疲れている時は運が悪くなりやすい

疲れているときは運の良し悪しに強烈に作用します。

疲れている場合、もともと運が良くても、吉方位旅行をしていても難しいです。

判断が急激に鈍るだけでなく、その方の持つ雰囲気が悪い方に傾きやすいため気をつける必要があります。

「疲れるのは当たり前」が余計に運を悪くする

特にがんばってる人ほど疲労回復は最優先です。

運の良し悪しは判断の良し悪しでもあります。

忙しくてがんばってる人は決断の頻度が多くなりますが、その判断の積み重ねで未来が大きく変わります。

疲れてると判断が鈍るようになります。

疲れても判断は鈍らないという人はいません。

疲れていることを自覚し対処することが運を回復させてくれる

仕事をしている人・していない人関係なくです。

私は学生だから関係ないとか、仕事をしていないから関係ないなどはなく、判断基準は疲れることをしているかどうかです。

疲れているとその人の持っている雰囲気も悪くなります。

その結果少しずつ普段とは違う人間関係が生まれ始めます。

運は人が運んでくれる部分も大きい

周りの人がせっかく良い運を持ってきてくれていても「あ、この人には近づかないでおこう」と思われてしまいます。

運を良くしたいと思って吉方位旅行などを企画している人が疲れていると感じたら、可能な限り疲れを和らげることを考えてください。

吉方位旅行に一人で行くのであれば、また、日ごろから疲れているのであれば、旅行先でずっと寝ていても良いです。

備え付けのお風呂にゆっくり入り、そして寝る。

吉方位旅行は行くだけ良い

疲れはそれだけ怖いものでもあります。

吉方位旅行をしなくても、十分に休養をとる、健康であるために運動をすることが出来れば良い状態を維持できます。

運気が落ちていく人は精神的に焦っていたり、不安感が強くなりすぎてしまったり、自分で自分を縛り付けていることが多いです。

それを避けるだけでも、流れは良くなっていきます。

一緒に読んでみてください:「健康運が大切なのでは無く健康であることが大事、全ての運は現実の健康から始まる。ただし」

【関連するまとめリンク】
「不運・不幸を呼ぶシグナルの受け止め方まとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧