幸せを逃す人の特徴、これを知っておけばあなたは生き残れる



幸せを逃す人は、自分が求めていたものが分からなくなったときに、求めていたものを手放す人です

幸せを逃すっていうのは嫌な言葉です。

でも、実際によく起こりえる話です。

先日、はこにわプレートの織路先生の鑑定(これ)を受けたわけですが、私は幸せを逃す傾向が強いことが分かりました。

行くところまでいってしまうと危ういのが私です。

そのため、私が大事にしているのは「これは私の求めている事から逸れていないだろうか」という判断基準です。

たとえば結婚を望んでいたときに、結婚以外のことでごちゃごちゃしてしまって、気がついたら振り回されているってことがあります。

私の場合なら「私はこの人と結婚をしたかったのか、それともそれ以外のことが大切なのか」そんなことを振り返ったことが昔あります。

仕事も同じです。

「私は何がやりたかったのか、仕事をやりたかったのか、それともやりたい仕事をやりたかったのか」そんなことを振り返ったこともあります。

当時は「仕事をやりたかった」というのが目的でした

仕事であれば何でも良かったのですが、気がついたら「ロシア語を学ぶ人間として」ほぼ最高の状態といえる公務員としての通訳になることが出来ました。

私は結果として「最終的に自分は何を望むのか」「他人ではなく自分にとって必要な選択の軸はなんなのか」だけを見極める事に専念しました。

お陰様で織路先生の話みたいな状況にはならずに済んでますというか、なってるのかも知れませんが切り抜けています。

もう目の前に幸せがあるのに、それをただつかむ決断をすれば良いのに、つかむためにいろいろな条件を付ける人は幸せを逃します。

「幸せ」は両手で一つしかつかめないです。

何かと何かと何かがそろえばやっとつかめる、と思う人は幸せをつかむ事はないです。

そして、失ったときに気がつきます

占い師はそういうケースをものすごくよく見ます。

一言「もうどうでも良いから私と一緒にいて」、一言「やらせて貰えるならなんでも良いです」、それを決めて、一言を伝えるだけなんです。

それなのに幸せをつかむためにごちゃごちゃ言い始めたら、自分から幸せを遠ざけていて、しかも遠ざけていることに気がつけないという悪循環になります。

「物事がスムーズに進んでいないこと」が幸せから遠のいていることを気づくためのシグナルなのに、周りの協力が無いから出来ないという話に変わっていきます。

幸せを逃すのは簡単なんです。

幸せを逃したいなら、あれこれと理由をつけて、条件が揃い、環境が整うのを待てば良いだけです。

幸せをつかみたいなら、全てを捨ててつかむだけです

丁度良くなんとかって言ってるから運を逃すんです。

それに気がついた人だけ幸せな人生に変化していけます。

気がつくなら早いほうが良いです。

まだ、今なら間に合うかも知れないから。

【関連するまとめリンク】
「運・運気・運勢を良くする、幸運のつかみ方のまとめ」




初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧
【6月に上越市でお会い出来ます】
6月11日(月)~14日(木)の上越市に滞在致します。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)


【新しいブログを作成しました】
新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所を確保するために、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」、このメインブログの投稿を大幅に調整しましたが、調整され削除された投稿は「九星気学で引っ越し・旅行の凶方位も対処する」に引っ越しをしました



九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 気になることや聞きたい事はツイッターでご質問をどうぞ

過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る