離婚の時期を占うときに必要な事

離婚を考え始めた時、次の人生を良いものにするためにも良い時期に離婚をしたい、そんな感じで相談されます。

そんな余裕もなく既に離婚をされている人もいて、そういう方は今後をどうしていけば良いかと相談されます。

離婚の前後のお話ですが、これらには共通することがあります。

離婚の時期を占うときは「本当に離婚で良いのか」と「離婚の準備が出来ているか」の2点がポイントになります。

離婚をしたい人に「本当によいの?」と言うのはおかしいかもしれません。

でも、占って貰いたいと思う心理状態は、まだ決めきれていないことのあらわれとも言えます。

離婚に迷いがないなら、占い師に相談されるケースは少ない

私の所に相談される方は全員が離婚を考えつつも、どこかに何かがあります。

だからこそ、相談者にとって離婚という選択肢が運命に合っているかどうかを占います。

もう一つの離婚の準備が出来ているかどうかも大きなポイントです。

離婚を考えるようになるには、様々な過程があります。

当然、離婚後の自分の生活はもちろんのこと、人生も考える必要が出てきますし、家族がいればそれも考える必要があり、一筋縄ではいきません。

でも、一番はお金です

離婚しても何とかなるだけの収入が見込めないなら、そこから準備をスタートすることになります。

ただし、本当にしんどい場合はとにかく離婚してから考えるというのもあります。

様々なハラスメントで大変な状況になっている人に、まずは生活の安定からという話は無意味です。

一緒にいる不幸よりも、生活の苦しさの不幸の方が良い人もいます。

究極の選択に見えますが、意外に離婚後の生活はなんとかなっている人が多い印象です。

もうどうにも出来ないから飛び出たけど、なんとかがんばってますというお話を実際に聞きます。

準備が出来た方が良いけれど、準備を待つことが必須ではない証拠と言えるかもしれません。

この二つのポイントを念頭に置きながらも、どのような状況にも対応出来るように離婚の時期を占います。

離婚の時期という時期は厳密にはありません

大きな枠組みでの人生の節目のタイミングを離婚のタイミングと重ね合わせてお伝えします。

離婚を選択するような大きな人生の変化は避けた方が良い時期があります。

それこそ貯金も仕事もない、頼れる人もいないのに離婚をするようなものです。

それでも現実面では離婚をした方が良い場合もありますが、その分、しんどい離婚になります。(こういう時の引っ越しは凶方位になっていることが多い)

一方で、「もう離婚しても大丈夫」というタイミングで離婚が出来れば、次の人生もスムーズです。

離婚のご相談で「次の出会いの有無」を心配される人も多い

これは心配しなくて大丈夫です。

時代の追い風もあるのですが、元気な状態にまで回復すれば、新しいご縁も繋がりやすくなります。

時代の追い風とはバツイチやバツ2などがデメリットになりにくい時代、違和感がない時代になってきているという意味です。

次の事も考えたいなら、目の前の事について具体的に考えていって良いと思います。

離婚したいのに離婚出来ないという人は、一度整理して見ると良いです。

感覚の話なのか、それとも何か違う原因があるのか、その辺が分かってくればどうすれば良いかもハッキリします。

最後に、離婚をして今後をどうしようかと思っている人の場合

既に思い切った選択はしていますし、次の人生も始めています。

じゃあなぜ相談されるかというと、「今後、どうなるのだろう」という不安です。(上の離婚後の出会いの話に似ています)

離婚の選択を後悔されるケースは少ないのですが、将来の事を考えたときに本当に良かったのだろうかと不安を感じられるケースはあります。

でも、多くのケースは相談者が考えている将来的なことを占いですり合わせて行く感じになります。

そして、大体が少しの微調整で大丈夫な感じです。

結婚する時よりも離婚を選択する時の方が、その人らしさがよく出ています。

その人らしさは占いと一致する部分も多く、そういう状態で考えている未来も、やはり占い的に見ても理にかなっていることが多いです。

離婚後に不安を感じる人が裏付けをとるために占いを活用される、そんな感じです。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧