当たりそうな占い?外れそうな占い?占いの見極め方

悪い事なら当たって欲しくないですし、良い事なら当たって欲しいのが普通の人の感覚だと思います。

一方私の場合は当たるかどうかよりも、悪い事ならどうすれば回避していけるかを考え、良い事ならどうすれば更に確率を上げられるかを考えます。

これは占いに対する理解度の違いから来る考え方の違いです。

普通の人は占いに対して受け身になりやすいです。

「占い師に言われたから」という感じになりやすいことからも受け身なことが分かります。

占い師は占いに対して「本当なのか?」という視点で仮説と検証を繰り返し、占いの精度を上げていきます。

どんな占いの結果が出たとしても「本当かどうか」が最初の判断基準になります。

外れれば「なぜ外れたのか?」を考えるのも仮説と検証です。

これは占い自体が当たることが前提という仮説を私が持っているからです。

その中で「当たりそうな占いとは何か」ですが、これは過去を占えば見えてきます。

過去を占って当たっている部分が多いほど、未来も当たりやすくなりますし、外れている部分が多ければ未来も外れやすくなります。

実は当たっても外れてもどっちでも良いというのは暴言ですが、目安が手に入ればどっちでも良いのです。

当たれば未来が予測出来ますし、外れればその未来は来ないことが予測出来ます。

どっちか分からないというのが一番使えない占いです。

占いを受ける時に未来の事ばかり相談してしまうと、当たりそうな占いなのか外れそうな占いなのか分かりにくくなります。

かといってわざわざ過去の事を占って貰ってもお金が掛かるばかりかも知れません。

こういう場合は、過去の出来事を確認すると良いです。

何か大きな事を決めたり止めたりした時が、自分にとってどういう意味を持ったかです。

大きな選択をする時は、人生の節目に当たっていることが多いので、節目になっているかどうかを確認します。

占いで出てくる節目に当たっていれば、その占いのタイミングの精度は良いことになります。

後はその選択が自分にとって良いかどうかですが、その選択を何故したのかを占いとすり合わせると結果が見えてきます。

自分に合った選択をしていれば、その後の未来も好調になりやすいです。

逆ならば不調になりやすいです。

過去を振り返っても何も変わりませんが、ここがうまく一致すれば未来も当たることを意味します。

占って貰う側が意識して占いを受けるだけで随分と受け止め方も変わってきます。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧