手相占いの上手な聞き方、何を相談したら良い?

手相占いは幅広い相談に答える事が出来ます。

手相を占って貰う場合、手相占いに関心が出た時だと思います。

占いに多少なりとも関心がある人なら、手相で占いが出来ることをご存じだと思います。

普通は「手相でなんか分かるの?」って感じだと思います。

最初にお話しますが、私は今は手相だけで鑑定をすることは無くなりました。

私は手相を「現実の世界」とみています。

占いは架空の世界と現実の世界に分かれます。

架空の世界というと表現が間違っているかも知れませんが、ホロスコープや命盤などのことです。

これらは生年月日からその人そのものを架空の場所に映し出します。

一方で手相や人相などは現実の世界です。

その人の生き方そのものが現れているからです。

生年月日の占いはその人の理想像

その人の理想像と現実がどの程度一致しているかをすり合わせていくことで、占いの結果を出します。

そうじゃないと、占いの結果と現実に食い違いが生まれやすくなります。

どの部分が一致していて、どの部分が違うのか、それを整理しつつ、ご相談者の現状ともすり合わせていき、占いの精度を上げていきます。

ということで、私は手相だけでは占いをしなくなったわけですが、手相鑑定が出来るっていう占い師さんに何を相談したら良いかです。

基本的には節目の時期やその人の性質(運命・運勢)、どういう仕事をしたら良いか、恋愛ならどういう人を探したら良いか、どんな生き方をしたらもっと良くなるか、そういうことが分かります。

手相鑑定は占い師の力量で結果が変わる

手相は特に「その人の生き方と運勢」を現しています。

このため、どんな相談であっても「その人に関わる事」ならば、手相に出ているものと結びつけて占うことが出来ます。

でも、結びつける力量が無かったら無理です。

これは他の占いでも同様なのですが、手相を読み取る力だけでなく、現実の世界に読み取った結果を反映させる力が必要なため、占い師によって結果が違います。

このため、手相を見て貰うときの上手な聞き方としては、「相談を明確にする」ということになります。

そのものずばりの相談事であれば、手相で占いやすくなり、占い師の力量の差を埋めてくれます。

恋人が出来ますか?というのでも、仕事が見つかりますか?というのでも、その人の性質に合わせて鑑定をすることが可能です。

手相鑑定は恋人・仕事の見つけ方をはっきりさせる

現実に見つかるか?という話の場合、運勢を見ることが出来るので、その時期を見極める事は出来ます。

一方でだめな聞き方というのは、「どんなことが手相で分かりますか?分かる事を教えてください」っていうご相談。

お金の無駄遣いです(笑)

これは他の占いでも同様です。

どんなことが分かりますか?って相談された場合は、その人の基本的な特徴と基本的な運勢を占うことになると思います。

手相は「その人そのものを鑑定する」ことに適しているので、他の占いと同様に他の人との関係を占う場合は、他の人の手相が無いと分からないです。

自分からその人と接する方法は分かっても、その人が自分にどう接してくるかが分からないためです。

あとは、手相は頻繁に変わるものでは無いので、「同じ内容の相談」であれば頻繁に占いを受ける必要はないです。

状況に変化があって判断に迷う場合に占って貰うというのは有りです。

また、似たような選択を占うことは得意では無いです。

たとえば、AさんとBさんのどちらが良い?っていうときに、どちらも似たような感じの場合ははっきりした感じでは出てきません。

どちらも良いとでるか、どちらも微妙と出るかという感じです。

ただ、相手の手相がある場合は別で、より良い関係を作ることができる相手が分かります。

手相占いは相談内容が明確であるほどにはっきり答えが出る

「自分の人生はどうなるのでしょうか?」っていうような感じの曖昧さだと、手相鑑定の力を発揮しにくいです。

占い師によっては「今はどんなことが不安ですか?」という感じに掘り下げてくれます。

そうやって問題点を明確にすることで、占いの精度を高めるやり方があります。

でもこれは手相だけじゃ無くて、どんな占いでも同じなんですよね(笑)

手相で占って貰いたいときには、自分の生き方(今やろうとしていることが良いかどうか等)や運勢(良いタイミングはいつ頃?みたいな)などに関連する相談であれば威力を発揮してくれます。

そして、出来れば相談したいことをはっきりさせておくことです。

そうすれば、初めて鑑定を受ける占い師さんでも要領よく相談出来ると思います。

【関連するまとめリンク】
「手相鑑定のまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧