8月19日~京都、9月3日~新潟、9月9日~札幌、9月11日~釧路、9月16日~金沢の出張予定です(詳細はこちら)

占い師によって方位鑑定の結果が違う

鑑定の基準はこれ

同じ方位鑑定でも基準が違えば結果も違う

吉方位旅行や吉方位の引っ越しを意識されるようになるといろいろな本を読んだり、鑑定を受けたりされると思います。

方位に意識が向いているときは方位が今必要なタイミングとも言えるので、いろいろと試してみると良いです。

ただし、その中で注意したいのは占い師の鑑定基準です。

九星気学・方位学を使って方位鑑定をする占い師はたくさんいますが鑑定基準は様々で違います

このことを知らない人が多いので「占い師によって違う」という認識を持っていた方が良いです。

鑑定基準が違っても、占いが当たらないということではない

私は基本的にどんな占いあっても、自分に合っているならばその占いの効果は出る理解しています。

実際、いろいろな占いがあるけれど、その人に合っていると判断出来るものは結果も良好だからです。

ただし、世の中にはたくさんの占い師とたくさんの基準があります。

本を読んでみれば分かりますが、同じ事を書いている人はいません。

流派的なものはありますが、同じような流派であっても、書き方や表現が違いますし、やはり細かいところで微妙に占い師の見方が違っています。

違いを教えてくれる占い師は少ない

この微妙な違いから大きな違いまでいろいろとある中で、あなたは判断していかないといけないのが現状です。

その結果、自分で見よう見まねで方位をチェックすることがあります。

でも、これはマイナス面も大きく、よくあるのが良いとこ取りでご自分の良いところだけを切り取って判断されるケースです。

これだけはやめた方が良いです。

良いとこ取りで良いならそれで大丈夫ですが、そうじゃ無いから相談されるのだと思います。

占い師や書物はどんな場合であっても、基本的に系統立てた基準の中で鑑定をしています。

どの考えを取り入れて、どういう行動をして、どういう風に方位の影響を受けているか、ということです。

ここをはっきりさせないと、結局どうしたら良いのかも分からなくなります。

方位鑑定を受けて実際の状況を把握する

方位鑑定を受ける場合でも、本などを見る場合でも、あなたが思っている事と違う、想定外の現状を書いてある事があります。

方位鑑定において「都合の良い」ということはありません。

でも、鑑定基準をきちんと整理して、その上で鑑定を受けると現実がはっきりしていきます。

このため占い師によって結果は違うけれど、自分に合った現実と一致する占いを探すことは重要です。

その中でも重要な鑑定の基準として方位の取り方のこの部分で修正が聞きます。

方位で磁北(じほく)か真北(しんぼく)でワンチャンスある

方位の取り方にはいろいろとありますが、特にこの磁北(方位磁石の方位)と真北(北極星の方位)の違いはかなり大きいです。

ここにチャンスがあります。

大凶方位と鑑定されたとしても、違う占い師、違う見方であれば大凶方位でないかもしれません。

系統としては、磁北を使っている占い師の方が少ないような感じを受けますが、他に扱っている占術次第というのもあります。

その上で違いがどう出るかですが、たとえば南東と北西が大凶方位として扱われたとします。

磁北は方位磁石が示す北に合わせて方位を取るために、真北で測る場合と違ってかなりずれが生じるのです。

もしかすると大凶方位でない可能性もあります。

鑑定基準の違いは一度だけ修正出来る事もある

たとえば、行きたい目的地、引っ越したい住所が北西に入っているとします。

例のとおりならば北西は南東と同じくどうしても避けたい方位の一つです。

これは実際に見ないと分かりませんが、真北で測った場合に北西でも、磁北で測った場合、北になる可能性があります。

全く旅行できない、引っ越し出来ないと思っていても、これであればチャンスが出てきます。

こういう風に方位を使う事も出来ます。

ただし、方位鑑定に限らず占いで重要なことは「現実の一致」です。

鑑定結果と現実が一致しない時の対処

鑑定結果が現実と合わない場合、その人にとって方位鑑定の基準が合っていない可能性があります。

こういう場合、他の占い師に違う鑑定基準で占って貰うと良いです。

その一例が磁北と真北ということになります。

注意点として、現実と鑑定結果が一致している場合は修正は出来ません。

あるものを無いとは言えないですし、現実と一致している場合はその占い方法で今後の修正も可能だからです。

でも、現実が一致していないなら、違う基準で鑑定をしてみると現実と一致する可能性もあります。

どうしても気になる場合は他の基準の占いを受けてみる価値はあります。

【関連するまとめリンク】
「方位鑑定の占い師の選び方」