運は下がったまま、上がったままになることもある

運は下がったままになることもあれば、上がったままになることもあると言われて「そうですよね」って理解できる人は大丈夫な人です。

運と運気と運勢を私の中では使い分けています。

全部一緒にしても良いのだけど、違いを付けておくと理解がしやすい

全部一緒にしても良いのだけど、違いを付けておくと理解がしやすい

運とは人が持っているもので、様々な要素が絡んでいます。

運が良かった・運が悪かったというのもこの範囲です。

人から運を分けてもらうというのもやはり同じ。

運をよくするという意味合いで人に尽くすというのも同様です。

一方で運気とは「そこに存在する見えない追い風向かい風」という感じです。

運気はすべてに宿るのではないかと判断しています。

たとえば、吉方位旅行は吉の運気を取り入れるものです。

凶方位の引っ越しというのは、凶の運気を取り入れてしまうものです。

その方位に自分にあった吉の運気、自分に合わない凶の運気があるというものです。

これは家相・風水でも取り扱うジャンルで、吉の運気がある場所、凶の運気がある場所、それらがまじりあって一つの家を形成していると考えます。

これは人も持っています。

運気とは気質とも言える。吉運には吉運を持つ気質が集まり、凶運は凶運を持つ気質が集まる

あの人と一緒にいると気分が良いんだよね、一緒にいると辛いんだよねと。

でも、気分が良いから吉の運気とは限りませんし、つらいからと言って凶の運気なわけでもありません。

人は自分と同質の運気を好む傾向にあるためです。

まあ、要するにダメ男なのに一緒にいるとホッとできるっていうのはこの話の典型です。

方位の持つ吉方位や凶方位は、人によっては凶方位なのに別の人にとっては吉方位になることもあります。

誰にとっても負担の掛かる凶方位もあります。

自分にとって楽な場所や人が必ずしも自分にとって良いとは限らないのは、その感覚が調子によって左右されるためです。

良さそうだと思った結果凶方位を選んでいる事もあります。




自分の感覚を当てにしていると盲目的になって危うい

人の感覚は当てにならない時があります。

いつも感覚で判断しているんですっていう人が「最近どうもうまくいかなくて」という相談がよくあります。

人の感覚はとても鋭いと思うのですが、その感覚の根拠が無い人は自然とダメな選択をしていても気がつけません。

だからこそ「気分が良い」というだけで吉の運気には鳴らず、悪いからといって凶の運気にはなりません。

この判断をするために占いを使うわけです。

運勢もすべてに宿ると判断します。

運勢は外(環境)の運気と自分の運気の「自然の流れ」の浮き沈みを表しています。

運勢は自分にとって追い風になるときと向かい風になるときを教えてくれます。

運と運勢については良い悪いはありません。

自分の受け止め方で吉にも凶にも扱いが変わるのが運勢

自分の受け止め方で吉にも凶にも扱いが変わるのが運勢

幸運や不運という区別が基本的にはないのと同じで、その受け止め方・受け流し方次第で姿を変えます。
後で読んでみてください:「トラブルが起きるから運が悪いわけじゃ無い」

私の理解が間違っている部分もあると思いますが、経験上、こんな感じに分類されます。

厄介なのは「運気の取り扱い」です。

運気は自分の持っているもの、周りから影響を受けるもの、自分から取っていく運気などに分かれます。

この「自分から取っていく=自分で選択をする」運気がやばいです。

もともと、運気は上がったり下がったりするもので、自分から取っていく運気も時の流れに合わせて吉運を好んでとったり、凶運を好んでとったりします。

凶方位を好む好まざる関係なく連続して取る場合はこういう状態です。

もちろん、吉方位を連続して取る人もいます。

頑張っている人は偏りや想い込みが無い限り、判断基準をいくつも持っているので、比較的運気のバランスが取れています

一つの傾向として「自分の意志で物事を決定している人」については、自分でとる運気についても良すぎず悪すぎずという感じで微妙なバランスをとっています。

これは自分で意識して吉方位などをとらない、何も知らない状態の話です。

こういう状況からみて、自然に運気が下がったら上がるように、また逆に上がったら下がるような行動をしていることがわかります。

相談される方の多くはこんな感じなので運が下がりっぱなしというのはあまりないです。

まれに大凶方位に行かれた方が、そのまま続けてどんどん大凶方位に行かれることがあります。
後で読んでみてください:「凶方位に呼ばれる時に必要なこと」

吉方位に行った人が続けて無意識に吉方位に行くことはまれなのですが、大凶方位に行かれた方が続けて大凶方位に行くことは起こりえます。

大凶の影響により下がった運気は、その人のその時の状況によってはそのまま下がった状態になります。

この影響は運勢だったり、その人の生き方だったりです。




運気が下がっているだけで続けて大凶方位を取るのでは無く、大凶方位の影響を後押しするように選択・決断してしまうことで下がり続ける

運勢的に向かい風になるときに大凶方位をとっていると、ひたすら下がるほうに向かっていきます。

本来、方位の影響は引っ越しですら何十年も続きません。

時間の流れが速い現代では、移動の回数も多くなり、距離も遠くなっているため、どんどん方位の影響する期間が短く、しかも様々な方位の影響が混ざり合っています。

それなのに「運気が下がるほうを選んでしまう」ということがあります。

自分でとる運気の一つとして方位の影響があるのですが、これはもう明確に「自分で選んでいる」わけです。

どうして自分はこんな状況になっているのだろうと思っても、運気が下がる選択をし続ければ、自然とそうなる要素を増やしていることになります。

この流れを変えるためには「吉方位をとる」ということよりも「自分を知る」ということを優先します。
後で読んでみて:「好きな事をやろう!やりたいことをやろう!よりも大切な事」

自分自身を知ることで自分にとって「良い状態」を作り出すことが出来ます。

自分の事は自分が一番よく知っているものですが、占いで出てくる自分とはまた違う場合もあります

自分の事は自分が一番よく知っているものですが、占いで出てくる自分とはまた違う場合もあります

もともと外でアクティブに活動しているのが良い人が、いつの間にか毎日家にいてじっとしているとなれば、調子が悪くなるのは当たり前です。

でも、本人はそこに気がついていないですし、それが普通だと感じています。

知らない間に自分自身にストレスを掛けることによって、自然と運気が下がるような選択をしています。

その結果、運気は下がったままになり、連動する運も下がりっぱなしです。

それでうまくいくように感じるほうが難しいです。

もちろん、運勢などは本人の意思とは関係なく上下していますので、運勢の上下に合わせて自然と運気も良くなることがあります。

いわゆる開運期ってやつです。

ところが、開運期なのに物事が思うように進まないのは、それを無意識にブロックしている自分自身がいます。

本当はいい流れにあるはずなのに、自分に合わない選択をしていたり、苦しくてつらいのに「ほかに選択できないから」と我慢したりしていると、こういう状況を引き起こします。

自分の運勢を無視してでも自分の想い通りしてしまう力が人にはある

人の意志というのは強烈で、自分の運勢や運気の流れすら良いのに悪くしたり、悪いのに良くしたりしてしまいます。

自然の流れで上下する運勢や運気があるのに、その流れに逆らうことで今よりももっとつらくなる。

この原因は「選択」にあります。

「これしかできない」「これ以外は無理」という感じで、今の自分に縛られてしまうことで理不尽なまでに現状を我慢するケースです。

この流れから抜け出るには、本人の力と決断力しかないです。

ただ、本人はなんとか自然と変わって欲しい、自分の決断以外で変わって欲しいと思っているから厄介です。

本人が決断する以外で抜け出たように見えても、また舞い戻ってしまいます。

運勢や運気の追い風に乗ればよいですよって言っても通じません。

だからこそ、運は下がったままになります。




自分の現状を変える、自分の人生を変えるには覚悟が必要で、自分で覚悟が出来る範囲ならまだ幸せです

この流れを変えるために「自分を知り」、そして、そろそろ自分のために選択をしたほうが良いということに気が付くことです。

遅かれ早かれ何かがあれば破綻するような現状です。

たまたま今はまだ破綻していないだけ。

破綻しないために覚悟が必要なこともあり、取るしかない選択もあるということです。

何とかなるだろう、いつか変わるだろうと思っていて、行き着くところまでいってしまい「覚悟するしかない」という状況は辛いです。

そうならないように最初のきっかけとして、これしかないという選択を見直し新しい選択を模索します。

運気が下がったままになるというのは、自分で下げたままにしている可能性が高いわけです。

その力を緩めつつ、運気を上げていくアクションを起こすと流れが変わりやすくなります。







オススメ無料占い初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧


【新しいブログを作成しました】
いま、このブログは頻繁に更新しています。古いお話を今の時代に合わせて全て修正をしているところです。内容のほとんどは変えているので、前に見たことがあっても「今」の流れに直しました。修正作業が中心になっているため、新しいお話を書く場所が無くなってしまったことから、新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所がなくなっちゃったので、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」



九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 ツイッターはこちら

関連記事




過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る