【2018年版】当たる占い・占い師の探し方・占いを当てるようにするために必要なことのまとめ

当たる占い・占い師の探し方・占いを当てるようにするために必要なことのまとめ

この占いは受けても大丈夫?

占い師としてはあまりオススメな感じではないです。

試験の結果・合否の占いをしても大丈夫?

占い好きな人は多いですが、占いは気軽に受けない方が良い時があります。
占いを受ける時は冷静に受け止められるかが大事で、冷静さを失わせる占いはそもそもおかしいです。
しかも、占い師の言葉が強烈だとそのまま人生に影響を与える事も多いです。
占いは必要な時以外は避けた方が良い、それが一つの目安になります。

安易な占いは怖い、特に当たる当たらないが気になる時は怖い

当たる可能性を高めてくれる占いの結果

占いはあなた自身を占う事からいろいろと受けると似たような答えが出てきます。
そして、似たような答えの中に大事なヒントが浮き出てくるのも占いです。
占いは開運のためのシグナルを教えてくれます。
何度も受けて、いつも言われる答えの中にチャンスがあります。

占いでも何でも、同じ事を言われたらそれは当たりやすい

占い師とも相性がありますし、占いとも相性があります。
なんだかしっくりこない時は占い師か占いに合っていない可能性があります。
良い占いは次のステージに行きたくなるような感じで包んでくれます。
あなたに合った占い(占い師)に出会うことが出来れば、人生が楽しくなっていきます。

占いの結果で迷うとき

何かを占って貰いたいけど何を占って貰ったら良いか分からない時はこれ

年に1回か2年に1回ぐらいが占いを受けるタイミングです。
相談内容によってはもう少し頻繁な場合もあります。
占いにはそれぞれ得意分野があります。
占い師にも得意分野があります。
考え方にもよりますが、一つの事に対して多面的に見て貰えると選択肢がたくさん出てくることがあります。
この占いでダメなことでも、違う占いなら可能性があるなどです。
困ったときには多面的に占ってくれる占い師さんに相談すると道が開けます。

占いに行くタイミングと頻度はこれが大事

占いを受けた方が良い時は占いの金額よりも自分の悩みに意識が向いているときです。
そして、占いそのものよりも自分の悩みに意識が向いているときです。
逆に占いに関わらない方が良い時は、占いが気になりすぎているときです。

占いの頻度はどれくらいが良いの?目安があります

あなたに合った占い師の見つけ方

占いの種類はたくさんあります。
同じ占いに見えても占い師によって違う事もあります。
占いの中身を知ることが出来れば、あなたに合った占い師さんを見つけやすくなります。

あなたに合った占い師の見つけ方

占い師が本当は言いたくないことを言う時と言わない時の違い

占いのはしご、セカンドオピニオンで大切な事

占いに左右される人・左右されない人、どちらが幸せ?

吉方位、凶方位、大殺界、天中殺、開運期、占いで何を大事にすれば幸せになれる?

この占い師とは相性が合わない・・・そう思ったとき。

占いで反対の結果が出たときどうしたら良い?

あなたの状況を振り返らせてくれるのが占い師

今の不調はあなた自身の中に原因があることも多いです。
運や運勢の善し悪しよりも、自分自身を見つめ直すことで調子を取り戻せることも多いです。
開運は自分の中にヒントがある♪

こだわりが自分を苦しめるときは、こだわりを再確認する時期

この占い師さんに占って貰いました

加藤眞由儒氏(かとうまさよし)の鑑定を受けました

西谷泰人氏の手相鑑定を受けてみました

これは当たる!横浜の霊視鑑定を体験しました

はこにわプレート織路由麻(おりじゆま)先生の鑑定の評判というか感想です

無料占いのおすすめと占いを受けるメリット

ページ上部へ戻る