運もタイミングも求めることから始まる

運を意識している人、タイミングを意識している人でチャンスをつかめる人が必ずやっていること

運もタイミングも、まずは「手に入れたい」と自分から求めていくことが肝心、それが今回のテーマです。
占い師の内田さんが重視していうことの一つに、あなたは攻めたいのか、それとも待ちたいのかということです。

待ちたい人は、今の現状が望んだ結果です。
その現状が、あなたの望んだ現状で無い場合は、あなたにとって「待つ」ということは間違っているということです。

占いに限りませんが、自分がやっていることと求めている事が一致しているかどうかの判断基準は「結果」です。
望んでいる結果になる、その過程はどうでも良くて、運が悪かろうがタイミングが悪かろうが関係無いです。

望んでいること自体が間違っていることだってあります


とにかく「結果と現実」がどの程度一致しているかを知る事は重要ですが、これは簡単なことなので今この瞬間で出来ることです。
望んでいる結果になっていないなら、現実の何かがずれています。

あるいは望んでいること自体がずれているのかもしれません。
でもすべての始まりは「求めて一歩を踏み出してこそ」です。

なかなか会えないからタイミングが合わないのかなとか、運が無いのかなという前に、とことん関わりを増やすことです。
思うことに対して意識を向け、行動に移すことで運命が動き出します。

タイミングが合わないのは、運が無いとか相性が悪いとかの前に、いわゆる「調整期間」に入っているだけかもしれないです。
恋愛でも、好きになった人に恋人がいるのは当たり前です。

自分が良いと思った人を他の人が良いと思わないわけが無いです。
だからこそ、この人とのタイミングを合わせるために、想いを伝えて待つわけです。

それだけの価値があると思うならです。

運をつかむことが出来る人は、自分にとっての本物を理解しているので待つことが出来ます

でも、想いを伝えないで待つ人もたくさんいます。
それでは運はつかめないですし、タイミングはいつまで経っても合いません。

始めないと、運命には届かないです。
始めないと、目の前の結果が自分の望んでいることになります。

すべては「始める」ことから始まります。
運が無い、タイミングが合わないというのは、結果が出てから考えれば良いことです。


初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧メール方位鑑定10000円リピーターのお客様

電話占いウィルの詳細はこちら

九星気学トップページに移動




過去のお話を月別にチェックできます

ページ上部へ戻る