引越しで凶方位に引っ越すとどうなる?吉方位に引っ越すとどうなる?

引っ越しや旅行で方位の影響があるの?と疑問や不安を持つ人がいます。

気になって調べてみると怖いことを書いてあるケースが多く、余計に不安になります。

怖い一面があるのは確かですが、実際にどうなのか?が分からないことには話が進まないです。

そこで今回は「実際のところどうなのか?」というお話です。

引っ越しの方位や旅行の方位でチェックする項目は、まず年盤と月盤です。

よく分からない人もいると思いますが、とりあえず「年盤:ねんばん」と「月盤:げつばん」という鑑定基準があると思ってください。(方位鑑定の基準は「引っ越しの方位鑑定を受けるポイント」が参考になると思います)

この年盤は後々大きな影響を、月盤はすぐに大きな影響を及ぼすという考え方がよくある受け止め方です。

年盤が後、月盤が先という感じ

今回は分かりやすく、年盤が吉、月盤が吉というのと、年盤が凶、月盤が凶という2種類だけでお話をします。

年盤・月盤ともに吉方位に引っ越しをすると、何事も順調に物事が進みやすくなることを意味します。

ただし、人によっては順調だったのに急激に落ち込む場合があります。

気学・方位学的には、それは今やっていることに向かってその人は進むべきではない、という判断をします。

ケースとしては無理を重ねて体や精神に大きな負担が掛かっているような場合、年盤・月盤吉で引っ越しをすると「がくん!」と落ちます。

落ちることによって、これから先に起こるであろう大きな災難を避けさせようとしている状態です。

吉方位に引っ越した場合に吉の影響を受ける人はどれくらいいるかです。

方位の影響は程度の違いはあるけど受けているケースが多い

吉方位の影響がどのぐらいかというデータはありません。

鑑定の経験上になりますが、方位の影響を受けやすい人の程度の差はあるとはいえ、第三者から見ると多かれ少なかれ影響を受けているケースが多いです。

また、方位の影響を受けやすいかどうかは、過去の引っ越しや旅行を鑑定することで分かります。

無意識に吉方位に引っ越したほうが運気の上がり幅は大きいです。

良いながれに自然に乗っているほうが勢いがあるって感じです。

意識して吉方位に引っ越した場合は、意識的に方位を活用することで、同じぐらい良い感じになれます。(ある意味ではしっかりと活用することで、無意識の人以上に良い感じを引き寄せることができます)

凶方位は選択の仕方がよくないことの表れ

一方で年盤・月盤凶の場合はどうなのかです。

分かりやすい事例は「喧嘩が増える」というものです。

これは凶方位に行くと多いです。

いらいらしやすい傾向があり、急に感情的になったり、気持ちが高ぶって自虐的になったりします。

喧嘩が増えるということ、イライラが増すということは、常にトラブルの種を撒き散らしていることに繋がります。

トラブルの種はすぐには芽を出しません。

状況によっては芽を出さないで済むことも多いです。

しかし、凶方位の場合、芽を出しやすい環境を自分で作るため、「後になって」余計に面倒な状況を引き起こします。

これが厄介です。

五黄殺に行くと死ぬ、暗剣殺にいくと事故って死ぬとも言われますが、この原因は、そこに至るまでにさんざんトラブルの種を撒き散らした結果、その凶へ行くというタイミングでどつぼにはまる可能性を暗示するためです。

凶方位に引っ越す時は流れを変えた方が安心出来る

五黄殺に行くから死ぬとかどうとかではなく、そこに至るまでにトラブルを積み重ねてしまっていることがリスクです。

喧嘩ばかりしていればトラブルの種になります。

嫌な人になりたくないのに、嫌な人になってしまえば、本人が望まないけれど環境の悪化を引き起こします。

方位の影響とは見えない何かを扱うというよりは、「人生の流れ」を外側から分析している感じです。

凶方位に引っ越しをすることは、悪い流れに飛び込もうとしているのを「教えてくれている」ということです。

吉方位か凶方位か、それを知るだけでも、今、不安な事があるなら役立ってくれるかも知れません。

凶方位の影響が気になるなら、この話がよく読まれています↓

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧