引っ越しで方位方角と家相のどちらを優先する?

もしあなたが引っ越しをしようとしていて、方位と家相に迷った場合はどうしたら良いでしょうか。

実際には方位と家相を検討課題にいれると数段難易度が上がってしまい、決められなくなってしまう可能性が大きいです。

何も考えないで引越しをしようとする場合でも大変なのに、方位と家相を入れたら相当大変です。
方位と家相で優先順位を付けなら家相を優先します。
家相を優先する理由は、その家に住み続けるからです。

家の影響は少しずつ少しずつ家人に影響を与えていきます。

1年2年と年月が過ぎていくごとに影響が顕著になります。

完璧な家相は存在しませんが、やめた方が良い家相を選択するのも避けたいです。

とんでもない大凶方位に引っ越すとなると大変ですが、それでも引越しは移動ですので方位の影響をコントロールしやすいです。

人生は気学や方位学、家相や風水以外も大事

占いが人生において重要なわけで無いのであれば、今回のケースでは方位を優先し、次回は家相を優先するという応用も必要になってきます。

引越しのご相談の場合、これから引っ越し先を探す場合と既に引っ越し先が決まっている場合では鑑定のやり方が違ってきます。

ご相談の総数から考えると、家相を優先するケースはほとんどありません。

これは私の鑑定方針の影響を受けています。

家相の良い家を探すのは大変

私が家を探すとき、方位よりも家相を中心に探しますが見つからないです。

家相の良い家は住人にとっても快適な環境ということになりますので、物件が空かないのです。

良い家相の物件に巡り会えるかどうかは、ほぼタイミングでしかなく難しいです。

このため通常の鑑定の場合は、(家相の良い家ではなく)住みたい家の家相をコントロールする方に力を入れます。

方位鑑定を優先するメリット

引っ越し先の家を選ぶ段階で家相の相談をされることがあります。

この場合はどの程度の段階まで物件が絞られているかによって変わります。

まだ候補の段階なら大まかに見極めていきます。

どちらにした方が良いか?という感じで迷うなら、より良い方を選ぶ事が出来るように家相を鑑定していきます。

家相鑑定は住みたい家が見つかってからでも良い

そうじゃないと家を見つける事が出来なくなります。

それぐらい家相を鑑定する場合、そのタイミングを間違えると引越し自体が出来なくなるほど大変になることもあります。

このため家相は大事だけど、家相を意識しつつも基本的には方位の吉凶を重視していく事になります。

これはやめた方が良いという物件だったとしても、それに対処をしていく方法を考えるのが私の仕事です。

結果的に物件探しを優先する

まずは気に入った物件をいくつか探します。

出来れば方位を意識できるとなお良いです。

凶方位にしか良い物件が無い場合はそれはそれでも良いです。

その中で一番家相の良い物件を見つけます。

後は凶方位の中でも良いタイミングで引っ越していきます。

凶方位だから絶対に引っ越したらダメではない

引っ越さなくて済むならその方が良いですが、引っ越さないとダメな時は落としどころを見つけます。

占いが人生の全てを決定しているわけでは無いからこそ、こういうことが出来ます。

良いわけでもないけれど、悪すぎるわけでもない、そういう落としどころが見つかると占い上はそうでもなくても、現実の生活は結構良い感じになっていることも多いです。

【関連するまとめリンク】
「家相風水の良い悪い、引越しの吉凶方位や時期、何をどこまで占って貰えば良い?家相・風水のまとめ」