忙しい人・寂しい人の年末の過ごし方で年始が変わる

忘年会、クリスマス、年末イベント目白押しで大変な人も多そうです。

また、人によってはこの時期に寂しさを強く感じる人もいると思います。

このタイミングで思い切って外に出ていきましょうと言われても難しいです。

ここでパターンが分かれます。

予定が立て込んでいる人は、とにかく予定をこなしていきます。

忙しい人は予定をこなす方向で流れに乗った方が良い時期です。

面倒くさいな~と尻込みしないこと。

どうせ参加しないとダメ、やらないとだめなら、意識的にテンションをあげるのが吉です。

もともと年末は変動の時期なので、じっとしているよりも動く方が時の流れに乗りやすいです。

この流れは2月まで続くので、忙しい人は覚悟のタイミングとも言えます。

孤独感が強くなっている人は寂しさが強くなる時期

寂しさが強くなりやすい人は、変動の時にどうしても周りから取り残されたような感じになりやすいです。

寂しさが強くなる人は自分に快適な環境作りを始めます。

手始めに部屋の掃除は年末も近づいていて丁度良いです。

お財布が許すなら、かわいい、おしゃれな物を買って部屋に置いても良いです。

服などはあまりオススメしません。

買ったからには外に出ていった方が良いですが、心が寂しくなっているときはしんどいです。

掃除は面倒だと思いますが、片付き始めると心理面に変化が出てきます。

人は感情の生き物なので気持ちが乗ってくれば、寂しさも楽になりますし、快適な環境になると落ち幅も小さくなります。

外の変化はテレビやネットで見ていれば、心理的なフィルターが掛かって「外よりも中が良いかも」になることも(笑)。

前からやってみようかな~と思っていた事があるなら、このタイミングでやっても損はありません。

いつかいつかと思っていたモノなのですから、まさに今という感じです。

イベントに忙しい人も寂しい人もやっていることは実は同じ

変化の時の流れに対して外に出るか家の中にいるかは別にして、「動く」を選択することで流れに乗ります。

動いた方が良い時は動く、動かない方が良い時は足場がためにという感じです。

年末年始は今年一年の集約と次の一年を形作るための変動の時期です。

「今」に関心が出始めた人は、今から始めることがタイミングのつかみ方になります。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧