九星気学で旅行や引っ越しの凶方位を気にしすぎ?

吉方位や凶方位が気になって出かけれない、すごく気になるという場合、その責任は占い師にあることが多いです。

怖がらせすぎています。

占い師の役割は脅すことではなく、どうすれば良いのかを占いを通して伝えるのが仕事です。

お客様に「方位の影響は重要なんだ」と思わせるために、ちょっとしたことを強く言うような占い師もいるらしいです。

方位が悪くても現状次第で対処は変わる

私に鑑定を依頼されるお客様は、方位が気になって相談される方がほとんどです。

しかし、方位の影響や解釈が全てということはないです。

「運」は「流れ」です。

その流れを読むのが占い師の仕事なんですが、流れが激悪だからどうのこうのはありません。

今が悪くて何とかしたいなら、悪い中で出来る事を見つけていきます。

「凶方位を取ったら死ぬ」っていう占い師は儲かるかも知れませんが、後が大変です。

人の生き死になどを鑑定することは占い師にはたぶん無理です。

傾向・可能性を鑑定することは出来ても、それ以上は占い師の領分ではないんじゃないかな。

方位の影響が怖くて辛い場合、現状を分析すれば良い

方位を気にして出かけられない、凶方位が怖くてたまらないという人はどうしたら良いかの対処法は簡単です。

方位を気にして動けないなら、方位を分析してみれば良いです。

なぜ怖いのかが分かるとどうすれば良いかもはっきりします。見えないものに対する不安をはっきりさせないで、対処ばかりに意識が向いていると辛いです。

方位が気になる、凶方位が怖いと言っても、これまでにもたくさん凶方位に行ってます。

その全てで悪いことが起きているわけではありません。

運の積み重ねはあるけれど悪い事ばかりでは無い

不安な時は今を見ていきます。

どこかの占い師に「凶方位は死を招く」みたいなことを言われたとしても、現状で何とかなっているならば、その占いは当たってないです。

凶方位が怖い、方位が気になる、そういうときは「現実を注意深くみること」がまず大事です。

良い事悪いこと。

今の生活状況。

いろいろと見ていく中で「これは良かった」と思えるものもあると思います。

見つけようと思わないとだめですけど。

悪い方位でも良いこと、救われていることはある

凶方位の威力絶大という人は、良い事なんて一つも起きないと言います。

それは人が生まれてきた理由(人生を活きる)から考えて、あり得ないです。

怖いと思う理由を怖くてもじっくり見定める事、その中に隠れている良かったと思える事を見つけ出すことです。

こういうのは一人では大変なので占い師に相談したりします。

自分で出来るならそれで良いです。

不安を不安なままにしないことで地に足が付く

大事なのは、あなた自身の本来のバランスを取り戻すことです。

方位が気になるっていうのは、自分の不安定な状況をはっきりさせるタイミングでもあります。

ただ、その使い方を間違えると、方位が気になって仕方が無くなるのです。

気にしないって事が出来れば良いですが、それが出来ない人のために今回はお話をしました。

方位が気になる、方位が怖いということならば、見つめ直すところから始めれば、きっと地に足が付いて不安が和らぎます。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧