気学・方位学の日盤を使うとき

気学や方位学で使う「日盤を意識する、方位を意識する」というのは効果的なこともあれば、止めた方が良い時もあります。

方位のことを知り始めた人、方位の影響があるっていうことを知った人はいろんなところで使いたくなります。

日盤の吉方位を使う話もよく出てくるので「日盤の効果やゆうき取り・方位取り、お水取りとかに意味はあるの?」を参考にしてみてください。

使い方の加減次第なのですが、毎日の方位がとても気になってくると、いろいろと危うくなります。

毎日の方位を気にするのは、プロの目からみると基本的に悪くうつっています。

私も昔、ドクターコパさんが出していらっしゃった、毎月の方位を使ってみようと思ったことがありました。

普通は毎月・毎日の方位は使いこなせません

効果も微妙に分からないし、やり方もちゃんと合っているのかも分からないためです。

方位の使い方で難易度が高いのは日盤です。

毎日の事だから簡単に見えますが、私から見ると一番難しいです。

日盤は毎日変わる方位盤で、その影響力は他の方位盤に比べれば低いです(いろいろな事が重なったときは別)。

年盤などは一年使える方位なので、使いやすく影響も強いです。

月盤も年盤ほどではありませんが、12回チェックすれば良いので扱いやすいです。

方位盤によって解釈も扱い方も違う

これらの方位盤は、年盤は特に4日以上、月盤は2日以上のケースで使うことが多く、毎日の方位盤は使いません。

結果的に一番取り扱いの難しい日盤が、一番日常で使いやすいのですが、これが方位の取り扱いを難しくしています。

日盤は簡単に使えるけれど、その結果に振り回されやすく、しかも影響がよく分からないからです。

つい凶方位を避けようとしてしまって、おかしな考え方や行動を取りがちです。

どうしても使うなら日盤はこんな時に使うぐらいで丁度良い

何かの節目のときに日盤方位をみると良いです。

たとえば、病院にかかる日であるとか、試験の日、仕事の契約の日などです。

日常の中で日常とは違う何かがある場合、意識して使えます。

本当は日常の中でも、毎日の通勤や通学など固定の方位があれば、その方位の中身をみて、仕事のやり方や勉強のやり方などを決めることが出来ます。

このような感じで使おうと思えば使えますが、正直、日盤を普通の人は触らない方が良い世界です。

日盤の影響力は他の方位盤より小さいので、意識して取り入れてもよく分からなくなってきて「本当に意味があるの?」となったりします。

日盤は毎日変わり、影響力も弱く、判断が難しい

今日は方位が悪いから行かない!とかって言いはじめたら、私からみると「やばいな~」という感じです。

「日盤だからこそ行けば良いじゃない!」と思ったりします。

占いを使う時に、思考の幅を広げるために使うなら良いですが、自分の行動の幅を狭くするような使い方は間違っています。

そのために普通の人は病院とか試験とか、初めて会う人との関係性を見るのに日盤を使ったり、何かの面接に行くのに使ったりぐらいです。

これなら「行く」ということに変わりは無いはずです。

方位の吉凶だけで日盤を判断すると危険

方位が悪いからと行かないという選択肢は普通はありません。

その中で、方位が悪いなら接し方に注意が必要と分かりますし、方位が良いならさい先が良いということが分かります。

どうしても気になるなら非日常の中でもすごく特別な場合だけ、且つ、前向きに使える時だけに絞ると良いです。

それでも気になるなら占い師に相談してください。

自分で判断するより安心して判断が出来ます。

【関連するまとめリンク】
「日盤吉方位取り・凶方位の影響の受け止め方・活用の仕方のまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧