方位鑑定の吉方位が良い、凶方位が悪いことの意味

方位が気になる人は「凶方位」も気にします。

今やろうとしていることが凶方位と分かったら、どうしようかと不安になります。

凶方位の影響が悪い方に向きやすいと実感している場合もありますし、単なる印象だけという場合もあります。

一方で、今良い感じじゃ無い理由は何だろうと調べてたら「過去の方位(引っ越しや旅行)が関係あるのかも」と、私にたどり着かれる場合もあります。

この方位が気になった人にとって大事なことが今回のテーマです。

吉方位を選ぶのは良い流れ、今が順調と教えてくれてます。

凶方位を選ぶのは悪い流れ、今が不調の可能性もあるということかも知れません。

凶方位を選んだ段階で現状が浮き彫りになる

方位鑑定では「その方位と時期を選んだ目的や背景」を重視します。

選んだだけではまだ確定しているわけではありませんが、自分の必要に応じて選んでいるわけです。

もちろん、既に確定した予定で行くしか無い、やるしかない場合はもっとはっきりしています。

自分自身の今の「無意識」の選択が吉方位を選んでいるならば、実際に物事も順調に進んでいることが多いです。

一方で、無意識に凶方位を選んでいるならば、やろうとしている事自体が危うい可能性があります。

吉方位の場合は良いですが、凶方位の場合は「このまま進むときつい」という話になります。

だから、止められるならば止めた方が良いって話がまずは出てきます。

良い話だと思って決めようかどうしようかと思っている場合は、状況次第ですが止めた方が良い場合もあります。

本当に良い話は凶方位を避けやすい

本当に良い話の場合は自然と凶方位を避けることが多いのですが、良い話に見えるけど凶方位の場合はもう一度考えた方が良いです。

これらを考慮した上でも可能性を模索したい場合は、うまく調整出来ないかを占っていきます。

うまく調整出来る場合はまあまあ良い話である可能性が高いです。

修正しようと思っても悪いタイミングばかりを選ぶようなら、止める可能性も考慮した方が良いです。

引っ越しでよくあるのは、候補としてあがっている物件が凶方位という場合です。

このご相談が一番多いですが、まずは現状整理が必須になります。

「凶方位」が出てきていることに何か問題が潜んでいる可能性があると解釈するからです。

喉が痛くなってきたら、「風邪かも」と疑うのと同じです。

凶方位でも現実に問題が無ければOK

占いが悪くても現実に問題がないなら気にする必要はありません。

気になるなら一応念頭に置くとしても、それ以上では無いです。

占いは問題があった時に早く気がつけるので便利です。

何かをやろうとしていて凶方位という場合もあります。

この場合は「やろうとしている事がその人に合っているのか?」というところから鑑定をします。

たとえば「不動産を手に入れて賃貸で貸そうと思ってるんです」という話があったとします。

普通の方位鑑定ならその物件の鑑定しかしないと思います。

本当は「賃貸で貸そうとする⇒不動産収入を得るような仕事をやる⇒そういう仕事って合ってるの?」という感じで、その人の運命とやろうとしていることが合っているのかどうかを確認することが大事です。

凶方位を選ぶと無理をさせようとする何かが出てくる

凶方位を選ぶ案件は無理が多くなります。

これは未来の暗示でしかありませんが、引っ越しなどで大金を使う、大きな決断を伴うような場合、やろうとしていることは絶対に必要なのかどうかを知ることが大切になってきます。

これもまた「やらなければならない」のか、「選択の余地があるのか」で随分と違ってきます。

選択の余地があるなら一度仕切り直しをして、再度検討をするようにした方が良いです。

選択の余地がないなら、悪い流れを良い流れの方に変えていく労力や時間を掛けていくことになります。

方位鑑定でも占い師によって何を重視するか変わる

これまでの話は面倒に見えますが、単純に方位だけの鑑定で良いなら凶方位だから時期を変えれば良いよって話になります。

それが分かれば良い場合は、そういう占い師さんに相談されると効率的です。

私の場合、リピーターさんの背景がよく分かっているので、方位だけでぽんぽん鑑定をしていく部分もありますが、初めてのお客様は大抵、その人の本質まで見越して鑑定をします。

知っておいて頂きたいのは、単純に方位の吉凶を鑑定するだけでも「どこを見ようとするか」でかなり違ってくることです。

後は簡単に見てくれれば良いならそういう占い師を探す、しっかり見て欲しいならそういう占い師を探すというので良いかなって思います。

大凶方位関連のお話はこちらから↓

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧