九星気学の方位鑑定で注意すること

九星気学の方位鑑定は占い師で違いがあります。

引っ越しや物件購入で方位が気になった時に問題になるのが、何人かの占い師に相談した場合です。

私のところにご相談される場合は、大抵、既に誰かの鑑定(通常は対面鑑定など)を受けられているケースが多いです。

こういう感じで何人かに相談をするのが良い場合もありますし、ダメな場合もあります

ただ、それよりも重要なことがあります。

それは「そもそも鑑定の基準は占い師によって違う」ということです。

九星気学は同じでも中身の基準が違えば鑑定結果にも違いが出る

九星気学・方位学の方位鑑定というくくりになっていれば、誰に鑑定を受けてもそんなに違いはないはずだというのは思い込みで、実際にはかなり違います。

これを知らないとインターネットで情報をチェックしたら迷うことになりますし、何人もの占い師に鑑定を依頼すれば、どれが良いのかが分からなくなります。

「どんな占いでも占い師によって鑑定基準も結果も違う可能性がある」ということを覚えておくと助けられます。

占いは何人かはしごをした方が良いというお話をする場合もあれば、はしごをしない方が良いというお話をすることもあります。
参考:「占いのはしご、セカンドオピニオンで大切な事」

矛盾するのですが、これは状況に応じて違うためにこういうお話になります。

占いのはしごをした方が良い時は、鑑定基準が同じ方が良いときと違う方が良いときで分かれます。

占いの結果は占い師によって伝え方が変わる

違う基準で鑑定結果が違うのはもちろんですが、同じ基準でも鑑定結果に違いが出てくることがあります。

これぐらいは大丈夫ということもあれば、これは止めた方が良いということもあります。

だからこそ引っ越しを鑑定する占い師の基準を知ることは大切です。

たとえば内田和男の方位の鑑定基準の基本事項はこちらに書いてあります。
※開いた画面の一番下をご覧下さい

基本は手相家の西谷泰人流が主な感じになります。(違う部分もあります)

事前にこういう情報をチェックした方が良いのは確かです。

占って貰わないと自分と合うかどうかは難しい

私は出来るだけ迷いを少なくする、混乱を少なくすることが必要なので、情報は出せるだけ出しています。

でも、占って貰わないと結局分からないというのが本当の所かも知れないです。

だからこそ「過去の移動」の鑑定結果を重視します。

「過去の移動」は自分の過去ですから理解しやすいです。

単純に凶方位だから引っ越しや旅行をしない方が良いという占いになってしまうと、全員が同じ結果になります。

吉方位や凶方位は同じ結果になりますが、人によってはその「影響の度合い」が違ってきます。

その違いをご自身に理解してもらうのが、過去の鑑定になります。

凶方位だからと心配した方が良いのか、それともそこまで心配しなくて良いのかは現実を合わせて見ないと分からないです。

過去を占うと今の自分に必要なことが分かる

闇雲に凶方位だから悪いとか、今年は運勢が悪いとか、そういう感覚的なもので判断しない方が安心出来ます。

占いは感覚的に見えて、現実とすり合わせていくので、現実的な目安も多いです。

もし今、方位の事でいろいろと悩んでいる場合、どの占い師が正しいのか迷っている場合は過去の鑑定をして貰うと良いです。

そうすれば、見えてくる世界がまた違ってきます。

結局、セカンドオピニオンが良いっていう話になるのかな(笑)

【関連するまとめリンク】
「九星気学・方位学の方位鑑定の基本まとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧