運を上げたあと、どうやって運をつかんでますか?

占い師が重視するのは運を上げることよりも、運をつかめるかどうかです

本題に入る前にお知らせです。
本日お昼頃からブログタイトルの上の方に「新しいプラン」のお知らせを入れておきました。

8月22日から受け付け開始になります。
ご新規さん用のプランになりますので、ご活用頂ければと思います。
リピーターのお客さんには何か無いの?って感じですが、リピーターのお客さんはめっちゃ優遇してますからご勘弁を(笑)

では本題♪
占いが得意とするご相談はいろいろとありますが、その中の一つに運気アップがあります。

実は運気アップと「運をつかむ」は難易度が全然違います


運気アップは、たとえば吉方位旅行に行けば良いです。
家相で運気を上げても良いし、開運グッズで運気を上げても良いです。

運気を上げる手段はいろいろとあるのですが、「運をつかむ」というのはめちゃめちゃ難しいです。
ここで相談者と私の意識にズレが出てきます。

相談者はとにかく運気を上げれば何とかなるって思っているところがあります。

私は運気を上げるのは良いけど、準備が整ってないと効果は薄いと思っています

実際、「待ち」の人は山ほどいて、運気を上げればどうにかなると勘違いしすぎです。
運気を上げれば何かが変わる、それはそれまでに何かを準備している場合が一番顕著です。

やることをやって種まきをしている場合です。
しかし、それでも運をつかめるかどうかは別の話です。

「運をつかむ」ということは、何かを選択するということです。
選択には行動もついてきます。

その人が望んでいる事に対して出来る事はすべてやる


その結果として「あ、これはつかんでおかないとダメなんだな」ということに気がつける可能性が高まります。
しかし、それでもダメなときはダメ。

占いで重視するのは「選択をする時に、何を大切にしないといけないか」ってことです。
これが運をつかむための目安になります。

「やりたいかやりたくないか」という感覚の話ではありません。
望む望まないに関わらず、「これは必要」ということがあります。

その目安を占っていく感じです

これはかなり大事な事で、人はついつい感覚で判断します。
何かいやだな~とか、これは避けたいな~とか。

その感覚が大事なこともあれば、それで運を逃してしまうこともあります。
今の感覚が自分にとって運を呼ぶのか遠ざけるのかを知るために占いを使う感じです。

運を上げることは大事。
でも、何かを思って運を上げようとしているのであれば、運をつかむための「目安」も必要になります。

そこを明らかにするのも占いで、そっちの方が難しいです。

【今年一年をどう過ごしたら良い?今年を最高にいい年にするポイント占い<期間限定>】
詳細はこちら

【厄除け・サポート・運気の停滞を払うキーホルダーのお守り】
この度、新しい開運グッズとしてお守りを作りました。私自身が使ってみて、うん、これは良いねってなったので販売を開始致します。詳細はこちら

【1月は名古屋、2月は仙台でお会い出来ます】
1月28日(日)~30日(火)は名古屋、2月18日(日)~20日(火)は仙台に行く予定にしました。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)





オススメ無料占い初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧


【新しいブログを作成しました】
いま、このブログは頻繁に更新しています。古いお話を今の時代に合わせて全て修正をしているところです。内容のほとんどは変えているので、前に見たことがあっても「今」の流れに直しました。修正作業が中心になっているため、新しいお話を書く場所が無くなってしまったことから、新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所がなくなっちゃったので、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」



九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 ツイッターはこちら

関連記事




過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る