現在、ブログの見た目を調整中です

引越しの方位鑑定を受けたとき、外泊はどの程度までOKなの?

方位学の引越し方位鑑定のポイント

方位鑑定は目的によって基準が変わる

九星気学や方位学で実際に方位の鑑定をするときに良く出てくるのが、引っ越した後の外泊の有無です。

占い師によってこの基準も様々ですが、このときに求められることがあります。

それは方違えをしようとしているのか、それとも引っ越しが完了するのか、です。

私は基本的に、引っ越しをしてしまう(方違えなどで別の場所に住んだりしない)場合は、外泊について気にしなくて良いとお伝えしています。

意識の持ち方で現実が変わる

実際に、「ここに引っ越しをする」という意識で引っ越しているのと、「ここには引っ越しをするけれど一時的なもの」という意識での引っ越しでは、方位の影響の仕方も違います。

決まり事を細かく突き詰めていけば行くほど、身動きが取れなくなることがあるのが方位鑑定です。

このため、お客様がどういう状況にあるのか、その引っ越しは完了するのか一時的なものなのか、そういったことを鑑定の中に考慮していきます。

この意識の持ち方というのはいろいろな方面に影響を与えます。

人によっては「ここに引っ越しをする」っていう気持ちで引っ越したとしても、何らかの理由で別の場所に引っ越しをすることがあります。

このとき、大極の理屈が通らないことがあります。

細かくは秘密ですが(笑)、どこに意識を持っているかで全く違う流れを引き寄せます。

外泊をしても良い時は意外に多い

だからこそ、何でもかんでも引っ越したら外泊はだめっていうことはありません。

しかし、占い師側がこれを強く言う場合、お客様の状況に合わせている場合があります。

外泊は状況に応じて良いですよって話になると、ぐだぐだになってしまう人もいます。

もちろん、全てのケースではないのですが、お客様の状況に合わせて鑑定をしないといけないこともあるということです。

また、どういう引っ越しの仕方をしようとしているかにもよります。

占い師が引っ越しをする場合どうするかっていうと、「出来るだけシンプル」にしようとします。

余計な手間を掛けない、面倒な手を使わないで良いようにと、注意して事を運びます。

手間を掛ければ掛けるほど、あやふやになりやすく、結果的に望んだ状況を引き寄せきれないからです。

必要に応じていろいろな手法を使うことも出来ますが、その手法を使わないようにするのも運を下げない、運を良くする方法の一つです。

【関連するまとめリンク】
「九星気学・方位学の方位鑑定の基本まとめ」