運勢の変わり目は意外と分かりやすい

運勢は意識すれば気づきやすく、気づけば動ける可能性も高まります。

良い流れになる運勢なのか、そうじゃないのかは状況によりますが、「運勢が変わる部分」は意識することで変化が目に見えてきます。

一番分かりやすいのが人間関係の変化です。

吉方位や凶方位を意識していなくても分かるぐらい、目に見えやすいです。

運の良い方に運勢が選択されると、その人にとって必要な人間関係に変わっていきますし、その逆はそうじゃない人間関係に変わります。

ここでいう「必要な人間関係」がくせ者です。

人は「自分の考え方や感じ方は正しい」と思う傾向にあります(私もそうです♪(笑))。

それも人生の選択なのですが、「総合的に整理してやっぱりこれ」と思うのか、「私が思うんだから間違いない」と思うのかで大分違います。

変わらないモノが変わり始めたときがシグナル

調子が良いときに「間違いない」は良いのですが、そうじゃないときもあるので、バランス感覚が大事になります。

人間関係は変化の時(節目の時)以外はそんなに大きく変わらないです。

もちろん本人が意識して行動をしているならば別ですが、そうじゃない日常のお話です。

運勢が変わり始めると、意識も変わり始め、その結果、人付き合いにも変化が出始めるため、人間関係が変わり始めます。

大抵は無意識に変わっていきます。

このため縁遠くなる人がいたり、これまで仲が良かった人と仲が悪くなったり、その逆になったりです。

変化を感じ始めると、良い運をつかむ流れか違うのかが見えてきます

良い人と付き合おうとしているのか、悪い人と付き合おうとしているのかという意味じゃないです。

人間関係が変わることで変化をする自分自身のことです。

人間関係が変わると、起こる出来事まで変わります。

起こる出来事が良い方向に向かうのが、良い方向に運勢が傾いている状態です。

結果として、その人間関係の変化は自分にとって良かったということですし、その変化を引き起こしたきっかけは自分に合っているということでもあります。

変化が目に見え始めたら既に大きな変化が始まっている

こういうことは後になって分かる話で、今起きる事は「なんで?」とは思いつつも、流れに任せてしまうことが多いです。

出来れば「これは節目にきてるのかも」ってアンテナを張った方が良いです。

そうすると、運勢が下がる選択をした場合に対処がしやすいです。

人間関係が変わり始め、それが自分にとってきつい方向に引っ張る流れであった場合、その元凶まで遡ってやり直せる可能性があります(いつもうまくいくわけではないですが)。

意識して流れを見ていると気づきやすくなります。

そして、気づくことで対処もしやすくなるため、泥沼にはまる前に抜け出せるかもしれません。

人付き合いの変化に意識をむけておくと、これからの変化が予測しやすくなるかもです。

【一緒に読んでみてください】

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧