10月14日~鹿児島市の出張予定です(詳細はこちら)

幸運を呼びやすくする、運命を変えやすくするには年月の節目・変わり目を活用する

厄除け・方位除けなどについては「方位除け・方災解除は凶方位に引っ越したり、旅行したりしたときに効果があるのか?そもそも方除けの意味は?」に詳しく書きました。

始める時期・動き出す時期・終える時期が重要です。

何をするにしても時の流れが人生に大きな影響を与えていると考えるからです。

分かりやすく言えば「タイミングを合わせる」とでも言いましょうか。

私は細かいシグナルなどに敏感になった方が良いとよく言います。

結構難しいことなので、いつでも出来るわけではありませんが、タイミングを意識するのとしないのとでは全然違ってきます。

ただし、タイミングが全てではありません。

タイミングがずれていても必要な事はありますし、タイミングが合わないからと言って悪いわけじゃ無いからです。
参考:「タイミングが合わないのは準備が出来ていないか、自分に合っていないシグナル」

ポイントになるのは「タイミングを意識する」です。

先日、双子座の満月を迎えました。

私は基本的に星座のどこに月があるのかはあまり重視しません。

それよりも丁度満月の時期、新月の時期、という節目の方を重視します。

占いの結果を受け入れるときに大事なことは「タイミングは合っているのか」、もしタイミングが合っていないなら「どの程度ずれているのか」ということを認識することです。

要は自分の立ち位置を把握しましょうってこと。

自分の状況を理解することが大事、勢いだけの判断は危うい

方位鑑定でもよくあるのですが、方位の境界線は目に見えません。

5度ルールといって、境界線から5度の範囲は両方の方位の影響を受けるから出来るだけ方位の中央付近の方が良いという考え方もあります。

これは納得のいく一面もありますが、それだけではありません。

満月には明確に欠け始めるタイミングがありますし、新月も明確に満ち始めるタイミングがあります。

海の潮の流れも明確に変わります。

季節の変わり目も人為的ではありますが、時期を設定しています。

方位は方位で明確な境界線が机上に存在します。

目には見えないけれど「境目」がある

もうすぐ年末になり、お正月を迎えます。

わずか一日で一年のカレンダーが新しくなります。

その結果変わっていく多くの出来事(今年もありがとうございましたから、今年もよろしくお願いしますに変わる感じ)があります。

でも、すぐには変わらない日常も存在します。

変化する部分と徐々に変わっていく部分があるということです。

曖昧な部分と明確な部分、占い師はこれを使い分け、普通の人はこれが混乱のもとになっています。

普通の人はすべてが明確に分かれていると理解しやすいのですが、実際にはそんなことはありません。

このため相談の内容によっては、占い師にタイミングを聞いた方が相談者の事情に合った答えが出やすくなります。

結婚式や引っ越し日などの「日付」が気になる時はどうする?

でも、私は日単位ではなく、「月単位」をよく使います。

時の流れは大きく分けて年単位と月単位があります。

もちろん、細かくは日単位、時間単位もあります。

日付や時間まで細かく限定することは基本的にあまり意味がないので、私は推奨していません。

全ての条件に合った日時を選んだとして、その通りに予定を遂行しても、結果がついてこないことがあるからです。

日付を細かく絞りすぎた結果、日常生活に支障が出て、トラブルの種になることだってあります(実際に多いです)。

幸せのために占ってるのにトラブルを引き寄せるのはおかしい

このため月単位で私はお伝えするようにしています。

この日からこの日までで都合の良いタイミングを選んでくださいって感じです。

実際には月単位というか、週単位ぐらいまで絞られるケースもあるのですが、大まかには月単位になります。

これは境目を明確にした場合のお話です。

上でもお話をしたように境目が明確な部分もあれば、曖昧な部分もあります。

時の移り変わりは大晦日から元旦となって環境が一新しても、実際には緩やかに新しい年のモードに変わっていきます。

運勢や運気もこれに従っています。

徐々に元気になったり微妙になったりです。

境目はあるけれど、曖昧な部分もあるわけです。

これを私は利用します。

大きな節目は変化も多い分、きっかけも増える

変化が起きる時期は潮の変わり目です。

じっとしていようと思っても時の流れがそれを許してくれません。

だからこそ「その時期に備えるために今から必要な動きを開始する」という占いのやり方があります。

これが運勢を読むということです。

厄年などは一般的によく知られていますが、これは変化の時期を表したものです。

これまでの生き方を見直し、次の生き方を作り出す、そういう潮目の年。

じっとしようとしても、いろんな出来事が周りから押し寄せてくるためきついです。

でも、それが分かっていれば備えることが出来ます。

もちろん、人によっては出来るだけ穏やかに過ごしたいという事もあると思います。

人によってはチャンスをつかみたいという人もいると思います。

厄除けや方位除けはお守りになる

厄除けや方位除けは浮き輪みたいなものです。

沈まないように身を守ってくれます。

でも、変化を受けなくて済むようにしてくれるわけではありません。

この理解が大事です。

月の変わり目、年の変わり目という時の流れの変化は「合わせるが吉」です。

もちろん、合わせない生き方もあります。

その時々で望む生き方があるため、その時々で判断をすれば良いです。

どうしたら良いかを知りたいときは、時の流れに合わせる

普段は占いなんて気にしないというのも全然OKです。
参考:「方位なんて関係ない!方位なんて気にしない!それで良い人・ダメな人」

普段じゃない非日常の精神状態の時に占いは力になってくれます。

そして、占いによって時の流れを知れば、今、自分がどういう選択をすると現状から抜け出すことが出来るのかも分かってきます。

今は我慢の時なのか、それとも動き出さないといけない時なのか。

その目安を教えてくれるのが「時の変わり目」です。

月の変わり目、年の変わり目、厄除け、方位除けなどは必要に応じて扱いが変わります。

それを知っておくだけでも占いの受け止め方が変わってくると思います。

【関連するまとめリンク】
「転機の年、占いが教えてくれる運勢・運気・運命の変わり目のまとめ」

【ここで取り上げた関連するお話】
「方位除け・方災解除は凶方位に引っ越したり、旅行したりしたときに効果があるのか?そもそも方除けの意味は?」
「タイミングが合わないのは準備が出来ていないか、自分に合っていないシグナル」
「方位なんて関係ない!方位なんて気にしない!それで良い人・ダメな人」