あなたに合った占い師の見つけ方

方位鑑定が出来ればどんな占い師でも良いわけでは無いです。

私が方位鑑定をする時にたまにあるのが、鑑定基準の流派的な違いです。

以前誰かの鑑定を受けられている場合、流派が違ったり鑑定の基準が違うと、結果もかなり違う事があります。

そのため私のところに依頼されるケースで、前に別の占い師さんの鑑定を受けられている場合は気をつけています。

占い師の数だけ流派・基準がある

方位鑑定の基準で主な違いは

・方位を45度測る場合と30度60度で計る場合
・磁北なのか真北なのか
・地球を丸いと見ているか、平らと見ているか

ぱっと思いつくのはこんな感じです。

これ以外にも

・九星同士の相性についての考え方

もあります。

相克(そうこく)とか相生(そうしょう)という表現が使われます。

私は基本的に小児殺(しょうにさつ)は考慮しませんが、考慮する占い師さんもいます。

子供は本命星で見るという占い師さんもいれば、月命星でみる占い師さんもいますし、基準となる年齢にも違いがあります。(みんな自分が正解だって言います(笑))

私がお子さんを鑑定する場合は、月命星と本命星で影響の強い方を鑑定に使います。

ざっと見るだけでもこれだけ違いが出てきます。

基準が違うと鑑定結果にも大きな違いが出てくる

どの基準が正しいのか・当たるのか?と考える意味はありません。(参考:「一番当たる・正しい占いは無い?」)

占い師さんはそれぞれが検証を繰り返し結果を出してきている基準だからです。

結局、相談する人にとって、その占い師さんの方位鑑定の結果、実感があるかどうかによります。

他の基準を持つ占い師さんに相談するといろいろな基準が混ざり合ってきて、良いとこ取りをしたくなる人もいます。

占いはそれぞれに根拠と筋があるため、良いとこ取りをするような感じであれこれ混ぜることは出来ません。

占いを混ぜると分からなくなるリスクが生まれる

これまで受けられた鑑定のお話をお聞きして、私の鑑定が相談される方を迷わせてしまうときはお断りしています。

これまで受けた鑑定が信用出来なくて何とかしたいと思っている人のご相談は受けるようにしています。

方位鑑定といっても様々な基準があるので、目の前の占いの結果が全てではないかもしれないからです。

また、私が大事にする「実感があるかどうか」がはっきりすると楽になる人もいるからです。

こういう事を知った上で占い師さんに相談してみてください。

占いを押しつけてくるような感じの占い師さんはこういう話を嫌います。

押しつけてくる占い師は避けた方が良い

占いはなんだかんだと言って「結果的にどうだった?」という事が大事です。

結果を押しつけられたとしてもそれで安心出来たなら問題はありません。

でも、逆に不安が高まるようなら合わない占い師さんです。

そこで無理をする必要はありません。

占い師さんは山ほどいます。

嫌な想いをしてまで我慢をする必要はありません。

一緒に読んでみてください:「方位の影響は絶対です!・・・でもね。」

【関連するまとめリンク】
「方位鑑定の占い師の選び方」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧