良い占い師さんとの出会い方、自分に合う占い師さんとは

今日の気づき

年末の足音が聞こえていますが、この機会を使って占い師に相談される方もいます。

新年はまだ良いですが、1月に入ると次年度の動きも出てきて、進学・就職・転勤など人生の節目が見えてきます。

その辺の予定で何か気になる事が出始めてくるのも、ちょうど今ぐらいからです。

何かが気になった時に占い師に相談される方の実数は、それほどでもないのではと思っています。

占いは所詮占い程度という認識もあるでしょうし、開運グッズのように何が良くて悪いのかが分かりにくいことから、関わらないようにする人も多いです。

料金の問題もあります。

数千円程度であれば思いつきで相談されることもあると思いますが、金額が上がれば思いつきでは無く、ガチで気持ちを入れていく感じになります。

結果的に私の所に相談されるケースは精神的にしんどくなっている人に限られてきます。

私に相談される方は情報を集めている中でブログなりに出会うことが多いです

ツイッターもやっているのですが、ツイッターからのお申込みはほぼお断りしています(最近つぶやく余裕がないので放置気味ですが↓この漫画、泣けます♪)。

ツイッターなどのSNSは気軽に繋がれるメリットがあるため、良さそうと感じられたら気軽に連絡を取ることが出来ます。

ところが、私自身が「気軽な感じなら他の人で良いのでは?」とお話しています。

よくお話するのですが、方位鑑定でも吉方位が知りたいだけなら、本屋にいくらでも情報が出ているのでその辺をご覧くださいって言ってます(リピーターさんは別だけど)。

お金も安く済みますし、必要な情報も手に入ります。

方位鑑定の吉凶は、本と鑑定の情報とのズレが出るケースが少ないためです。

私に相談される意味と価値を、相談されている方に提供出来るかどうかでご相談をお受けしています

理屈っぽい変人占い師みたいなものです。

私が提供したい価値を提供出来そうにない方であれば、お互いに良い感じにならないことが想定されます。

占いはそれぐらいその場の空気や共有感が影響をしてくる一面があります。

結果的にSNSで直接となるとうまくいかないので、SNSではご相談を受けることが無くなりました。

私の技量の問題もあるかもですが、結局、同じ事を繰り返すことが多いので、これは根っこにズレがあるのだと思います。

当たる占い師さんに相談したいと思うと思います。

占いが当たる確率を高めるこつがあります。

それが相性の良い占い師さんに相談することです。

相性の良いとは占い師さんの言葉を聞き入れることが出来る、反論しない、拒否しないです。

これは双方の問題で、相談者側だけの話ではありません。

占い師側も相談者の言葉を聞き入れ、拒否しない人が良いです。

占い師と相談者という立場の違いはありますが、相乗効果でなにがしかの答えが生み出されてきます。

双方がお互いを受け入れるような感じが良いですが、さすがにそこまでの占い師さんを見つけるのは大変です。

そこで、少なくとも相談者側にとって「この占い師さんの言葉なら受け入れられる」という感覚が大事になります。

これが自分に合った占い師さんの探し方なのですが、もう一つ大きな目安があります。

それは占いの知識や経験が多少なりともある場合は、それを十分に理解して相談出来る占い師さんを探すやり方です。

方位鑑定ではよくある話で、知識は無いけどたまたまネットで調べたら不安になって大丈夫だろうかと相談される人がいます。

こういう人は方位鑑定が出来る占い師さんで、相談してみたいと思われる人に相談して大丈夫です。

なにがしかの基準を意識しながら普段から方位を気にしている人は簡単ではありません

方位鑑定には様々な基準があります。

私もそうですが、占い師として自分の扱う分野以外の知識も多少はあります。

でも、メインでは使っていません。

結果として、「その占い師が使う基準を押しつけられる」という現象が生まれます。

占いの事を知らない人であれば関係ないことが、占いの事を知って活用している人にとっては重大事になります。

基準が違えば結果が違ってきます。

これまで良いと思っていた事が全否定される可能性も出てきます。

正直、ものすごくリスクの大きいお話です。

占いの知識を持つことも、それを活用する事も良いと思うのです。

でも、占いの世界に踏み込んだことによって、難しくなる一面が出てくるようになります。

こういうリスクがあることが分かっているので、私は特に方位鑑定のご相談については注意を払っています。

ただ、ほとんどの占い師さんは相談すれば受けてくれる

ほとんどの占い師さんは自分の方位鑑定の基準が確かだと思っています。

私も同じように思っています。

でも、それとこれとは話が違います。

結果の押しつけはうまく行けば良いですが、否定にも繋がるためリスクが大きいのはお伝えしたとおりです。

占い師側は相談されれば受けてしまうとなれば、相談される方がこのリスクを理解し備えないと、全否定される可能性を受けきれなくなります。

こういう仕組みがあることを知っておくだけでも占いの受け方が変わってきます。

なお、方位鑑定の場合は違いが出やすいのですが、他の占いの場合でも同じジャンルであれば結果に違いは出てくるものです。

タロットならタロット、西洋占星術なら西洋占星術、風水なら風水と流派や系統があり、基準や解釈も異なります。

現実が変わるわけでは無いのに、解釈が変化することで占いの結果は変わっていきます。

その結果、占術を指定する占いの受け方は、基準が変わると結果が変わるという現象を作り出します

このリスクを回避するために、私は占術の指定を受けて占うことは一切ありません。

昔はそういう依頼もあったのですが、今はありません。

私が占いを扱う理由は「どうしたら良いかを知るため」であって、「〇〇〇占いでどう出ているかを知るため」ではないからです。

ぶっちゃけ占いの結果はどんな風に出ても良いのです。

大事なことは相談されていることに対して、如何に良い形で占いの結果をすり合わせていけるかです。

必要なのは占いの方法では無く、相談されていることに対して道筋を具体的に示すことが出来る手法です。

こういうことをあちこちで言うため、〇〇〇占いで占ってくださいという人は来なくなりました(笑)。

〇〇〇占いを希望したいという人はそれでも良いのです。

お話したように、同じ占いでも占い師によって違いがあるため、何を知りたいのかで振り回される可能性も出てきます。

占いを勉強している人が占いを指定するのは有りだと思いますが、普通の人にとってメリットはありません。

逆に振り回されて不安になるだけです。

昔に比べて占い師を簡単に探せるようになったことから、占いに振り回される人も増えてきた気がします

自分に合った占い師さんの探し方や見つけ方を知っているだけで違いが出てきます。

また、自分が占いを知りたいのか、自分の悩みの答えを知りたいのかで受け方が変わることもお話してきました。

こういった事もあるんだなという知識として知っているだけで、いざというときに違ってきます。

私自身、占いは有効に活用出来ると思っているので、出来れば良い形で使って頂けたらと思っています。

さて、今日もブログを書くことが出来ましたので、31日大晦日の運勢も見ておきます。

誰もが目安に出来る明日の運勢

大晦日31日は運勢的に良い日和になりそうです。

ただし、早朝は少し注意が必要で諸事行き詰まりやすくなります。

でも、お昼に向かって行く毎に安定していきますので、年末最後の日にやれることは全部やっておくと良いです。

明日も良い一日でありますように。



関連記事一覧