方位なんて関係ない!方位なんて気にしない!それで良い人・ダメな人

方位を気にしたくなくても気にしてしまう?

今回のテーマは、方位を扱う中で必ず出てくる話です。

「方位の影響なんて信じられない」
「方位の影響なんてない!」
「方位がなんだっていうんだ!」

もっと言えば、占いなんて信じない、占いなんて気休めっていうのもあります。

いろいろとありますが、要するに「方位学・気学なんて関係ない」という考え方について今回はお話します。

よくあるのが自分は信じるんだけど家族は信じないとか、占いは嫌いっていう人が近くにいるとかです。

基本的にご家族や一緒にいる人がそうであっても「黙っていれば良い」です。

占いが気になっている本人が気にすれば良く、周りを巻き込まない

占いを信じる信じないもありますが、それを周りに押しつけると大抵問題が起きます。

方位を気にしたいなら、気にしたい人だけで十分です。

家族であっても、仲が良くても「合わない」ということはあるので「大切なことだから」とか、「必要なことだから」と占いを押し付けたりしないほうが良いです。

押し付けないとうまくいかないような占いなら、今後も問題が大きくなるだけです。

占いが嫌いな人はいますし、無理に合わせることとかを無しにすれば、思った以上にスムーズに行くこともあります。

もし占いが原因で家族関係が悪くなったり、いい関係が維持できないようだったら、それこそ凶方位の影響丸出しの状態です。

それどころか相手が嫌がることをするのは、自分の運を下げることにも繋がります。

吉方位旅行だろうとなんだろうと、相手が嫌がっている状態であれば、吉方位の影響を良い形で受けにくいです。

逆に嫌悪感が表に出ることで運を下げてしまいます。

占いを信じる信じないは自由

気学など方位の影響を占うものは全部ひっくるめて「占い」だと私は思っていますが、占いを信じるも信じないも、その人次第です。

私のように九星気学や方位学で鑑定をする占い師は、方位を運気の目安にするのは便利だなって思っています。
参考:「方位鑑定が便利なのは吉方位を選べば良い、凶方位を避ければ良いだけじゃないところ」

方位を信じるとか信じないとかではなく、便利だし当てになるから使っているという感じです。

これと同じように、占いなんてどうでも良いという人は、それが良い状態ということなので、無理強いする必要はないです。

占いを必要としないから悪いとか良いとかではなく、占いを必要としなくても大丈夫ということです。

だから、占いが嫌いっていうならそれで良いんです。

方位なんて関係ないっていうのもそれで良いです。

周りの人が「大凶方位だから行くのやめなさい!」っていう必要もありません。

本人が望んでいるなかで求められることを伝えるならまだしも、嫌なことを言うと相手の運も自分の運も一緒に下げてしまいます。

大凶方位だからどうのこうのという感じの、占いの嫌な話は相手を不安にしますし、悲しませるので要注意です。

大凶方位だからとやめるかどうかは人それぞれ

占いで悪く出ても、何とか自分で良い形に出来る人がいます。

方位の影響の実感の有無も関係します。

いろいろな人を占ってみると、方位の影響を実感していないという人もいます。

また、大凶方位が全て悪いという分けでもありません。

その人の状況によって結果が随分と違います。

ただ、何かの拍子に今まで全然気にならなかったのに、急に気になり始める人がいます。(もちろんそうじゃない人もたくさんいます)

気になっているのに「気にしないことにする」という選択肢は無理があります。

気になっていない人が最初から気にしません。

たとえ身近な人から言われたとしても、あっという間に忘れてしまいます。

占いが嫌いとか、方位の事は気にならないっていう人はそのままで良いです。

占いははもともと元気になるために使います。

たとえ凶方位が出たとしても、それが終わりの始まりってやつです。
参考:「大凶方位の影響というのは困難が待ち構えている!?」

占いが必要な人には自然と体の中に占いの結果が残ります。

占いの結果が残った人は占いを気にしたほうが良い「可能性」があります。

占いが必要な時期

占いに関心がある人でも常に関心があるわけではなく、どうも気になるという時もあれば、全然気にならないというときもあります。

占い業をやっている私自身ですら、占うことが体に染みついていても、普段は全然気にしません。

敢えて占おうとすることもないですし、意識することも無いです。

ただ、妙に気になるときもあります。

悪い場合だけでなく良い場合でも気になります。

悪い場合は「どういう風にすれば流れを変えられるだろうか」「何を意識すれば多少はましになるだろうか」ということを考えます。

良い場合は「本当によくなるかな~」という疑問を持ちます(笑)。

吉方位旅行って私は良いよって言ってます。

でも、毎回毎回「本当に吉方位旅行って良いのだろうか」って思いながら口に出してます。
参考:「吉方位旅行ってやっぱり良いと思う」

吉方位をたくさん取るとどうなる?

吉方位をたくさんとると「まさに今年はこんな年にすると良い」という流れが出てきます。

特に商売をしていると方位の影響が見えやすいです。

だから余計に感じます。

吉方位をとるのって便利で楽だよな~って。

だから「占いを信じたほうが良い」という話をしているわけじゃないです。

占いを信じるとかどうとかではなく、吉方位や凶方位の影響があるということでもないです。

最大の焦点は、その結果どの程度現実に影響を与えているか?です。

凶方位の影響が怖いから・・・っていう人もいると思います。

でも、ちょっと待ってください。

占いから距離を置くことで分かること

1か月占いから離れて、日常に戻ってみてはどうでしょう。

1か月経っても占いの結果や方位の事が気になるなら、占いや方位を気にしたほうが良い人です。

気にしたほうが良いのに気にしないほうが良いというのは無理があります。

特に女性の場合は苦しくなります。

占いに対する意識は男性よりも女性の方が柔軟に受け入れられます。

でも、その分、男性よりも女性の方が影響を受けやすいです。(占いの影響というよりも、精神的なプレッシャーの方です)

見えないものに対する漠然とした畏怖があるためだろうと思います。

怖いのに見ないようにするとなれば、余計にひどくなります。

思い込みではなく冷静に判断するメリット

繰り返しますが、占いが常に気になるケースというのは少なくて、気になる時期とそうじゃない時期があるということです。

気になる時期で頭に残る場合は、そういうタイミングにあります。

これは時の流れを読む一つの方法です。

占いがどうも頭から離れない時は意外に人生の節目に来ていて、今やろうとしている選択肢について考えたほうが良い時期にあります。

同じように人生の節目にあっても全然気にならない場合は、占いを気に出来るような状況でないこともあります。

これらのことから、方位云々、占い云々と信じる信じない、気になる気にしないというのはあるかもしれませんが、「なぜ今出会ったのか」を再度自己分析してみると良いです。

時期じゃないなら自然と忘れていきます。

何かの時期なら頭から離れません。

それが見極めの基準になります。

凶方位の事が気になるならこのお話を読んでみても良いと思います。