方位の影響と家相・風水の影響の違い

今回のテーマはこの感想「「メール鑑定」という今時な感じも最初は?な印象だった」の中にあった一文「方位が及ぼすもの、家相(風水)が及ぼすもの、それぞれあるのだろうと思うのですが、なんとなくは理解できるのですが、明確にどういう違いなのか途中そこに気づけず、曖昧なまま鑑定を終えたのは残念でした」を元にしています。

方位と家相の扱うテーマはどちらも「運気」です。

運気は何?と問われると、良い流れと悪い流れ、澄んだ空気とよどんだ空気、という感じでしょうか。

定義としては「気の巡り」ということになります。

運気の話はよく分からない?

運気のイメージは「見えない影響」です。

見えないものを見えるようにしているのが占いです。

風見鶏かざみどりみたいなものですね。

風が吹いているのを、どこからどこへ吹いていて、どのくらいの強さで吹いているのか、それを部分的に可視化してくれる存在です。

その運気の動きを「方位」という風見鶏と「家相」という風見鶏で見ているわけです。

では何が違うのか?

方位は行動(動的)、家相・風水は環境(身の回り)(静的)の運気の動き

動的な運気とは「自分の動き(行動)から影響を及ぼす運気の状態」のことで、静的な運気とは「そこに存在(環境)して影響を及ぼす運気の状態」です。

自分に直結しているのが方位の運気、自分の周りに存在しているのが家相・風水の運気とも言えます。

どっちが重要か?ではありません。

どちらも存在していると仮定して、検証し、その影響が相談者にどのように影響を与えるかを占っていくわけです。

方位では凶方位と吉方位が存在しますが、自分にとって「良い気の巡りがある=運気が良い」場所に行くと自分にとって良い流れが舞い込んでくると考えます。

幸運が起きるというのではなく、「自分を良い状態にする=良いことが起きやすい」という考え方です。

凶方位はこの逆。

家相・風水にも吉と凶の場所がある

トイレが凶の場所とかそういうことではありませんので注意してください。

明るい場所が吉の場所ということでもありません。

家相的に吉の場所を活用することで、「自分にとって良い場所を利用する=良いことが起きやすい」という考え方になります。

実際、家相で凶の場所を使い続けることで、家人に負担が掛かり調子がおかしくなる傾向が見て取れます。

方位も家相も結果的に良い場所・悪い場所というのであるならば「同じなのでは?」となりますが、方位と家相には決定的な違いがあります。

方位の影響は運勢・運命に繋がる

方位は何らかの行動が伴います。

その行動の結果として吉方位や凶方位が出てくるわけです。

その行動には決断が伴います。

つまり、自分自身そのものが方位の結果として出てくるということです。

私が方位鑑定をするときは、その根本となる「なぜ今、その場所を選んだのか」を重視します。

その人の運勢と運気が、目の前の吉方位や凶方位とどのようにつながっているのかを明らかにすることで、全体の運気の流れをコントロールするやり方です(方位鑑定だけでは無理で総合占いの範囲です)。

家相・風水の善し悪しは使える場所の可否

たとえば、リビングが凶の場所だったとしても、使わないという選択肢はありませんので、自然と使います。

使い続ければ、住人にストレスを掛けていることになるので、時間の経過と共に不調になっていく可能性が高まります。

その人の方位的な運気が良かったとしても、家相はそこに住み続けるわけですから、凶の場所を使い続ければ、運気が下がっていきます。

もちろん、方位的に運気が悪くても、家相的に良い場所を使い続ければ、持ち直します。

つまり、方位も家相も「運気」という点では同じですが、その影響の仕方や対処の仕方は別物、ということです。

私としては方位は重要だけど、最終的には「その家に住む期間の方が長くなる」というならば、家相・風水を重視した方が良いと思っています。

家相は後から整えていける

家相が悪いから引っ越しをしないといけないとか、そういうことではありません。

方位と家相、どちらを重視するかという判断はもともと成り立たないです。

移動は方位、住む場所は家相、ジャンルが違うのでそれぞれを重視した方が良いという話になります。

一緒に読んでみてください↓

【関連するまとめリンク】
「家相風水の良い悪い、引越しの吉凶方位や時期、何をどこまで占って貰えば良い?家相・風水のまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧