方違え(かたたがえ)とは



方違え(かたたがえ)は方位の影響を変える方法で、凶方位を避けるために利用します。

方違えとは「このまま引っ越したり旅行をしたり、あるいはその場所に向かったりすると凶方位の影響を受けてしまうので、それを避ける術」です。

凶方位の引越しを、この方違えで変えていく意味と効果ですが、基本的にあまりお勧めしていません。

方違えの引越しのやり方は単純に言えば「凶方位を避けて2回引越しをすること」だと思ってください

その労力と金銭的な負担が大きいため、他の手法で代替するようにしています。

ただし、この2回引越しをするやり方ではない方法を勧める占い師さんもいます。

引っ越し先が凶方位にならない方位に数日滞在し、その後で引っ越し先に向かえば良いというやり方です。

確かにお手軽な方法ですが、私はこれを引っ越しの方違えとはとらえず、せいぜい旅行の方違え程度です。

方違えで大事なことは理屈と現実が近いことです

占いの手法は様々あるのですが、理屈から大きくかけ離れるケースはまれです。

この場合の理屈とは、引っ越しの方位の影響は「目的地(住む場所)」の影響を受けるものということです。

数日程度どこかに滞在するのを住むとは言いません。

次に、現実とは方位の影響が実感出来る人の中にあります。

理屈から出てくる方位の状況と現実に実感する方位の影響を比較したとき、自然と何が重要か答えが出てきます。

これらのことから、引っ越しの時に途中でどこに寄ろうが引っ越し先の方位の影響を中心に受ける事になります。

最初に「方違えとは2回引っ越しをすること」とお伝えしたのも、ここに意味があります。

引っ越しの方違えとは引っ越し先が最終的な目的地になります

どこかに立ち寄ったとしても、根本は元住所から新居の方位の影響が中心となります。

立ち寄った先から引っ越し先の影響は少しはあったとしてもです。

どの根拠が合っているかは、どの占い師の過去・現在の方位鑑定が現実に近いかで分かります。

手間は掛かりますが、盲目的に信じ込むよりは効果的です。

方違えの手法は旅行と引っ越しで違いますが、その基本は行動量に比例するものです。

引っ越しと旅行の方違えでは、旅行の方がお手軽ですが、それは旅行は行って帰ってくるからです。

引っ越しは行きっぱなしになるので方違えも本来は非常に大変ということになります。

リピーターのお客様は滅多に方違えの相談をされることはありません。

それだけの労力を掛けるなら、他に出来る事があるからです。

また、実際に方違えをやろうとする場合、出来るかどうか自体が運次第という一面があります。

いつでもやろうと思って出来るものではなく、その面でも難易度が高いです。



方違えが出来るかどうかに運の善し悪しが現れています

方違えの基本は凶方位を避け、普通以上の方位で引っ越しの予定を組み合わせていくことです。

自宅から仮住まいの方位と時期、仮住まい先から新居の方位と時期を占い、ベストは両方の引っ越しの方位と時期が吉方位になることです。

この理想を到達点としながら、ご相談のケースを占いに当てはめていき、何が可能で何が出来ないのかを明らかにします。

でも、ほとんどのケースですんなり方違えが出来ないです。

すんなりと行く人は方違えの方位や時期、物件が負担少なく決まりますので、少しの労力で運気の流れを変えられることが分かります。

でも、普通は方違えのための方位自体がうまく用意出来ないことが多いです。

方違えはどこに引っ越しても良いわけでは無いので難しいです

方違えの仮住まいの方位は出来れば凶方位を避けた方が良いです。

ただ、人によっては難しいので、仮住まいは凶方位で、仮住まいから新居は普通方位か吉方位でというのが多いです。

仮住まいに凶方位に行くなら、何のために方違えをするのかよく分からないです。

方違えをする理由は凶方位の影響を受けたくないためです。

でも、仮住まいも、仮住まいから新居も凶方位を避けられるケースは少なく、ほとんどの場合、どこかで凶方位の影響を受けることになります。

それでも方違えをする人もいるのですが、私自身は方違えをして労力も金銭的な負担も抱えて、それで凶方位を一部でも抱えるなら違う方法を提案するようにしています。

その方法は直接新居に出来るだけ良いタイミングで引っ越しをし、凶方位の影響が強く出てくるようなら吉方位旅行や方位除けで対処する手法です。

方位の影響を受けている実感がある方なら、このやり方は効果的です。

下手に余計な事をやるよりもシンプルな方が、凶方位に引っ越しをしていても実際上快適になることも多いです。

しかも、無理に無理を重ねて方違えをするとストレスが大きくなりやすく、やはりお勧めするのは難しいです。

方違えは運命を変えようとする行為になります

ただ、方違えが成立すると、起こした行動分の流れが変わっていきます。

本来は凶方位になる流れにあるのに、その流れを変えようとしているためです。

凶方位になる流れとは、運気が下がるような選択肢(人生をしんどくさせるような選択肢)をとる流れになります。

それを意識的に調整していくというのは、自分で運命を変えようとしているのと同じです。

だからこそ、方違えは容易でない分だけ、方位から受ける影響の度合いを見極めやすいとも言え、それ相応に流れを変えていける方法ではあります。

でも、上でもお話をしているように方違えよりも、吉方位旅行や方位除けなどで運気を調整していく方をお勧めすることが多いです。

吉方位旅行は、凶方位に引っ越しをすることに連動した運気の変化を実感し始めてからでも行く事が可能です。

方違えは方位の影響ありきで無理をしていくことが多いため、運気の調整に時間は掛かりますが負担の少ない吉方位旅行の方がメリットが多いというのもあります。

方違えはやりたくてやっているならば別です。

でも、そうじゃないならば「楽しい方法」を選択するやり方で人生を整えていく方を私はお勧めしています。

【関連するまとめリンク】
「九星気学・方位学の方位鑑定の基本まとめ」



無料占いでまずは1つ相談してみる初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧
【11月に東京以外でお会い出来る予定】
11月10日(土)~高崎市(近隣都市OK)に滞在予定です。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)

過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。
こちらのリンクから直接登録も可能です

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る