開運商法、開運グッズ・・・なぜ不安をあおる?

占いの世界

開運商法や開運グッズ販売は定期的にトラブルとして取り上げられます。

「国民生活センター」の要注意警報です⇒「開運ブレスレットや数珠の購入をきっかけに、“除霊のため”“運気を上昇させるため”と、次々に開運商品を売りつける手口に要注意!

2018年の事例⇒「手相占いをした後に取り囲んで高額なネックレスを販売する事業者

開運グッズは扱いが難しく、効果のあるなしも含め、確かなものを手に入れるというのは難易度が高いです。

ここでいう確かなものというのは「それを手にする人にとって」という意味です。

私自身が開運グッズを選ぶ基準

・自分自身で細かくいろいろと調べ、知人を経由するか、実際にお店などに足を運び実物をちゃんと確認する。

・開運グッズというものに期待しすぎず、でもないがしろにしない。

・買うときには覚悟を決める。自分を信じる。

開運グッズはいろいろあります。

ぱっと思いつくだけでも、財布、絵、壷、水晶などの宝石類、アクセサリー類など多岐にわたります。

お手軽なものも多いです。

開運グッズは運気の補助的なもの

占い師が扱う水晶やグッズは値段もしますし、どれが良いかも分かりにくいです。

値段が高い、だから品質が確かという意味ではなく、占い師は自分の必要としているものが分かりますし、選ぶ力も持っています。

私のところに相談される方にも、まれに何か無いでしょうか?と聞かれることがあります。

私は鑑定の中で必要ないものを勧めることはありません。

開運グッズは、その人にとって必要とするものを手に入れることであり、人から勧められて手に入れる物ではないからです。

占いでトラブルが起きやすいのは「冷静になったとき」

「効果が無ければ返金保証」という言葉もトラブルの原因となっています。

いろんな理由をつけて返金に応じず、さらにグッズを買わせるように不安をあおるようです。

「たたられる」とか「事故死」するなど言われるとなれば、とんでもない話です。

避ける方法についても、上記の国民生活センターのサイトには書いてありました。

要するに人に相談するってことですし、理にかなってます。

私が占いのアドバイスをするときにも同じような話が出てきますが、嫌なことはどんどん人に話して解決の糸口を探します。

それが、警察に相談したり、消費者センターに相談したり、というところに繋がっていきます。

もし私が開運グッズを買うなら

まず、絶対に雑誌などでは買いません。

インターネットでも知らない人からは買いません。

必ず人を通します。

今は東京に住んでいますが、たとえ近くにそういったお店が無いような場所に住んでいたとしても、知っている人からじゃないと怖いです。

知っている人がいないなら、それは買うタイミングではないです。

開運グッズを買うのは、占いを受けるタイミングに似ています

私が開運グッズを欲しいと思ったときに、それを買うことの出来る環境にあるかどうかです。

買うことの出来る環境とは、売っている人を知っていて、しかも、自分も信頼している状況です。

こういう形になるまで待つことがとても大切だと思います。

開運グッズは、いつでもどこでも買えるものではなく、私とその商品との「縁」というものが出来てこそ、そこで初めて何かに繋がります。

開運グッズだからこそじっくりと選ぶ、その上で購入するということは大切です。

知り合いが売っていたからと言って、必ず買うわけではありません

必要と感じるかどうかが大事ですし、知り合いの助力やアドバイスも必要です。

不安をあおって購入を迫るケースはありがちです。

開運グッズを買いたいと思う時は、多くのケースで心が弱っていて、何かに頼りたい時です。

そこに販売者がつけこんで新たに買わせるケースがあります。

あなたが欲しいと思っていないものを買う、これは開運には繋がりません

それはあなた自身も分かってることです。

まず、安易に開運グッズは買わないことですし、買おうと思っていないのに買わないことです。

無理矢理自分を納得させて買ってしまい後悔したときは、警察署(交番ではない)や消費者センターなどに相談に行くようにしてください。

人に相談できないと泥沼にはまる状態になるからです。

ネット通販などでは、お金さえ払ってなければ、泥沼になることは少ないでしょう

私は占いをしていますが、ネットを使って仕事もしてます。

ですから、ネットで起きるトラブルということも、多少は知っております。

そういう中で、一番のポイントとしてくるのが、お金を容易に払わないことです。

特に、この開運グッズなどについて、私がネット通販などで一切買わないのは、何が届くか分からないからです。

ネット通販は便利なシステムです。

それを分かった上でのお話なのですが、気をつけるに越したことは無いです。

タイトルとURLをコピーしました