8月19日~京都、9月3日~新潟、9月9日~札幌、9月11日~釧路、9月16日~金沢の出張予定です(詳細はこちら)

当たる占いは現実の理解にヒントがある

今日の気づき

占いが当たるかどうかは自分に合った占いスタイルかどうかが鍵

占いの結果や伝え方は占い師が何を重視しているかで違ってきます。

占いの結果を伝えることを大切にしている占い師は、占いに出てきている言葉を伝えます。

現実をどうしたら良いかを大切にしている占い師は、相談者の現実に合わせて占いの言葉を調整します。

どっちが良いかは人それぞれですが、占いを当てていくためには現実の理解が重要だとしているのが私の鑑定スタイルです。

次にどうしたら良いかが分かる占いは当たりを実感しやすい

このままで良いならどういう感じでこのままで良いのか、何かをやったら良いというなら、具体的にどうしたら良いのかが分からないと困ります。

人は理屈が分からないと行動が出来ない、判断が出来ないと私は思っています。

思い込むことは出来ても、不安と隣り合わせになってしまうと辛いです。

このため私の占いは常に現実を元に必要な答えを伝えるようにしています。

その人そのものに合わせた鑑定結果になるため、何をどうしたら良いかが明確で分かりやすくなるメリットがあります。

その結果、占いも当たりやすくなります。

目標に向かって具体的にやることをやっていくのですから、結果が出やすくなるのは理屈にあっています。

現状を占い師と共有することで具体的になる

でも、まずは今ある現状を整理するところから始めると、何がどのように影響をしているのかが分かりやすくなります。

影響している部分をどのように調整していけば良いかを教えてくれるのが占いです。

迷っている事があってどうすれば良いかという相談に対して、こうすれば良いという答えが出るのもこれが理由です。

最近は占いの前に話を聞く占い師さんが目に付くようになりました。

占いの結果を伝えることよりも、相談者の現状に占いの結果を合わせて行くことを重視する占い師さんなのだと思います。

知りたいのは占いの結果?それとも自分への答え?

占いの結果をそのまま伝えて欲しい相談者の場合は、出てきた結果から必要な答えを引き出す力を持っています。

私のところに相談される方は、占いよりも目の前の状況をどうすれば良いだろうかという人です。

そういう人に「占いの結果はこうなっています」と伝える価値はありません。

これは相談する人が占い師を選ぶときに判断をする基準になります。

良い占いは自分が望む事を伝えてくれる占い師さんに出会えるかどうかです。

占いの結果を知りたいのか、自分に合った答えが知りたいのか、占い師さんを探すときに大事な基準になります。