気学・方位学で方位を気にする、気にしない、注意したいポイント

一定の割合で必ずいらっしゃるのが「方位を気にしない」という方です。

私自身もブログで何度となくこのお話について触れています。

今回は少し違った視点でこの件についてお話をします。

それは「方位が気になっている段階で現実面で大事な何かを見落としているかも」というお話です。

引っ越しにしろ旅行にしろ、あなたが方位の事が気になり始めたのはいつ頃ですか?

私は10代の頃はほとんど気にもしていませんでした。

20代に入って多少意識するぐらいです。

今は重要な案件で活用するぐらいです。

占い師は別にして、普通の人が方位を意識するケースの最初のきっかけは家を建てたり、家を買ったりする場合です。(引っ越しのケースよりも家の購入や建設の方が圧倒的に多いです)

引っ越し後に問題が多かった人も気になる

家関係以外では引っ越し後に辛いことがあった人や、知り合いに気学や方位学について知識を持っている人がいるケースです。

これ以外で気になるケースは稀。

引っ越しや旅行、物件購入とかで方位が気になる「場合」もあることにはあるのですが、気にならない方が多いです。

不動産屋さんじゃ無いのでどの程度の割合かまでは分かりませんが、普通は気にしないのです。

ここから矛盾が始まります。

凶方位なんて気の持ちよう?という考え方が出てきて、何とかして凶方位は「気の持ちよう」と話している人を探す人もいます。

でも、方位のことが気にならない人は「気の持ちよう」なんて思いません。

気にならないのだから、たとえ方位の事が耳に入っても「ふ~ん」で終わるのです。

方位の影響が気にならない人の本来の姿

私の仕事は運の流れを予測することも仕事にあります。

その人に関わりの無いことは、意識の上にあがったとしても消えていくものです。

方位の事が一時的に気になったとしても、その人にとって必要のないものならば「自然と消えていく」感じです。

本当に必要がないならば、最初から気にもしないんですけど。

これらのことから、何かの拍子に方位の事が気になって頭から離れないようなら、見ないようにするよりも現状を把握した方が良いです。

凶方位だって分かったからといってそれで人生が終わるわけでもありません。

占いの結果をどう受け止めるかは状況による

方位的に問題が無ければそれで終わりですが、凶方位と分かったら、その後どうしていくかです。

これは人によって違うので、落としどころを探すために占いの結果を引き出していきます。

そうじゃなければ占いを受ける意味が無いです。

大凶方位に行くしかないと決まっている事なのに、行ってはいけないと言われても困ります。

大切な事は、方位の影響があるかないかではなく、「方位の事が気になった事実」です。

本来は気にしないはずのものが気になる上に頭から離れないなら、何かを見落としている可能性があります。(凶方位かどうかでは無く、現実の中での問題)

気になったことをしっかりと調べ、その上で判断していく、それが運を逃さず、チャンスをつかむために必要な意識の持ち方です。

そういうことが出来る人が自分の運命をコントロール出来る人の特徴とも言えます。

【関連するまとめリンク】
「吉方位・凶方位の効果・影響は無い?気にしないでも良い時・良い人のまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧