9月30日~富山市の出張予定です(詳細はこちら)

損をしたくない時ほど損をする

損をしたくない、出来れば得をしたいと思っている人は多いかも知れません。

私も損をしたくなくて、出来ればお得な方が良いと思ってます(笑)。

ただし、損をしたくないな~と思っていますが、何かをやるときは損をする事を考えて選択しています。

損が出来るということは、そのリスクを受けきれるということです。

その目算が出来ているので、損をしたくないけれど、損を覚悟でやりましょうという感じです。

この考え方は占いの結果を行動に移すときに活かされます。

目の前の大事な事よりも人生で大事なことを優先する

占いを受けたときに、10対0で良い悪いが出てくる事はなく、大抵は僅差です。

小さい差だからこそ悩んでしまってどうすれば良いのか分からなくなります。

何を選択しても選択をしなくても、良い悪いが僅差なのです。

こういう状態を占うときは何が一番大事なのか、何を求めているのかをはっきりさせます。

これは私の占いではいつも通りです。

占いは相談者が気にしていることを占うものですが、それだけでは足りません。

気にしていることも含めて全体的に今大事なこと必要な事を占わないと、目の前の事に振り回されます。

相談者はその点に気がつかないので、こちらでフォローしながらお話を引き出していきます。

気になっている事も含めて全体を占う事が出来れば、日々の目の前の事もはっきりします。

この中で「何が得で何が損か」もハッキリしてきます。

損得を比べて優先度の高い選択肢を出す

損得は相談者の感情や感覚です。

お金や時間で判断するのか、内容で判断するのか、それは占う中で見えてきます。

この損得も10対0ではなく僅差で損をする部分、得をする部分に分かれるので厄介です。

でも、明確になる部分もあります。

最初にお話をしているように、最も大事なことは何なのか?今できることは何か?を占うことで、いくつか選択肢が出てきます。

その選択肢はどれを選んでも損をする部分、得をする部分があります。

最も大事なことがハッキリした後ならば、実現の可能性の高い選択肢の「損」を見ます。

大事な事を残すことに専念する

その選択肢を選ぶデメリットが受けきれる内容なら、その選択肢が今一番必要な答えになります。

他のどの選択肢を選んでも似たように損得があります。

選べない分からないのは、出来るだけ損をせず、出来るだけ得をしたいと思った時に起きやすいです。

だからこそ損切りします。

そうしないと時間が経てば経つほど、デメリットの方が大きくなるからです。

「選ばなければ損をしない」場合は大きく悩むことはありません。

選ばないとダメ、選ぶ必要性がある時に悩みます。

そういう時は不安や焦りもセットになっていることが多く、なおさら損をしたくない気持ちが強くなります。

決断のタイミングを逃すと次のタイミングまで決断出来なくなる

どこで踏ん切りを付けるかは自分次第です。

占いでは時期も見ることが出来ますが、決断するのは相談者自身です。

この決断が難しいです。

占いで必要な情報を仕入れた後は、時が来るのを待ちます。

時が来るとは、「うん、よし分かった!もうこれで行く!」という思い切りの気持ちが出てくるタイミングです。

占いを受けているときはテンションがあがっていたり、何となく分かった感じになるのでがんばろうとします。

でも、少し時間が経つと気持ちが行ったり来たりします。

その後で「やっぱりこうするか」と気持ちが大きく動くタイミングがあるので、そこで踏ん切りをつけます。

このタイミングを逃してしまうと、ひたすらぐるぐる回っていきます。

保留は現状の継続では無く、厄介な未来の可能性がある

占いを受ける時は、大抵が既に決断の時期に来ています。

迷っている内容の占いを受けようするタイミングは、ほぼ最終のタイミングだったりします。

このタイミングを逃すと、またしばらく保留になり数年が経ちます。

それも人生の選択ですが、占い師に相談したいと思った段階で運命の分かれ目に来ています。

問題を抱えていたり、必要な決断が出来ていない場合、単に現状が先延ばしになるだけならそれほどのことはありません。

でも、決断が出来ない状態の維持は、問題を大きくする未来を選択している可能性があります。

損をしたくないと思っているのに、未来に損を引き継いでいるのであれば、今必要な事も見えています。

どういう運命を選択したいかでこれから先の人生が大きく変わります。

一緒に読んでみてください:「運気が切り替わる時・運命の変わり目・運勢の節目に起こること」

望む事を明確にすることで人生が変わることも多いです。

こちらを参考にしてみてください:
新月の活用:「本当に必要な大人の新月の願い事の書き方・叶え方」
満月の活用:「本当に必要な大人の満月の願い事の書き方・叶え方」