家族の中で影響力が強い人の運気・運勢・運命にその他の家族が左右されやすい

九星気学や方位学の事をちょびっと知っている人は「家長を中心に方位鑑定するんですよね?」という感じで質問されることがあります。

そもそも「家長はだれ?」という定義が必要になりますが、家長を中心に鑑定をする「場合」もあります。

占いは現実とリンクしています

現実で影響がある事は占い上でも影響があるとみます。

引越しで家長を中心に鑑定をするというのも、引越しを決めるのが家長だからです。

いくら引越しをしようとしても、家長が引越しをしないといえば実現しません。

だからこそ、家族の中で影響力の強い人の運気・運勢・運命に家族は強く影響を受けます。
参考:「子供の運気よりも親の運気が重要なわけ」

でも、これは一昔前の話です

上でもお話をしたように、そもそも誰が家長なの?という定義が必要です。

占い上良くある定義、また、私が使っている定義は「収入の中心者」が家長と言えます。

ところが、昔と今は随分と変化してきていて、単純に収入の中心者だけが家長とは言えません。

収入はそれほどでなくとも、家族の事を一手に引き受けている人も同じように家族に対して影響力が強いです。

この結果、「家長」という考え方は時代に合わなくなってきているのかもしれないです。

ただし、家長という考え方は合わなくなってきていても、家族で影響力がある人を中心に物事が動くということは変わっていません

それが一人なのか複数なのかの違いです。

大事な事は「自分のケースではどうだろうか」という視点です。

二人家族、5人家族、7人家族と人数の違いはあっても、意思決定を一人でしている家の場合はその人の運気・運勢・運命がそのまま家族に影響します。

その人の調子が良ければ家族も調子が良いですし、調子が悪ければ家族も悪くなりやすいです。

今は大抵、夫婦がそれぞれ影響力を持っていることが多いです

このため影響力も分散しているため、鑑定でもそれぞれを中心にして占う事が多いです。

こういう場合、一人の善し悪しだけで家族が強く影響を受けるわけでは無いので、比較的バランスを取りやすいです。

では一人に影響力が集中している場合どうすれば良いか?

これは各人が家長に好きにさせないことが大事です。

家長が決めたことで全てが動くのでは無く、家族の総意として必要なことを取り入れていって貰う感じです。

でも、今の今それをするのは無理

だから、この家の運命に影響を与えているのは誰かというのを理解して、日々、そこに自分も影響を与えられるようにした方が良いです。

分かりやすい例かどうか分かりませんが、学生さんが社会人になって家を出て行くことがあると思います。

この段階から今の家族の影響を、出て行く子供は受けにくくなっていきます。

それは子供自身が自分で自分に影響を与えるようになるからです。

気をつけたいのは仮に離れて暮らしていても親の影響を強烈に受けいれている場合、本人の運命よりも家族の運命の影響を受けます。

影響を受けることが悪いという意味では無いです

ただ、自分の意思でコントロール出来ない事が増えると不安とストレスも大きくなります。

それで苦しんでしまったら勿体ないなって思うのです。

しかし、人によっては自分の意思よりも周りにまかせた方が上手く行く人もいます。

この辺はその人の持っている資質に影響を受けます。

どんな選択が良いかは人によって違うのですが、一つ分かる事は不安とストレスが大きくなるならその環境は合っていないことが分かります。

合っていないなら修正をしていった方が良いと思います

今すぐ出来る事は少ないかも知れませんが、今のままで良いわけでもありません。

それは今は我慢が出来てもあとあと爆発する可能性が高いからです。

修正を開始するなら今から少しずつ。

そうすれば、次の選択の時ぐらいまでには間に合うかもです♪

一緒に読んでみてください:
「占いと現実の違いが少ないほどうまくいく理由」

【ここで取りあげたリンク】
「子供の運気よりも親の運気が重要なわけ」




初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧
【4月に大阪でお会い出来ます】
4月23日(月)~26日(木)の大阪に滞在致します。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)


【新しいブログを作成しました】
新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所を確保するために、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」


九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 気になることや聞きたい事はツイッターでご質問をどうぞ




過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る