験に合格するかとか、どうすればもっと勉強してくれるとか、そういうことに意識が向きやすいです。

ところが、占い師にとっては受験に合格とか、もっと勉強するか以上に重視することがあります。

子供を占う時に重視するのは「子供が自分の生き方に合った選択をしているのか、そういう環境にあるのか、親がそういう教育をしているのか」というところです。

勉強・進路は人生の将来的な部分をある程度見定めた後でも遅くありません。

親御さんもこのように説明すれば「当然のこと」と理解されます。

親御さんの想いと占いの結果をすり合わせると大切なことが分かる

親御さんに共通しているのは「子供の幸せ」ということは間違いないです。

ただ、子供の幸せは「親の考え・経験・理解に基づいて」ということになります。

ここに子供の本来ある運命とズレが出てくることがあります。

親の考え・認識・理解とは、親のそれまでの経験と常識になります。

ところが、子供の運命と、それとはまた違います。

経験や常識を判断基準にすることで辛くなることがある

親の経験や常識で判断していくと子供が理解出来なくなるときがあります。

子供が理解出来ない状態にあるときは、占いが役立ってくれます。

占いは親の目とは違う視点で、子供の資質や運勢、運命などを教えてくれるからです。

「この子はこういう資質を持っているから、こういう風に育てていこう」という感じで目安が出てきます。

もちろん、目安が手に入ったからといって、子育てが楽になるわけじゃないです。

いえ、子供のために教育方針を修正することもあるので、今までよりも大変になることもあります。

子供の資質を知ったからこそ、やるべき事が明確になったからこその大変さです。

子供の運命が分かると育て方も変わる

子育ての中で子供との距離感が大事な事があります。

親にとっても子にとってもです。

これまでに鑑定してきたケースでは、お子さんに近づきすぎている(構いすぎている)親御さんが多いように見受けられます。

子供を大切にするからこそ、ということになるのだと思うのですが、これがまた微妙です。

人それぞれ距離感の取り方は様々なのですが、お子さんは幼いためにその距離感をコントロール出来ません。

子供は親のようには出来ないからこそ、親がコントロールする

子供との距離感が分かれば、放っておいた方が良いお子さんならば放っておく、コミュニケーションを取った方が良いお子さんならしっかりとやりとりをする意識を持つ事が出来ます。

適度な距離感はお子さんにも、親御さんにも過ごしやすい環境を作り出してくれます。

子供との接し方が分からなくなってきたときは、お子さんと自分の事を知るタイミングです。

分からないからいらいらと不安がつのります。

状況が分かれば出来る事を一つずつ積み重ねるだけなので今よりもずっと楽になります。

一緒に読んでみてください:
「子供の運を上げたいと思った時」
「子供の進学で吉・凶方位を気にする人はどうしたら良い?」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧