運気アップの4つの手法

運気アップには大きく分けて4つの系統があるかと思います。

動くことによって運気を上げる、留まることによって運気を上げる、何かを持つ事によって運気を上げる、自分の内側から運気をあげるなどです。

これには時の流れによる運気の上下は含んでいません。

時の流れによる運気の上下は、コントロール出来ないからです。

良いときは良い形に、悪い時はそれなりになるように合わせて行くぐらいしか出来ないです。

動くことによって運気を上げるというのはまさに吉方位旅行(参考:「吉方位旅行とは」)などもそうですし、時間を絞る手法でいくなら奇門遁甲(きもんとんこう)などを使うのも有効です。

余談になりますが、方位関連の占術では気学・奇門遁甲・風水が主要どころです。

私は今ではどれも扱いますが、適用範囲・影響の範囲に違いがあると見ています。

気学は大きな移動に、奇門遁甲は運気の流れに、風水は時の流れに、それぞれ軸を持っています。

一番汎用性が高いと思うのが気学や方位学で、奇門遁甲や風水は特定の状況に絞ったとき大きな効力を発揮します。

どれが一番良いかは無く適材適所です。

本題に戻りますが、留まる事によって運気を上げるのを得意とするのが風水です。

パワースポットなどはこれに関連してきます。

私が鑑定に使うのは家相の部分で、家の運気を読み取り、全体のバランスを整えながら、良い場所を活用していくことで運気を上げていきます。

場所の活用は知らない間に調子を整えてくれるので便利です。

「何かを持つ」というのは、パワーストーンなどの開運グッズのことです。

私自身が愛用するのは厄除けキーホルダーですが、その人をフォローしてくれるパワーストーンなどは良いと思います。

さざれ水晶などは使いやすいです。

こちらも風水に似て、持っているだけで良いものです。

何が良いかというよりは、気になるもので良いと思います。

最後に自分の内側から運気を上げるですが、これは自分らしく生きることです。

この自分らしくというのが難しいのが実情です。

調子が良いときは自然と自分らしく物事を意識し、選択しているのですが、調子がおかしくなると良かれと思った選択が足を引っ張ったりします。

この辺は人によって得手不得手もあり、目安が無くても自然と軸を定めることが出来る人もいます。

こういう人はその時々の影響に左右されにくく、自分に必要な選択を選び出す力を持っています。

そうで無い人にとっては目安があった方が迷いや不安を少なく出来ます。

自分らしく生きるとは、自分の調子の良い状態を維持することに繋がります。

結果として調子が良いので、物事が停滞しにくく、収まるところに収まっていく確率を高めることが出来ます。

動きのある運気アップ、動きの無い運気アップ、身につける事で調子を整える運気アップ、自分自身でバランスを取る運気アップ、どれも一発逆転はありません。

運気を上げることに意識を向けつつ、日々の必要な事をこなしていく感じです。

運命を急激に変化させるには節目のタイミングを活用すると良いですが、急激な変化は衝撃も大きくしんどいです。

でも、日頃から運気の高止まりが出来るようにしておけば、少々の事ではぐらつきにくくなります。

かといって毎日運気アップをした方が良いという話じゃ無いです。

運気アップは必要な事だけやっておいて、後は現実優先です。

見えない部分(運気アップ)も見える部分(現実)もやることをやって、後は天に任せるだけです。

出来ることを片付けていくだけでも人生は随分と変わっていきます。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧