運勢・運気が良いはずなのに良いことが無い理由

運勢・運気は良いのに悪い気がするのには理由があります。

運勢・運気が良いはずと知っている場合、何かで占いを受けていると思います。

どこまで鑑定を受けたかですが、運勢・運気が良いこと以外に、今現在がどうなのかを占う必要があります。

今現在の状況、現実、想い、願い、行動などのことです。

日々の生き方で運勢・運気の善し悪しにも影響してきます。

運勢・運気が良いはずなのに良い感じがしない場合、「こうしたい」と想っている事と現実がずれていたり、現実に見合っていないことがあります。

自分はこうしたいと思うことが、もしかすると合っていない可能性もあります。

バランスが崩れていると良い感じになりにくい

運勢や運気が良くても、何かに偏っているとなかなか良い感じになりにくいです。

この時にどういう風に方向修正をするかです。

運勢や運気が良いと分かっている場合、何にポイントを絞ったら良いかをチェックしてみるのも一つです。

運勢・運気が良いといっても、全てに良いとは限らないです。

今、自分に必要なポイントは何かを確認することで、どうしたら良いかを整理します。

占い師に言われた言葉を思い出すのでも良いです。

占い師が現状も踏まえて占ってくれていれば、問題が出やすいポイントなどを絞ってくれているかもしれません。

修正するのは大変ですが、少し肩の力を抜いて、周りを見回してみるのも一つです。

運勢や運気の影響は、ある程度の期間続く

今悪いからと言って急激によくなるケースはまれです。

良くなるにしろ、悪くなるにしろ、相応の時間が掛かるので、ここで焦るとしんどくなります。

今の状況を変えるために修正をするにしても、すぐにどうにかしようとすると辛くなります。

やるだけのことをやり、後は目の前の事に専念します。

自分に合った修正であれば、数ヶ月後には大分変わってきています。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧