方位盤の日盤吉方位は何が期待できるの?

今回は「日盤」方位の取り扱いについてです。

日盤とは、方位盤の種類の中の一つで、「年盤」「月盤」「日盤」「刻盤(時盤)」の中の一つです。

影響力でみるなら、「年盤」が一番強く「刻盤」が一番弱いです。

方位の影響は種類にもよりますが、何かをする前から影響しています。

年盤の影響を例に出しますと、何かをする前から影響することを含め、その影響が強くなり始めるのは、大体2~3泊を過ぎたあたりからです。

今日の方位(日盤)を参考にするときは、年盤も月盤も見る必要は基本的にありません。

その程度の影響力だと思ってください。

日盤が気になる人は「何かをする時に良い日を選びたい」希望が多いです。

日盤の影響力自体は全体を100としたら5ぐらい

この数字は感覚ですが、影響力が5であれば、たかが知れていることが分かります。

前後関係を無視して、この瞬間だけを切り取るとなると、こういう感じになります。

ただ、普通は日々様々な選択をし運気を積み重ねているので、たとえ「5」の力であっても、飛んでもないことが起きる「きっかけ」になることがあります。

運気はコップに水を注ぐことと同じ

運気は吉にしろ凶にしろ常に水となってコップに注がれていき、溢れれば、持っている運気の状態に合わせて現実化していく感じです。

コップから水があふれた時に吉運の量が多ければ、良いと思えることが起きやすくなり、凶運の方が多ければ大変な事が起きやすくなります。

怖い感じですが、普通は気にしなくて良い話です。

何かの拍子に方位に影響があることを知り、それなら少しでも良くしたいとなって日盤の方位を意識されます。

でも、日盤はたかが知れているので、これを意識しすぎるのは本末転倒です。

日々の方位は基本的に気にしなくて良い

気にしても良くなりにくいですし、生活が不自由になるだけでなく、不安も強くなります。

運気は見えない部分のお話なので、「運気を良くしている」と意識できればOKですが、やるなら影響力の強い方を活用したほうが良いです。

上でもお話をしたように、運気は年盤・月盤のほうが日盤より影響力が大きいです。

結果的に、運気を上げるというなら、年盤・月盤を使った旅行が良いです。

年盤・月盤を使うので最低でも2泊以上はしたいところです。

日盤は普通の人には扱いが難しいのが本当のところ

私が日盤を使うのは、日盤が未来の暗示をくみ取るのに使いやすいからです。

たとえば、様々な出会いのご縁の善し悪し、物事のタイミングの善し悪し、目の前の結果に繋がる未来の善し悪しなどです。

ただし、日盤だけでなく、内容によっては年盤・月盤も使います。

日盤は「方位の影響そのもの」よりも「その事に対する未来の暗示」を明らかにする力の方が強いです(他の方位盤も同様)。

これを普通の人が理解するのは難しいと思います。

細かい運命の動きを明らかにするための手法だからです。

目の前の選択がどんな運命に繋がろうとしているのかを知るには、日盤は非常に使いやすいです。

普通の人の日盤の使い方

普通の人に未来の暗示を読み解くのは無理なので、日盤を使うとしたら、何か大きな事をする時に、意識的に日盤吉を選ぶことに使われるとよいです。

それで大きく吉運が舞い込むわけでは無いのですが、意識的にタイミングを合わせることで物事の善し悪しがハッキリしやすくなります。

今日やろうとしたことが良い流れにあるのか、そうでもないのか、それが分かるだけでも便利ですので。

【関連するまとめリンク】
「日盤吉方位取り・凶方位の影響の受け止め方・活用の仕方のまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧