【2018年版】物が壊れる意味はシグナル?転機?のまとめ・占いから分かる事

物が壊れた時に心配した方が良いのかスルーしても良いのか、物が壊れる事に対する占い的な視点のまとめになります。

物が壊れたときは変化の時・チャンスは目の前

物が壊れるときはその壊れた物や壊れたタイミング、またはあなた自身を振り返るチャンスです。
壊れるということは何かに、あるいは誰かに無理が掛かっています。
壊れてくれたことで気がつけることも多いです。
もし何かが壊れたらチェックしてみてください。

持ち物が壊れるときは、自分を見直すチャンス

ものが壊れた後に本当の幸運と不運がやってくる

物が壊れる事によってあなたを守ってくれていることがあります。
もしかしたらトラブルを未然に防いでくれている可能性もあります。
特に家電や生きている物はその所有者の影響を受けやすいと考えます。
物が壊れやすい人は壊れやすい環境や状態に身を置いていることがあります。
物が壊れてくれることで次のステージに行けることもあります。
物が壊れたときは身の振りを考えるときです。

家電製品が壊れるのは損じゃ無くて得してる

物が壊れたときに気がつきたいこと

物が壊れたり体調を崩したりする時はいきなりそうなるというよりも蓄積されているケースが多いです。
頑張りすぎていたり、ストレス過多であったり、トラブルに巻き込まれていたり。
数ヶ月の共あれば何年も積み重なっていることがあります。
本文では厄年を例に出していますが、節目のタイミングで大切な物が壊れたり、病気になったりすることがあります。
でも、そのタイミングで問題が起きてくれないともっと大変だった可能性もあります。
問題が発覚したときに大事なことはそのままにしないこと、後回しにしないことです。
今じゃないと対処が難しいからこそ、それが起きている可能性もあるからです。

物が壊れること・体調を崩すことは不運なのか幸運なのか

物が壊れたときに気をつけること

物が壊れたときや調子が悪いときはその後に起きることが大事になります。
壊れたことはショックだと思いますし、体調が悪いと何かと大変です。
でも、とりあえず壊れた物はさっさと片付け、体調については早く直す。
一段落してから現状をチェックします。
前よりも大変になっている場合はやるべき事をやっていなかった可能性があります。
前よりも楽になっている場合は休息のために必要だったのかも知れません。

持っているものが壊れたとき、その「壊れる」という意味が大切になるとき

物が壊れるのは運が良い?それとも不運のシグナル?

ページ上部へ戻る