9月30日~富山市の出張予定です(詳細はこちら)

【2018年版】子供の進路・運勢・将来を占う、運気を上げ・理解するための占いのまとめ

子供の運勢・将来を占う、運気を上げ・理解するための占い的な視点のまとめになります。

子供の運を上げたいと思った時

子供の運を上げたくなったら開運行動よりも効果的なことがあります。
子供に合った生き方や選択肢、環境、そして親としての接し方を微調整していくことです。
子供が子供らしく生きる事が出来るお手伝いを親御さんがされるとお子さんの運気は上がっていきます。

子供の運を上げたいと思った時
子どもの運は吉方位より大切な事があります。 自分の子供が何かに迷っていたり、いろいろとうまく行かない感じが親の目で見たときに感じられるとき、なんとかしてあげたいと思われる方が多いです。 こういうときに、私は最初は吉方位旅行以外をお勧...

上のお話に関連しますが、親が見えている子供の姿と子供が持っている本質はズレていることがあります。
ここがズレているとお子さんは見た目以上に辛くなっていることがあります。
また、親御さんもそれをうすうす気がついていたりします。
占いは運勢・運命を見ることを得意としますが、お子さんの素質を見ることも得意とします。
どういう風に育てていくと良いかが分かってくるとそれだけで育て方が大きく変わることもあります。
親が見えている姿とどうしたら良いかが分かってくるとお子さんへの接し方も大きく変わります。

子供の運を良くする方法
子どもの運を良くする方法は接し方を変えることで変化を与えられます。 子供に限らず人は「調子が良く出来ると運も良くなる」というのがあります。 自然と嫌なことから遠ざかり、自分に必要なことを集めてくる感じです。 子供の運を良くする...

子供の進路・受験について

進学先が凶方位と分かっても心配いりません。
凶方位が全て悪いわけではないからです。
お子さんを守りたい気持ちは十分に分かります。
だからこそ親が凶方位に振り回されないことが大事です。

進学先が凶方位の時の対処法
進学先が大凶方位でも方位の事で心配しすぎないで大丈夫です。 志望校選びや受験シーズンに出てくる相談が「進学先が凶方位なのでは?」という不安です。 進学先が凶方位になるケースは子どもの九星にもよるのですが、仮に大凶方位ならその学校から...

子供にがんばれがんばれ!という事も大切かも知れないのですが、「どういう風に頑張ったらよいか」ということを親御さんなりに知っておくとよいです。
勉強的な見方ではなく、お子さんの資質などに合った選択肢の提供、将来を見据えた学校選びを見えている範囲で決めていくのではなく、見えない部分も考慮してサポートしていく感じです。
当たり前の事だけど見えている部分だけで進路を考えていくと行き詰まることがあります。
そうならないためにも、あるいは、今できることを最大限に考慮していくための情報収集として占いを活用する事も可能です。

子供の受験を占うときは「合格ラインからの逆算」になります

子どもの進路で迷ったら3つのポイントを押さえる
子どもの進路に必要な適正があります。 新学期に入って受験や就職活動など次の進路を考え始める人もいると思います。 自分の進路や方向性でも迷うのに、子どもの進路や方向性を考えるとなるともう大変です。 人はそんなに器用じゃ無いですよ...

吉方位で進学先を選ぶのは一番最後。
占いの中で進学先を選ぶときに大事なことは子供に合った学校なのか、将来に繋がっていく選択なのかを明らかにすること。
目先の吉は安心出来る部分もありますが、それだけでは足りないですし、吉であれば良いわけでも無いです。
吉でも凶でもその選択が子供に合っているかが大事な目安になります。

子供の幼稚園や小学校の進学先方位を心配する前にやることがある
進学の方位より子どもの適正や親の運の高さが大事です。 子供の進学時期になると気になってくるのが入学する学校の方位です。 ただし、気になる人と気にならない人がいます。 私は基本的に子供のうちに方位を意識「しすぎる」のは反対です。...

吉方位旅行に行ったからといって受験に合格出来るわけじゃ無いです。
吉方位旅行に行けば合格出来るという占い師がいたら詐欺だと思って良いぐらいです。
受験に合格は実力勝負です。
実力が無いことには話が進まない。
でも、実力以外の部分で出来る事は無いだろうかと探すとき、占い的に出来る事はいくつかあります。
そこまでやるかどうかはその人次第。
出来る事はやっておきたいという人の力になってくれます。

受験に勝つ合格率を上げるための占いの活用法

進学や進路を選ぶときに吉方位や凶方位を重視しない方が良いと私は言っています。
進路で必要なことはお子さんとその進路、さらにはその先の未来が合っているかどうかの方が重要だからです。
一方で方位をそこまで重視はしないけれど、今の選択肢の吉凶が分かるのも方位鑑定の便利なところです。
吉だから良い、大凶だから悪いという事では無く、「方位鑑定上はこういう風に出ているけど、じゃあどういう選択が良い?」というチェックに使えます。
鑑定結果に一喜一憂するよりも、結果をもとに次に繋げていく方が安心出来ます。

小学校・中学校・高校・大学受験の方位の吉凶はどの程度影響する?

塾選びで吉方位・凶方位が気になる人がいます。
塾選びで方位を使っても良いけれど、塾は今の底上げをするために活用する場所です。
方位の吉凶よりも現実に合っているか、お子さんに合っている選択肢なのかの方が重要です。
下手に方位を使って選ぶよりも、今取れる選択肢の中で最善を選択した方が上手くいくことが多いです。

子供を塾に通わせるのに吉方位を意識した方がうまくいく?

子供のための方位鑑定・吉方位と凶方位のとらえ方

吉方位や凶方位が気になると子供の遠征や修学旅行まで気になってしまうことがあります。
特に修学旅行などは学年全員が同じ場所に旅行することになりますので、方位的には全員同じ方位になります。
仮に大凶方位だった場合どうするかです。
私は基本的に方位を考慮しない方が良いとお伝えしています。
全体の移動に関する方位のとらえ方はありますが、極論全員が目立った形で不幸になるわけではありません。
それよりも「今」という時を充実させることの方が人生全体で考えたとき大事になります。
コントロール出来ない旅行などについては、理屈だけで物事を進めると子供に強い影響を与えるので要注意です。

九星気学で大凶方位の修学旅行は子供が不幸になる?

方位の影響の事を知っている人は子供の方位について気にする傾向にあります。
でも、子供のうちに大事な事は吉方位か凶方位かというよりも、今の選択肢が子供に合っているかの方が余程重要です。

子供の進学で吉・凶方位を気にする人はどうしたら良い?
吉・凶方位を意識しすぎると子どもの人生が変わります。 今回のお話は「子供の方位は意識した方が良いかどうか」についてです。 子供と方位のことについては、過去にもよくお話をしています。 受験時期は何か出来ないかと考えるために、占い...

子供の運勢・運気を良くしていく

子供の生き方や運勢・運命を知ることで子育てが変わります。
これまで見よう見まねでやってきたこと、見えている部分で判断してきたことが、お子さんそのものを基準にして接することが出来るようになるからです。
子供と上手く接したいという人にも占いは力になってくれます。

子供の運勢を見るときは親としての接し方・距離感が大事
子供を占うと親が考えている事と全然違うことがあります。 親御さんはお子さんが受験に合格するかとか、どうすればもっと勉強してくれるとか、そういうことに意識が向きやすいです。 ところが、占い師にとっては受験に合格とか、もっと勉強するかど...

子供の将来のための占い・子供と自分のための占い

子供に占いの結果を押しつけてしまうケースがあります。
占いは正しいのだから、その通りにしないと幸せになれないという考え方かもしれません。
聞き分けの良いお子さんほど辛くなる可能性があり、そうでなくても強い反発が出てくることがあります。
占いは人生の路線図みたいなものです。
何処に向かって行くかが分かっていれば、途中はどのルートでも全然構いません。
占いも一つしか答えがないのではなく、いくつも選択肢があります。
これが分かっていると占いの受け方も変わっていきます。

子供の進学・学校選びをするコツは将来子供が悩まない選択が良い

お子さんの相談で一番大事になるのはお子さんそのものよりも相談されているお母さんだったりします。
子供自身はそうでもないのに、親が勝手に右往左往している感じです。
こういう場合、お子さんの相談を通して親御さん中心の鑑定になっていくことが多いです。
そして、親御さん自身の問題が明らかになり、対処の方向性が見えてくるとお子さんに対する問題にも方向性が見えてくることがあります。
子供の事が気になってきたら自分の事を占う時期にあると言えます。

子供や家族が気になる時こそ「自分を気にする」タイミング
自分以外の人・事が気になるときほど自分と向き合う事が大事なタイミングです。 家族や子供の事を相談される時にいつも最初にお伝えするのは「追加料金になりますが」という追加料金の話(笑)。 お金の話で一瞬冷静になって頂くことを意図して...

引越しをする時にお子さんの運気を気にされる親御さんがいます。
いえ、そういう親御さんは多いです。
旅行ですら気にされるケースがあります。
それは悪くないと思うのですが、特に引越しの場合はお子さんよりも親御さんの方が大事です。
お子さんに家の運気を背負わせるわけには行かないですよね。
お子さんの運気を優先して、親御さんの運気を下げるということはそういうことです。
方位は吉凶だけでなく、全体のバランスが大事になるのでお子さんの運気を気にして良いときとそうじゃない時がある、ということを知っておくと良いと思います。

子供の運気よりも親の運気が重要なわけ

お子さんの運気を上げたいときは親の運気を上げることを意識してみてください。
親御さんの運気を上げるということは、家全体の運気を上げることに繋がります。
子供の運気を上げてもそれは子供の範囲でしかありませんが、親の運気は子供の運気も一緒に引き上げてくれます。
大は小を兼ねる。
子供の運が気になったときは親子で上げていくと良いです。

子供の運気・運勢よりも親の運気・運勢の方が大事