占いを無視しても良い?

占いは可能性を見つけてくれます。

一方で相談者の可能性を打ち消す占いは無視が良いです。

占いは劇薬だと思ってます。

気軽に占いを受けていると思っていても、その内容には相当影響を受けてます。

占いは良いことしか信じない人でも、実際には聞いた占いに左右されているところがあります。

いろいろな占い師がいる

何かのきっかけで出会える占い師があなたに合っているかどうかは運命です。(合っているかどうかはすぐには分からないです)

その占い師が良くても悪くても、今の出会いが何かのタイミングになっている可能性もあります。

占い師と出会う中で、決めつけ型や否定型、押しつけ型の占い師に出会うと、きついときがありますが、決めつけ型や否定型、押しつけ型の占い師が一概に悪いわけじゃないです。

いろんな占い師がいるのと同じように、相談される方もいろんな人がいます。

優柔不断で全く決められない、何とかしたいと思っても前に進めない、同じところをぐるぐるまわっている、そういう人にとって背中を突き飛ばすような占い師が役に立つこともあります。

占いには未来があることが大事

どんな占いの結果だったとしても、どうしたら良いかを教えてくれるかどうかです。

「逃げ場がなくなるような占い」には気をつけた方が良いです。

苦しくなるような占いの結果なら、他の占い師にも相談した方が良いです。(気にしないでいられるなら、そのまま占いから離れた方が良いです)

占いの世界を普通の人は知らないです。

方位鑑定で凶方位に引っ越しをすると不幸になると鑑定します。(私は不幸になるって言うことはありません。そんなの分からないことです)

だから、鑑定結果は凶方位に引っ越したらダメ、吉方位に引っ越しなさいとなります。

しかも、凶方位に引っ越してしまった後のご相談の場合、すぐに吉方位に引っ越しなさいって言う占い師もいます。

特に方位鑑定のみの占い師に多いです。

実際には方位鑑定だけでも、「現状の先に繋がる未来を鑑定する」のが占い師の役割のはずです。

このほか運勢のお話でもよくありますが、「今結婚したら離婚する!」とかっていう占い師がいます。

占いでベストを目指すよりも落としどころを探す

現状から如何にして可能性を引き出すかが占いであって、ベストの状態じゃ無いと意味が無いのは占いじゃないです。

これから結婚をしようとしてるのに、将来離婚すると言われても困ります。

占い師は「今は運勢が微妙だから結婚のような大きな事はしない方が良いけど、もししたらどうしたら良いか」を占うのが仕事のはずです。

常に「今の先をどうするか」です。

だから、だめだだめだという占い師だとしんどくなるので、他の占い師にも相談した方が良いとなります。

もちろん、占い師から見てもきつい選択をされる方や、そういう状況になるだろうと想定されることもあります。

こういう時こそ選択肢が力になる

ベストはこうだけど、難しいときはこういう選択もあるよという感じです。(悪いながらの落としどころです。悪いものが良くなるわけではありません)

ちゃんとした占い師なら、ベストとワーストを教えてくれます。

やっていることは「占い」ですから、まだ、未来は確定していないです。

確定していない未来を変な鑑定で確定してしまうのは勿体ないです。

だから、絶対にダメっていう占いがあるならば、その先に可能性を引き出す事の出来る占いもあるということです。

苦しい占いもあれば、違う占いもあります。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧