吉方位・凶方位の影響は家族に影響する?

吉方位・凶方位の影響が不安な時は、ルールが分かれば楽になります。

吉方位や凶方位の影響は基本的にその人そのものに影響をすると考えますが、その結果、その周辺の人にも影響を与えると考えます。

運気は常に上がったり下がったりします。

下がる時期に大きく下げてしまうと、その後、どんどん下がる方位(タイミング)にばかり行くようになったり、あるいはその逆もあります。

普通に上がったり下がったりしているだけなら、あまり気にしなくても大丈夫です。

日々の努力というか意識でコントロール出来る範囲です。

ところが、上がったままのケースは良いとしても下がったままとなると注意が必要です。

こういった運気の動きを見ながら、方位の影響を意識して現状を振り返ると、運気は共有している事が分かってきます。

たとえ一人暮らしであったとしても、特に近しい人(家族でなくても)にはあなたの運気(影響)を受けていることが分かります。

運気の影響を与える近しい関係は頻繁に連絡を取ったり関わりを持つ人

毎日一緒に居る職場の人の扱いは少し違います。

心にフィルターがかかっているので、家族ほどの近しい関係というには少し遠く、運気の影響度は下がります。

これが家族の場合(縁遠い場合は別)は家族全員にあなたの運気が影響し、そして家族それぞれの運気もあなたに影響しています。

これは悪いことではなく関わる人がお互いに影響をするというのは当たり前です。

この見えない部分として運気の影響もお互いにしていて、相互に運気のバランスを取りながら日々過ごしています。

ただし、家族の中でどんどん運気が下がる状態になると、家族全員近いからこそ、その影響を受けていきます。

吉方位・凶方位の影響は本人にもっとも強く作用します

本人が影響を受けつつ、これに加えて家族や周りの人にも影響をしていきます。

大凶の影響が大きくなっていると家族にも大きく影響し、家族全員で辛くなる選択を取り始めてきます。

こうなると下がる一方です。

この影響力が強いのは親御さんです。

この影響力は、その人が家族にどの程度影響があるかで変わります。

次に生活収入の中心者です。

たとえばご主人の収入で生活している場合は、ご主人の家族に与える影響はかなり強くなります。

言い換えればご主人以外の運気が多少低くなっていても、ご主人の運気が高ければ悪い方にはそう簡単に流れません。

しかし、ご主人の運気が低ければ、簡単に面倒なほうに話が進みます。

このときご主人に対して奥さんの影響力が強い「いわゆる、かかあ殿下」の場合は、たとえご主人の運気が低くても、奥さんの影響力が上を行くので、状況次第というところがあります。(これがあるので難しいです)

子供に与える運気の影響はどの程度?

一方でお子さんの場合は運気の影響は強く受けやすいのですが、もともとの運気の器(周りに与える影響力)が小さいために、親御さんの運気に強く影響を与えるほどの力は「本来」はありません。

特に小さいお子さんほどその影響力は少ないとみます。

お子さんは、もともと移動することが少なく、逆に親御さんは多いです。

このため親御さんの影響を強く受けやすくなります。

親御さんの運気が下がれば、お子さんにも強く影響を与えるため気をつける必要があります。

また、お子さんの運気が高くても、まだ小さいうちは影響力が少ないです。

お子さんの運気は一定の年齢に達するまでは、親御さんの運気を基本にしたほうが良いです。

子供の運気が親に強く影響をするケース

お子さんが親御さんに強く影響をする場合は、お子さんに親御さんが振り回されている場合です。

主導権がお子さんにある場合、お子さんの運気の影響が強くなります。

その結果としてお子さんの運気が下がれば、親御さんにも影響を与えます。

ただし、それでも親御さんの影響力の方が最終的には強いです。

親御さんの調子が良ければ、お子さんに対しても良い影響を与えやすくなります。

結果的にどうしたら良い?何を基準にすれば良い?

結果的には状況次第なのですが、影響力の強い人の運気を下げないようにすることが大事です。

家族の引越しや旅行の場合、人数が多いと判断基準も多く難しいです。

でも、大切な事は何かが分かっていれば落としどころが見つかります。

凶方位関連のお話はこちらから

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧