方位の影響がないなら凶方位は大丈夫!でも、吉方位も意味ない

凶方位が怖いという人は多いです。

引越しのご相談で多いのは「凶方位のようだけどどうしたら良いだろうか、影響を受けない方法はない?」というものです。

占い重視の占い師さんの場合は方位の影響は絶対だから、受けない方法とかは無理という答えになります。

占いの結果と現実が結びつくかどうかが大事

一方で方位の影響の実感がない人が一定数います。

方位の影響の実感がないということは、理屈上、方位の影響を受けていないということではありません。

でも、この理屈は意味がないです。

凶方位が怖いという理由は「現実に問題が起きるかも知れない」という怖さを感じるからです。

でも、実感がないなら、現実に問題も起きていないのですから(起きていたとしても実感がない)、方位の影響は受けていても「無い」と言えます。

方位の影響の実感が無いなら吉方位旅行も意味が無い

凶方位の影響の実感はないけど、吉方位の影響の実感があるみたいな都合の良いことはありません。

凶方位の影響は受けたくないけど、吉方位の影響だけは受けたいというのは無理。

占いは一定のルールを基準にしていて、その基準の上で現実を評価しているので、変な話は出てきにくいです。

だからこそ、凶方位の影響がよく分からない場合は「方位の事は気にしなくて良い」という結果になるわけです。

そういう人が吉方位旅行をしますと言っても、意味がないのでやらなくて良いですとお伝えします。

基本的に方位の影響は全員にあると伝えるのは商売だから?

商売的には凶方位の影響は絶対、吉方位の影響も絶対という風に伝えた方がお金になりますし矛盾も無いように見えます。

しかし、占い自体に「絶対」ということが無い事を考慮すると、方位の影響を絶対に受けると断定するのは無理があります。

実際に方位鑑定をしている占い師さんなら、「方位の影響の実感がない」という人に出会ったことがあると思います。

この時にどう伝えるかです。

私は「方位を意識する意味は無いので気にしなくて良い」とお伝えしていますし、「吉方位旅行とかどうですか?」と問われても「気にしなくてよい」とお伝えします。

いつか実感出来る時があるかも知れませんが、少なくとも今ではありません。

こういう人は方位占いは意味がないので今後状況の変化が無い限り受ける必要はありません。

引っ越しなどの方位鑑定の基準をまとめてあります。

まずはこれが基本になります↓

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧