10月14日~鹿児島市の出張予定です(詳細はこちら)

移動が多い人は吉方位・凶方位の影響を受ける?

吉方位・凶方位の影響を気にしすぎるとき。

吉方位や凶方位が人生に影響を与えているかも知れないと気がついた時、移動の多い人も少ない人も急に方位が気になり始めます。

理屈上、移動の多い人と少ない人では影響度合いが違う事があります。

移動が多い人の場合一つ一つの方位の影響が小さいことがあり、移動の少ない人の方が方位の影響が強く出たりします。

今回は移動の多い人のケースで方位の影響の有無、その強さを見ていきます。

移動の多いという意味合いで典型的な人は、パイロット・海外駐在、国内でも出張が多い方や転勤族、運送業にある方などは移動が多いです。

では、九星気学・方位学で見た場合、こういう方は方位の影響をどの程度受けるのでしょうか?

結論から先にお話しますと人によって違います。
参考:「吉方位・凶方位の影響は絶対?本当のところはこれ」

方位の影響自体は一様に同じように受けると考えるのがルールですが、実際には強く実感出来る人もいれば、実感しない人もいます。

その結果、方位の影響を考えることが出来るのは方位の影響を実感出来る人になります。

実感が出来ない人であっても気にして良いですが、気にしすぎる必要はありません。

移動が多い人の方位の影響を把握するのは難しい

細かく動く人は細かく動くなりに方位の影響を受けるため、どこに焦点を当てて鑑定をするかが難しいです。

このため移動が多いときは全体の運気の流れを見ながら個別に絞っていくやり方をとります。

また、移動が多くても全てを鑑定するのではなく、必要な移動をピックアップして鑑定をしていきます。

移動が多くても影響が強いものを鑑定することで、全体の流れが把握出来ます。

吉方位・凶方位の影響は運気に作用する

全体の運気の流れを把握すると、その年がどんな年であったかまで分かってきます。

移動が多い人の場合であっても、その移動を切り分けていくと「その年がどんな年になるか」がはっきりします。

吉方位の影響が強いときは良い年、満足度の高い年ですし、凶方位の影響が強いときは苦労が多いです。

厄介な点はその運気の流れをコントロールすることはほぼ不可能になります。

移動が多い人は必要だから移動しています。

行かないといけないから行っているわけで、行かなくて済むケースはほとんどありません。

方位の影響をコントロールするとは、行く行かないことを選択出来ることです。

運気の影響は運勢を表している

この結果、移動の多い人の方位の状況は運勢と同じになります。

運勢は自分でコントロール出来るものではなく、時の流れ(運勢)に自分を合わせて行くことで人生をコントロールしていきます。

では全くどうにもならないかと言いますと、移動の多い人の方位の影響が分かってくると、その年をどうすれば良いかが分かります。

無理をして方位の影響をコントロールするよりも、受けている方位の影響を念頭に置いて行動を微調整するやり方です。

占いで大事なことは「占いに人生を合わせる」ではなく、「占いの結果をもとに人生を快適に出来るかどうか」です。

移動の結果調子が良い年だと分かれば、もっと積極的に外に出ていって良いです。

逆に悪い年だと思えば、足下を固めることが優先されます。

これに加えて目立った移動の方位の状況を整理することで、対処をしやすくしていきます。

方位の影響は迷いを少なくしてくれる

吉方位・凶方位だからと一喜一憂する必要はありません。

どうせ移動しないとだめなのですから、これを折り込んで調整していけば良いからです。

心配しすぎる必要はどこにもありません。

【関連するまとめリンク】
「九星気学・方位学の方位鑑定の基本まとめ」